ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報

NO-MA展覧会情報

開催中の展覧会

絵になる風景

2022年(令和4年)8月11日(木・祝)-11月6日(日)

古久保憲満   Kokubo Norimitsu
衣真一郎    Koromo Shinichiro
ドゥ・セーソン Du Sae Song
畑中亜未    Hatanaka Tsugumi
福田絵理    Fukuda Eri
古谷秀男    Furutani Hideo
三橋精樹    Mitsuhashi Seiki

詳細はこちら

これまでの展覧会

企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」

2022年(令和4年)4月29日(金)-7月31日(日)

小林椋 Kobayashi Muku / 佐々木早苗 Sasaki Sanae / 篠原尚央 Shinohara Nao / 清水ちはる Shimizu Chiharu / 鈴木かよ子 Suzuki Kayoko / 横山奈美 Yokoyama Nami / 吉川秀昭 Yoshikawa Hideaki

詳細はこちら

これまでの展覧会

アール・ブリュット‐日本人と自然- BEYOND

2022年2月11日(金・祝)~3月21日(月・祝)

浅野春香 / 穴瀬生司 / 今村花子 / 大井康弘 /葛西孝之 / 小林靖宏 / ごまのはえ+ 芝田貴子 / 坂本三次郎+椎原保 / 杉浦篤 / 鈴村恵太 / 高橋舞 / 高丸誠 / 田中乃理子 / 鶴川弘二 / 中武卓 / 中山正仁 /西澤彰 / ノナカミホ / 廣川照章 / 藤田雄 / 曲梶智恵美 / 升山和明 / 水沼久直 / 宮井英寿 / 森川里緒奈 / 森脇高弘
企画協力:広瀬浩二郎(国立民族学博物館グローバル現象研究部 准教授)

詳細はこちら

これまでの展覧会

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

詳細はこちら

これまでの展覧会

79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ

2021年9月18日(土)~11月21日(日)

五十嵐英之と倉地雅徳、intext、北野謙、金仁淑、佐々木卓也、重症心身障害者通所施設えがお、武田憲昌、田辺慶大、みんなの"鑑賞"、藤本正人、𡈽方ゑいとヒジカタクミ、八幡亜樹

詳細はこちら

これまでの展覧会

ボーダレスの証明 はたよしこという衝動

2021年6月5日(土)~8月29日(日)

高嶺格、橋脇健一、ムラギしマナヴ、吉田格也、尼崎昌弘、舛次崇、竹村幸恵、富塚純光、安田文春、伊藤喜彦、村田清司、川村紀子、木伏大助、木村茜、はたよしこ

詳細はこちら

これまでの展覧会

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

林葵衣/戸來貴規/今井祝雄/岩崎司/木原真男/国谷隆志/元永定正/清水ちはる/鈴村恵太/牛島光太郎/八巻清治 

詳細はこちら

これまでの展覧会

第17回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2020年(令和2年)11月28日(土)~ 12月27日(日)  後期:2021年(令和3年)1月9日(土)~ 2月7日(日)

詳細はこちら

これまでの展覧会

ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのまち

2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)

<ボーダレス・アートミュージアムNO-MA>
杉浦篤/ヤマガミユキヒロ/武友義樹 × 福留麻里/平野智之
<奥村家住宅>
魲万里絵 × 谷澤紗和子/ドゥイ·プトロ × ナワ·トゥンガル/米田文
<近江八幡市安土B&G海洋センター>
小西節雄
<よしきりの池>
久保寛子/坂本三次郎 × 椎原保/武友義樹

詳細はこちら

これまでの展覧会

Co-LAB #1,2,3

#1 2020年5月30日(土)~6月28日(日) #2 2020年7月4日(土)~8月2日(日) #3 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

#1 小幡正雄×吉原長次郎 2020年5月30日(土)~6月28日(日)
   ※吉原の吉は「士」が「土」
#2 稲田萌子×国保幸宏 2020年7月4日(土)~8月2日(日)
#3 大井康弘×桝本佳子 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

詳細はこちら

ご展覧会情報

絵になる風景

2022年(令和4年)8月11日(木・祝)-11月6日(日)

風景は人によって異なる現れ方をします。その土地に生まれたのか、旅行者なのか、懐かしいふるさとなのか、いつまでも見ていたい、そんな眺めなのか―その人の出自や思い出の数だけ異なった形で、風景はそれぞれの心の内に現れます。
風景を描くということを誰もが一度はしたことがあるはずです。またそれは、美術の歴史の中でもずっと昔から続く営みです。人間にとって、大切な画題である風景。本展では「絵になる風景」をテーマに、7名のアーティストの作品を展示します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