ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Sep

05

海外のアール・ブリュット美術館「リール・メトロポール現代美術館」

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ, 未分類 | コメントは受け付けていません。
今日は、海外でアール・ブリュット作品が観賞できる美術館をご紹介します。

「リール・メトロポール現代美術館」は、フランス北部、リールにあります。
リール駅から車で10分ほどの緑豊かな場所に位置し、ピカソ、ブラック、カンディンスキーなどの作品とともに、アール・ブリュット作品を楽しめる美術館です。
来館者は、まず庭園を通って美術館へ向かいます。その広大な敷地にはピカソなどの彫刻がゆたりと展示してあり、とても開放的な気分になります。
2010年、リニューアル・オープンの際に新設した新館では、アラシンヌ財団から寄贈を受けたヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、日本などのアール・ブリュット・コレクシ …

Sep

04

八幡堀「ほっとタウンクリーン作戦」

カテゴリー: ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
今日はNO-MAの近くにあります、八幡堀をきれいにする「ほっとタウンクリーン作戦」に参加してきました。
近江八幡は近江商人発祥地の1つでもあり、その商人達が活躍したNO-MA周辺は「重要伝統的建造物群保存地区」として町並み保存がなされ、近江八幡の代表的な観光地域となっています。
八幡掘は城下町としての名残りが残っており、堀沿いには白壁の土蔵や町家が並んでいます。

さて、「ほっとタウンクリーン作戦」は午前中の雨の降らない間に行われました。
観光物産協会さんが主体となり、近隣のお店やボランティアの方が参加されました。



せっせと草引きをしていると、なんとスタッフの方が船でや …

Sep

03

【展覧会情報】『すずかけ×すずかけ』もうひとつの美術館(栃木)

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
栃木県のもうひとつの美術館で展覧会「すずかけ×すずかけ」が9月14日(土)から12月8日(月)まで開催されます。




写真は展覧会チラシです。

1991年、西宮市立武庫川すずかけ作業所にて、絵本作家はたよしこさんが始めた創作活動は、国内の施設での活動の先駆けとして知られ、所属作家の作品は国内外で高い評価を得ています。この展覧会では、すずかけ絵画クラブから16名、あとりえすずかけから4名の作り手の作品が展示されます。

【展覧会概要】
「すずかけ×すずかけ」
会期:2013年9月14日(土)~12月8日(日) 10:00~17:00(入館は16:30まで)
   月 …

Sep

02

「わた死としてのキノコ」 今村 源(カソケキ+チカラ出展作家)

カテゴリー: その他の展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
現在、NO-MAの階段から2階にかけての空間をすり抜けるように、針金の「菌糸」が張り巡らされています。
その先にあるのは、「キノコ」。
「カソケキ+チカラ」展が開幕して一週間が経ちますが、階段を上る時に気がつく(2階のキノコから菌糸に気がつく方もおられますが)浮遊感あふれる「彫刻」に、来館者の動きがぴたりと止まります。

本展出展作家の今村 源さんのNO-MAにしかない新作も見逃していただいては困りますが、現在、今村さんの展覧会が静岡市美術館で開催されていますので下記にご紹介します。

「わた死としてのキノコ・今村源」
会期:2013年8月6日(火)~10月27日(日)
会場: …

Aug

31

「カソケキ+チカラ」 小東恭子さん

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
今日は、現在開催中のNO-MA企画展「カソケキ+チカラ」より、出展作家の小東恭子さんをご紹介します。

 

 

小東さんは、葉書ほどの小さな用紙に、黒、オレンジ、青などのカラーペン、修正液などを用いて描いていかれます。

彼女の作品は、

「何を」描いているのか、すぐにはわかりません。

しかし、

「何か」が描かれている。

多くの人は、絵の前を通り過ぎることができず、立ち止まって、じっくりと絵を見つめなおします。

これが、彼女の作品が持つ<強さ>です。

「これは何?」「どうしても気になる」という<ひっかかり>を、見る人に起 …

Aug

30

展覧会関連イベント「八幡堀まつり de 幽(かす)かなNO-MA」

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
夜のNO-MAを楽しみませんか?
NO-MAでは、9月14日(土)、15日(日)にNO-MA界隈で行われる「八幡堀まつり」に併せて、18時から21時まで無料開館します。
当日は、小さな灯りで彩られた幽(かそ)けしNO-MAが出現します。ぜひ皆さまのお越しをお待ちしております。 …

Aug

29

「カソケキ+チカラ」展示されている映像もお見逃しなく!

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
8月24日(土)よりスタートした「カソケキ+チカラ」、
作品だけを展示するのではなく、その創作風景も映像で紹介しています。



こちらは辻 隆行さんの映像です。彼の部屋や、彼がこの作品を創っているときにどういった姿勢で望んでいるのかがわかります。

ちなみに、この映像はアートディレクターのはたと、NO-MAの学芸員によって撮影されました。辻さんの日頃の創作の様子を映像におさめるために、はたと学芸員はカメラ数台を駆使し、試行錯誤で作りました。この映像は、 ご家族とコピーを設置している店舗の方のご協力があったからこそ実現できたことです。


こちらは藤岡祐機さん。(わかりにく …

Aug

28

【展覧会情報】アートキャンプ2013展 素朴の大砲

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
沖縄県の浦添市美術館で「アートキャンプ2013展 素朴の大砲」が9月12日(木)から23日(月)まで開催されます。




写真は展覧会チラシです。

「アートキャンプ2013展 素朴の大砲」は、アートキャンプ2001実行委員会が主催する展覧会で、2001年から5回にわたり開催されています。
「独自の表現世界を持つ障がい者の表現活動を支援する」ことを目的に実施されてきており、今回は沖縄県の作家26名の他、県外の作家4名の作品も紹介されます。沖縄県の作家のうち16名は今回が初めての作品発表となるようです。

9月15日(日)にはNO-MAのアートディレクター はたよしこの記念 …

Aug

27

企画展「対話の庭」の展評が京都芸術センター通信に掲載されました。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
企画展「対話の庭」の展評が京都芸術センター通信Vol.160に掲載されました。
執筆者の河田亜也子さん(兵庫県立美術館学芸員)は本文の中で、出展者である坂本三次郎さんと、新屋喜生さんの活動に注目しながら、アール・ブリュット作品とアーティストの作品との共通点、相違点を考察しています。
ぜひご覧ください。 …

Aug

26

「カソケキ+チカラ」出展作家 今村 源さん

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
今村さんは、針金や発泡スチロール、ビニールなど、
重さや硬さとは相反する性質の素材を用いて「彫刻」を制作されています。

浮遊感覚を引き起こす作品は、普段、私たちが当たり前だと信じている世界が、
果たして真実なのか、私たちは世界の全てが見えているのか、という疑問を生じさせます。

今回の出展作では、作品そのものが回転するなど、
見ているだけでも楽しげで、同時に考えさせられる作品です。

私たちが見える世界はほんの一部にすぎず、
内と外、地上と地下、目に見える世界と見えない世界など、
これらが交差し合うところ、また両者の間を行き来するところに、
今村さんの作品は存在してい …