ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Jun

21

【毎週木曜に更新“すみばあちゃんの思い出日記”第四話】

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【毎週木曜に更新“すみばあちゃんの思い出日記”第四話】 はコメントを受け付けていません
毎週木曜日にお届けするGIRLS展の出展者、仲澄子さんが綴った“すみばあちゃんの思い出日記”。
第四話をお届けします。
今回は、仲さんが18歳の時にお友だちからプレゼントされたという、小さな化粧品入れのお話しです。温かな余韻が感じられる一作です。



-----“思い出日記”の文章-----
小さな小さな化粧品入れの物語り
十八才の時にお友達から小さな化粧品入れを戴いた。
大事に大事に使っていたけど、永い永い年月が経って、今は四隅は割れて、セロテープで止めてある。鏡も外れて、セロテープではってある。
中に入れてある物は、ゴム輪、安全ピン、ピン止め、止めるびょう等、小さい物 …

Jun

14

【毎週木曜に更新“すみばあちゃんの思い出日記”第三話】

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【毎週木曜に更新“すみばあちゃんの思い出日記”第三話】 はコメントを受け付けていません
毎週木曜日にお届けするGIRLS展の出展者、仲澄子さんが綴った“すみばあちゃんの思い出日記”。
第三話は、弟の勝さんとの思い出の回想です。どこに行くにも澄子さんの後を着いてきたという勝さん。描かれているのは、遠くまで二人で泳いだというふとした一コマ。とある夏の日の些細な瞬間を、澄子さんはずっと覚えていたようです。



-----“思い出日記”の文章-----
・勝のおっちゃんの事。
おっちゃんとすもうをとる時、お母ちゃん(※澄子さんのこと)は、やせて「ガリガリ」やったから、背骨痛いから、「チョットマッテ」ゆうて、敷布団を敷いて取った。金魚の「フン」みたいに、何処へ行くのもつい …

Jun

07

【毎週木曜に更新“すみばあちゃんの思い出日記”第二話】

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【毎週木曜に更新“すみばあちゃんの思い出日記”第二話】 はコメントを受け付けていません
毎週木曜日にお届けするGIRLS展の出展者、仲澄子さんが綴った“すみばあちゃんの思い出日記”。
第二話は、少し過激!?なところもあった仲さんの父、作之助さんとの思い出です。子供時代の仲さんの悩みが可愛いです。



-----“思い出日記”の文章-----
お母ちゃんの髪の毛はうしろで高く、くくってあった。毛の色が異人さんの様に赤かった。それがいやで、いつもシュロぼうきと比べていた。
シュロぼうきの方が黒いんやもん。
お母さんが、葱を食べたら黒なる。ゆわはって、大嫌いな葱を無理して食べた。
お父さんが何処かへ食べに連れて行った時、同じ様に食べに来てやはった紳士が、「僕は、こう …

May

31

【“すみばあちゃんの思い出日記”毎週木曜にアップします。第一話】

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【“すみばあちゃんの思い出日記”毎週木曜にアップします。第一話】 はコメントを受け付けていません
GIRLS展の出展者、仲澄子さんは、90歳の誕生日から、自身の記憶をもとにした“すみばあちゃんの思い出日記”したため始めました。
本日から展覧会が終わるまで、毎週木曜日に一作ずつアップしていていきますので、どうぞお楽しみに。
第一話は、仲さん自身の出生について綴った思い作品です。



-----“思い出日記”の文章-----
今日は、お婆ちゃんの誕生日よ。
大正五年八月十六日生れ、九十三才。
無我夢中で暮らしてきたよ。昭和十六年に第二次世界大戦。二十年に終戦。そして、五人の子供の子育て。
よう、お父さんに云われたよ。「澄子は、盆の十六日、地ごくの釜のふたのあく時に生れて来 …

May

06

【ゴールデン・ウィーク連載】GIRLS展の楽しみ方 その5(ポストカード編)

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【ゴールデン・ウィーク連載】GIRLS展の楽しみ方 その5(ポストカード編) はコメントを受け付けていません
先日、その3では今展覧会図録をご紹介しましたが、図録に引き続き『GIRLS 毎日を絵にした少女たち』のポストカードをご紹介します!
塔本シスコ、仲澄子、土方ゑい、三人の出展作者の絵をそれぞれ3種類、9枚のポストカードにしました。

   



GIRLS展を鑑賞された後、「来てよかった」「楽しかった」ときらきらした表情でお声をかけていただくことも多く、私たちスタッフも嬉しくて笑顔になります。

シスコ、澄子、ゑい、彼女たちの作品に、年代や性別を問わず楽しんでくださっています。
お気に入りの一枚を見つけて、今展の想い出としてご自分のために、ご家族やお友だちへのお土産に、GI …

