ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Dec

26

「第11回滋賀県施設合同企画展」の出展者の山本サユリさんが来館されました。

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 「第11回滋賀県施設合同企画展」の出展者の山本サユリさんが来館されました。 はコメントを受け付けていません
本日、第11回滋賀県施設合同企画展に出展されている山本サユリさんが、しあわせ作業所の皆さんと来館されました。

撮影に快く応じてくれた山本サユリさんです。


展示されている作品をしあわせ作業所のみなさん、じっくりと鑑賞されています。


山本さんの作品を前に、「この絵をサユリさんが描いたん?」、「すごいやん」、「私、色を塗りきるまでに飽きてしまうわ」と
和気あいあいと皆さんがお話をされているのが印象的でした。


こころと身体が落ち着くようにと描かれているそうで、絵の中に動物の形が隠れていたり、人の形に見えたりするそうですが山本さん自身も描いているときには全く気付かず …

Dec

19

第11回滋賀県施設合同企画展 展覧会の様子

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 第11回滋賀県施設合同企画展 展覧会の様子 はコメントを受け付けていません
現在開催中の「第11回滋賀県施設合同企画展 ~ing…障害のある人の進行形~」は、滋賀県内の福祉施設職員とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織してつくりあげる展覧会です、ing展の魅力は作者さんに寄り添う職員だからこそ魅せることができる展示やイベント、カタログからイベント内容となっています。
※実行委員会の様子等は過去のブログをご覧ください。
今回は、作者さんに寄り添う委員さんたちと話し合い出来上がった展示についてご紹介いたします。


写真は川越壮真さんが制作されました作品の展示コーナーです。
川越さんは施設で作られているポチ袋に絵を描かれており、裏面に描い …

Dec

18

「第11回滋賀県施設合同企画展」出展者奥村庄一さんが来館されました

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 「第11回滋賀県施設合同企画展」出展者奥村庄一さんが来館されました はコメントを受け付けていません
今年一番の大雪となりましたが、「第11回滋賀県施設合同企画展」の出展者の奥村庄一さんが湖南ホームタウンの皆さんと来館されました。

奥村庄一さんです、恥ずかしそうですが撮影に応じてくれました。


いつも一緒に造形をしている奥村さんの作品が展示されていることに、一緒に来られた皆さんが「奥村さんの作品だ」、「すごいなー」と奥村さんに話しかけられ、とても嬉しそうでした。


職員さんからは「奥村さんのコーナーがあってうれしい!」と奥村さんの作品がじっくりと見られる展示に喜ばれているのが印象的でした。

寒い中お越しいただきありがとうござました。 …

Dec

04

第11回滋賀県施設合同企画展 ing… 障害のある人の進行形 開催中です

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], お知らせ, ブログ | 第11回滋賀県施設合同企画展 ing… 障害のある人の進行形 開催中です はコメントを受け付けていません
只今、NO-MAでは第11回滋賀県施設合同企画展 ing… 障害のある人の進行形を開催しています。


本展は、滋賀県内の福祉施設職員とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織してつくりあげる展覧会です。
以前よりブログでは、実行委員会の様子を紹介していました。

5/24 「実行委員会が立ち上がります。」
8/14 「作品写真撮影を行いました。」
9/18 「昨日、滋賀県施設合同企画展の実行委員会を行いました」
10/10 「ing展実行委員会を行いました」


快走老人録の搬出後まもなく、展示作業を実行委員さんと一緒に行いました。
設営中、中には …

Dec

04

《受付終了いたしました》【関連イベント】ギャラリートーク『はじまりから広がる「ing…。」』

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], イベント情報, ブログ | 《受付終了いたしました》【関連イベント】ギャラリートーク『はじまりから広がる「ing…。」』 はコメントを受け付けていません
滋賀県施設合同企画展では会期中、全4回のギャラリートークを開催いたします。



ギャラリートークでは、ing展の実行委員である支援員が出展作品について紹介します。
作品がつくられる最初の瞬間や、作者が造形活動に出会ったきっかけなど、「創作の始まり」について、お話しします。思いもよらないエピソードが聞けたり、作品の新しい魅力が発見できたりするかもしれません。

今週末6日(土)の紹介施設は、きらり庵(東近江市)、能登川作業所(東近江市)、やまなみ工房(甲賀市)です。作者の中川猛義さん(きらり庵)と、梶田由華さん(能登川作業所)のトークとアートライヴも予定しています。奮ってご参加く …

Oct

31

NO-MA発、3つのアール・ブリュット展を今年も開催します!

