ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Jan

19

【第12回ing】関連イベントの様子

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【第12回ing】関連イベントの様子 はコメントを受け付けていません
15日(金)から始まった本展の後期展示。
16日(土)には2つの関連イベントを行いました。

まずは、今井祝雄さん(美術家・成安造形大学名誉教授)と中野裕介さん(美術家〈パラモデル〉)による講演「障害者の作品の魅力と可能性について」です。
お二人からそれぞれに自身の制作についてお話しいただいた後、本展実行委員長と事務局が聞き手となりお話しを伺いました。



中野さんは、ご自身の制作のなかにある工事中(進行中)というテーマがingと共通していることや、テナシイヌという作品、東大阪の春徳丸伝説をモチーフにした作品などから「欠損」は新たなものが生まれていくことでもあると考えてこられ …

Jan

15

【第12回ing展】後期が始まりました!!

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【第12回ing展】後期が始まりました!! はコメントを受け付けていません
今日から本展の後期が始まりました!!

後期は14施設、23名の作品を展示しています。
さまざまな作品がありますが、歌やスピーチなどの映像作品もあることが新鮮な心地のする会場です。
ひとりひとりの表現を丁寧に見つめてきたing展。
一人の作者をボリューム満点にご紹介しています。
作家紹介文を読んで頂くと、さらに作品のことが知れますが、文章もそれぞれに特色があります。それも楽しみかたの一つです。
滞在時間はたっぷりみて、ご来場頂くといいと思います。

なお、本日の17:45~放送のびわこ放送「キラりん滋賀 ニュース&情報バラエティ」にて、本展が紹介される予定です。滋賀県の方は …

Jan

13

【第12回ing展】後期の展示設営中です

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【第12回ing展】後期の展示設営中です はコメントを受け付けていません
15日(金)から本展の後期が始まります。
今日から、展示設営が始まりました!
皆さん、黙々と展示をしていきます。
おしゃべりも挟みながら、楽しく作品を展示した一日でした。
力仕事もみんなで協力しあってあっというまに終わりました!









11日まで開催していた前期展ですが、最終日間近に出展者の田所友香理さんが来てくださいました。

田所さんの作品は、今回の展覧会チラシ・ポスターのメインイメージにも使用されており、色彩豊かな織物がとても印象的です。自身の作品が展示されている様子に、嬉しそうな表情をうかべて、じっくりとご覧になっていました。また、その場に偶 …

Jan

08

第12回ing展 関連イベントのご案内

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 第12回ing展 関連イベントのご案内 はコメントを受け付けていません
2期に分けた本展の前期終了まであと4日に迫りました。
展示作品は総入れ替えとなるので、まだご覧いただいていない方はこの3連休にぜひお越しください!

16日(土)13:00からは、講演「障害者の作品の魅力と可能性について」を行います。
講師は、今井祝雄さん(美術家・成安造形大学名誉教授)と本展のアドバイザーを務める中野裕介さん(美術家・パラモデル)です。
実行委員が聞き手となり「障害者の作品の魅力と可能性について」というテーマでお話しを進めていきます。
詳しくはこちらでご覧いただけますので、奮ってご参加ください


写真は、中野裕介さんが実行委員と一緒に作品を観ながら話 …

Jan

08

【講演】「障害者の作品の魅力と可能性について」今井祝雄氏、中野裕介氏

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], イベント情報, お知らせ, ブログ | 【講演】「障害者の作品の魅力と可能性について」今井祝雄氏、中野裕介氏 はコメントを受け付けていません
第12回滋賀県施設合同企画展の関連イベントを開催します。

講演「障害者の作品の魅力と可能性について」

日時:2016年1月16日(土)13:00~14:15
講師:今井祝雄氏(美術家・成安造形大学名誉教授)
  中野裕介氏(美術家・パラモデル)
会場:奥村邸(NO-MAを出て右に約20m)
定員:30名(要予約)