May

05

【ゴールデン・ウィーク連載】GIRLS展の楽しみ方 その4(砂漠の女王の入浴シーン)

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【ゴールデン・ウィーク連載】GIRLS展の楽しみ方 その4(砂漠の女王の入浴シーン) はコメントを受け付けていません
仲澄子さんが最後に描かれた絵についてのお話です。
描いたのは99歳のとき。お亡くなりになられる20日ほど前に描かれたのが本作です。



王冠をかぶった女性が笑っている絵です。左端には、「砂漠の女王の入浴シーン(エリザベス女王)」と記されているので、女王様が気持ちよくお風呂に入っている絵であることが分かります。素朴な印象があり、観ていてあたたかな気持ちになる絵です。

仲さんのご家族にお話を聞いて分かったのですが、この絵に描かれている笑顔の女性は、仲さん本人の姿だそうです。
高齢のため一人でお風呂に入ることが困難だった仲さんは、自宅で支援員さんの介添えで入浴をしていました。そし …

May

01

【GIRLS展をラジオで紹介いただきます!】

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【GIRLS展をラジオで紹介いただきます!】 はコメントを受け付けていません
【GIRLS展をラジオで紹介いただきます!】

明日5/2(水)、ラジオ、fm-GIG「ムーンライトブレイク スヨイル」で、企画展「GIRLS 毎日を絵にした少女たち」をご紹介いただきます。
ラジオ「ムーンライトブレイク スヨイル」は、出展者の仲澄子さんのお孫さんである、中路麻理さんがパーソナリティをつとめる番組です。
実はこの番組には、仲澄子さんも生前、出演されたことがあります。
そしてこのたびの放送では、仲澄子さんの出演回も再放送されるとのことで、とても楽しみです。
どうぞお聴き逃しなく!

【放送局】 fm-GIG
【番組名】ムーンライトブレイク スヨイル
【日 時 …

Apr

28

【GIRLS 毎日を絵にした少女たち】本日からスタート

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 【GIRLS 毎日を絵にした少女たち】本日からスタート はコメントを受け付けていません
昨日は展覧会オープンに先駆けて、広報関係者の方やボランティアガイドの方を対象とした内覧会を行いました。
内覧会には、新聞社の方の他、近江八幡市役所より広報課の方や、また近江八幡の観光ボランティアガイド協会の方々らがお越しくださり、展覧会担当者である横井学芸員により、3名の作者の共通する特徴や展覧会趣旨、GIRLS展の魅力をご紹介させていただきました。お越しくださったご関係者の皆様、誠にありがとうございました。






そして本日から、今年度のスタートを切る「GIRLS」展がはじまりました!
展覧会開催を祝うかのような、とってもいいお天気となりました。そしてふと庭先を見ると …

Jan

25

【「共融地点」展 出展者リ・ジョンドンさん@びわ湖大津プリンスホテル】

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【「共融地点」展 出展者リ・ジョンドンさん@びわ湖大津プリンスホテル】 はコメントを受け付けていません
下の写真は、展覧会「共融地点 -日本と中国のアール・ブリュット-」出展者リ・ヂョンドンさんのお宅です。
今回の展覧会に出展いただくにあたって、現地調査へ赴いたのですが、ご自宅は膨大な量の立体や絵、書で溢れ返っており、家全体がリ・ヂョンドンさんのアート作品のようでした。
リ・ヂョンドンさんのご自宅は北京市の外れ。父親、犬と一緒に暮らしています。お父様は、作品のことを「趣味」と紹介してくださったのですが、その域を完全に超えています。

主に、身辺で解体のあった家に出向き貰い受けた廃材で作品を作っています。
外に設置されていた幅3m以上ある大きな木組みの作品は新作とのことでした。
タイト …

Jan

17

【展覧会「共融地点 日本と中国のアール・ブリュット」@びわ湖大津プリンスホテル】

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 【展覧会「共融地点 日本と中国のアール・ブリュット」@びわ湖大津プリンスホテル】 はコメントを受け付けていません
2月9日(金)から、びわ湖大津プリンスホテルで開催する展覧会「共融地点 日本と中国のアール・ブリュット」。
本日は、出展者である川上建次さんの作品をお預かりするため、三重県松阪市にあるまつさかチャレンジドプレイス希望の園へ。

画面いっぱいにのびのびと、そしてダイナミックに描くのが川上さんの作品の特徴です。
日々の暮らしの中で感じた出来事などが川上さん節で描かれるのですが、作品をみていると線・形・色がこれでもかというくらい、いきいきしていて本当に圧倒されます。

記念写真にもこころよく応じていただきました。
川上さん、希望の園のみなさん、本当にありがとうございます。
大切に展 …