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], お知らせ | NO-MA発、3つのアール・ブリュット展を今年も開催します! はコメントを受け付けていません
滋賀県内各地で、多様な主体との共働による「アール・ブリュット魅力発信事業」を実施します。
1.「アール・ブリュット ゾーン パルコ」
2.アメニティーフォーラム19「創造のカタチ(仮称)」
3.「アール・ブリュット☆アート☆日本2」

助成:平成26年度文化庁地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業


1. 「アール・ブリュット ゾーン パルコ」

滋賀県の大津パルコと連携して、アール・ブリュットの展覧会を開催します。


会 期:2014 年11 ⽉22 ⽇(土)~12 ⽉25 ⽇(木)
会 場:大津パルコ(滋賀県大津市打出浜14-30)
観覧料: …

Oct

27

【関連イベント】映画「結い魂(ゆいごん)」上映会&対談

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], イベント情報, お知らせ, ブログ | 【関連イベント】映画「結い魂(ゆいごん)」上映会&対談 はコメントを受け付けていません
このたび、NO-MAでは、近江八幡を舞台にした映画「結い魂(ゆいごん)」の上映会をを行います。
本作は、原 一男氏が企画・監修、映像作家の長岡野亜氏の監督により、映画作りに興味がある市民がカメラを回し、近江八幡に住むお年寄りの体験を次世代に伝えることを目的に制作された市民制作ドキュメンタリー映画です。
それぞれの人生を歩んできたお年寄りたちの心のうちが、深く優しく心に響き渡ることでしょう。
当日は、本作の出演者であり、企画展「快走老人禄Ⅱ」の出展者でもある白井貞夫さんと、監督の長岡野亜さんとの対談や、白井さんと巡るNO-MA鑑賞ツアーも行います。
奮ってご参加ください。

【イベン …

Oct

10

ing展実行委員会を行いました

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ, 展覧会 | ing展実行委員会を行いました はコメントを受け付けていません
滋賀県施設合同企画展の第6回実行委員会を行いました。
開始直前に集まった委員さんは数名でしたが、委員会中に仕事を終えた委員さんが続々と集まりました。
昨晩はチラシ・ポスターのデザイン案について報告しました。

会期前に集まって協議が出来るのも後1回ということもあり、いつもに増して各担当の話し合いが深まっていました。
  
次回の実行委員会は11月、会期直前です。
展覧会開催に向けて、準備を進めていきます!


Oct

07

いよいよ来週!「小室等NO-MAコンサート~ほほえむちから~」

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | いよいよ来週!「小室等NO-MAコンサート~ほほえむちから~」 はコメントを受け付けていません
いよいよ残り1週間を切りました、「小室等NO-MAコンサート~ほほえむちから~」
このコンサートでは、さきらジュニアオーケストラを迎え、新曲「ほほえむちから」を発表します。

この曲は、「障害者福祉の父」とよばれている糸賀一雄氏の生誕100年を記念してつくられました。
7月には日本を代表するミュージシャンやさきらジュニアオーケストラ、滋賀県民を中心とする有志の合唱、総勢207人によるレコーディングが行われました。






このコンサートでは、できたてほやほやのCDも発売される予定です。(定価¥1,000+税)

また、NO-MAでは小室等さんが総合プロデュースを務 …

Sep

27

快走老人録Ⅱ展 見どころをご紹介

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 快走老人録Ⅱ展 見どころをご紹介 はコメントを受け付けていません
NO-MAを吹き抜ける風に金木犀の香りが運ばれてくるようになりました。
すっかり秋の陽気ですね。
快走老人録Ⅱ展の見どころの一つをご紹介します。
白井貞夫さんの展示コーナーには箸袋が沢山入ったケースがあります。
こちらは普段、白井さんが箸袋を分類する前に集めておくケースだそうです。

たくさんの箸袋は白井さんが箸袋を集めていることを知っているご近所の方が箸袋をためてポストに入れてくれるのだそうです。

今回はそのケースをNO‐MAに置き、集まった箸袋をご来場のみなさんに持ち帰ってもらえるようにと白井さんからご提案をいただきました。
鑑賞される中で箸袋を手に取りながら「こんな箸 …