美術家であり、障害のある人の作品公募展「ぴかっtoアート展」の審査員を務める今井氏と本展のアドバイザーを務める中野氏に、実行委員が聞き手となりお話を伺います。

同日開催 オープニングイベント(後期)
日時:2016年1月16日(土)14:30~15 …

Jan

06

【第12回ing展】 鵜飼結一朗さんの作品紹介

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【第12回ing展】 鵜飼結一朗さんの作品紹介 はコメントを受け付けていません
2016年は5日(火)より開館しています。
今年もボーダレス・アートミュージアムNO‐MAをよろしくお願いいたします。

 今回はing展前期に出展しています鵜飼結一朗さんんの作品を紹介します。
2階の一角に繰り広げられている恐竜たちの世界です。
天井からは翼竜たちが飛び交い、様々な恐竜たちが大移動している様子が伺えます。
また、一見恐竜だけの世界に見える絵の中には色鮮やかな恐竜たちに紛れて動物たちも生息しています。見つけられたでしょうか?



 制作を始められた当初は、1頭ずつ制作されていたようですが、最近では1頭の恐竜にたくさんの恐竜たちが群がったり、大群が移動して …

Dec

24

常設ワークショップ、始まりました。

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 常設ワークショップ、始まりました。 はコメントを受け付けていません
一昨日から本展会場で常設ワークショップを開催しています。2月13日(土)開催の「ingスーパーリサイタル!!!」に向けて、お立ち台や装飾品をつくるワークショップで、どなたでも参加していただけます。
リサイタルの内容については、打合せメモが掲示されているので、そこから今の進捗状況をお分かりいただけるかと。イベント内容が決まるまでのリアルな空気を感じられます。たくさんのアイデアが詰まったイベントになるので、来場者の皆さんからもお立ち台への飾り付けをお手伝いいただけたら嬉しいです。
リサイタルのプログラムが決まり次第、情報を更新していきます。また「欲しいものリスト」として、必要な材料提供のお願い …

Dec

22

作品鑑賞プログラム「作品の魅力を発見する様々な視点」

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 作品鑑賞プログラム「作品の魅力を発見する様々な視点」 はコメントを受け付けていません
19日(土)に細馬宏通さん(滋賀県立大学教授・人間行動学者)の作品鑑賞プログラムを開催し、福祉施設職員や小児病棟の看護師の方、学生など14名の方が参加されました。
前期の16名全員の作品について、全体を観ての第一印象で受けたイメージ、作品の細部を見て気づいたこと、それらがどのような効果を生んでいるかについて作品の新たな解釈を知る1時間でした。
「この作者は絵画をこのように描いているから、もし作者本人が陶作品を展示するなら、こういう展示をしているかもしれない」「(作品の配置は職員が考えたことについて)施設職員と作者の関係性を客観的にみることになり、職員の存在の大きさを感じさせる」など、「 …

Dec

20

第12回ing展 小川秋夫さんのご紹介

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 第12回ing展 小川秋夫さんのご紹介 はコメントを受け付けていません
今日はとってもいいお天気で、空気は冷たいですが日差しが暖かいです。@近江八幡

今日は本展出展者の小川秋夫さんをご紹介します。
一見すると抽象画のようですが、実は「かお」を描いた作品。
埴輪のような、観る側に色んな考えを早期させるような表情を描いた跡、リズム良く上から全体的に塗り込んでいきます。
その謎(?)へのヒントを明かしてくれる紹介文を読むと、さらに作品の見方が拡がります。
昨日の細馬宏通さんの鑑賞プログラムでも最初に取り上げられ、どの「かお」にも描かれる目、鼻、口は作品のなかで「ものさし」のように次を描き進めるための重要な配置となっているのではないかと解釈されていました …

Dec

16

第12回ing展 図録のご案内

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 第12回ing展 図録のご案内 はコメントを受け付けていません
 作品展示の仕方も工夫を凝らしている本展。
実際に会場で作品をご覧いただくのが一番ですが、後々も作品を思い出したいという方のために、今年も図録をつくりました。

数年前からB5サイズで一作者1ページで掲載しており、今年はカラフルな表紙でまた新鮮な印象です。

◎フルカラー48ページという過去最大のボリューム
◎美術家(パラモデル)の中野裕介さん、日常編集家のアサダワタルさんによる寄稿文
◎展覧会ができるまでの様子をまとめたアーカイブページ

ぜひ手に取っていただきたい一冊です。