ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Sep

17

福岡市美術館「アール・ブリュット・ジャポネ展 感動と驚嘆を呼び起こす、日本のアール・ブリュット」

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
今日は、10月1日(火)から福岡市美術館で開催されるアール・ブリュット・ジャポネ展をご紹介します。
福岡での大きなアール・ブリュット展は、2011年の福岡アジア美術館での開催以来約2年ぶりとなります。

「アール・ブリュット・ジャポネ展 感動と驚嘆を呼び起こす、日本のアール・ブリュット」
会期:2013年10月1日(火)~11月24日(日)
休館日:毎週月曜日、10月15日(火)、11月5日(火) ※10月14日、11月4日は祝日のため開館
開館時間:9:30~17:30
観覧料:一般1000(800)円、高大生700(500)円
※()内は前売り、20名以上の団体および満65 …

Sep

15

アール・ブリュット展「RAW VISION Exhibition in Paris」

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
アール・ブリュットの専門雑誌であるRaw Visionが25周年を迎えます。
これを祝した展覧会が、フランス・パリのHALLE SAINT PIERRE(アル・サン・ピエール美術館)にて、2013年9月18日~2014年8月22日まで開催されます。
本展覧会では、80名を超す作家の作品が展示されます。
ヘンリー・ダーガー、ネック・チャンド、アロイーズ・コルバス、アドルフ・ヴェルフリ、そしてヴェネチア・ビエンナーレにも出展したオーギュスタン・ルサージュ、澤田真一などなど、Raw Visionが多くの読者へ向けて発信してきたアール・ブリュットの世界を一望できる展覧会です。
アル・サン・ピ …

Sep

14

みずのき美術館 北山善夫「生きるための主題」展

カテゴリー: その他の展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
京都府亀岡市にあるみずのき美術館。
こちらもアール・ブリュット作品の紹介を基本とした美術館です。
本日より、北山善夫「生きるための主題」展が開催されています。

北山さんは亀岡市在住。みずのき美術館は2012年10月に開館し、今回の展覧会はその1周年記念にあたります。

会期 2013年9月14日(土)〜11月3日(日)
日時 10:00~18:00
休館日 月・火(但し、祝日の場合は開館)
料金 一般400円/高大生200円/中学生以下無料
主催 みずのき美術館 
企画協力 森 司

詳細はみずのき美術館ホームページをご覧ください。 …

Sep

13

「カソケキ+チカラ」展に寄せられた感想

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
8月24日(土)に始まりました「カソケキ+チカラ」展も18日目を迎え、
お客様からたくさんのご感想をいただいています。
今日はその中から、ほんの一部ですがご紹介いたします。

〇自分のなかの常識を超えた作品(芸術)に出会えてよかった!!(60代男性)
〇(小東恭子さんの作品について)また新しいタッチの作風の作家さんに出会えてうれしかったです。(20代女性)
〇(辻 隆行さん、小東恭子さん、今村 源さんの作品について) ほんとうに“カソケキチカラ”だけど、大きく心を動かされました。プロペラでちゃぶ台をまわすのはやられた!!(40代男性)
〇気の遠くなるような作業だろうと感じた。細か …

Sep

12

オープンスペースれがーと「MURAI Takashi Exhibition」

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
オープンスペースれがーとは滋賀県湖南市にある社会福祉法人です。
ここではバンバンというアトリエが運営されていて、月に2回、主に絵画を中心に利用者が心おもむくままの表現をされています。
施設内では定期的に展覧会を開催されていて、これまでには、「お線香花火」や「うちわ」など重層的で躍動感にあふれた線で描く、木村茜さん
女性の裸体の曲線美を独自の線と色合いで表現する、比嘉野歩治さんの個展が行われていました。

現在は、村井崇さんの作品を観ることができます。


MURAI Takashi Exhibition
会期:2013年9月10日(火)~12月28日(土)11:30~15:0 …

Sep

10

海外のアール・ブリュット美術館「アール・ブリュット コレクション」

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
今日ご紹介する美術館は、スイス、ローザンヌにある「COLLECTION DE L'ART BRUT(アール・ブリュットコレクション)」です。
充実したコレクションはもちろんのこと、アール・ブリュットの歴史を語る上でも重要な施設です。

「アール・ブリュット」とは、加工されていない生(き)の芸術、伝統や流行、教育などに左右されず自身の内側から湧きあがる衝動のままに表現した芸術のことをさします。この概念を提唱したのが、フランスの画家ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet 1901-1985)です。
彼は早くから積極的にアール・ブリュット作品をコレクションしており、作品約5,00 …

Sep

09

「カソケキ+チカラ」ギャラリートーク 予約受付中

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
「カソケキ+チカラ」では、9月29日(日)に本展アートディレクターのはたよしこさんによるギャラリートークを行います。
今年は例年よりも企画展の会期を長くしたため、はたさんのギャラリートークは9月と12月の2回行います。

オープニングイベントでは作家にお話しいただくことに重きをおいた進行でしたが、ギャラリートークでは、なぜ今、「カソケキ+チカラ」なのか、本展の確信に迫る内容がアートディレクターから語られることと思います。
ご予約はNO-MAまでお電話・メールでお申し込みください。
(電話:0748-36-5018/メール:no-ma@lake.ocn.ne.jp)

「NO-MA …

Sep

08

NO-MAのミュージアムグッズ

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
NO-MAでは先月出版された「アール・ブリュット アート 日本」などの書籍から、DVDやポストカード、ノートなどのミュージアムグッズを多数取扱いしています。

先日はツアーでNO-MAに団体客の方々が来られ、そのツアーガイドの方が「これはすごいですね!」と思わず買って帰られたのが、こちらのノート。



本岡 秀則さんの「電車」が表紙になっているのです!
このノートはいつもバスや電車に乗っているガイドの方が仕事で使うのにぴったり!
さらに作家さんのことをお話するととても興味深く聞いて下さいました。
受付でこうした出会いに立ち会えるととても嬉しくなりますし、人によって作品との出 …

Sep

07

【展覧会情報】搭本シスコ展 この喜びは何だろう

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ, 未分類, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
2006年に開催したNO-MA企画展「快走老人禄~老ヒテマスマス過激ニナル~」の出展作家である、搭本シスコさんの展覧会が熊本県の宇城市不知火美術館で開催されます。

【展覧会概要】
「搭本シスコ展 この喜びは何だろう」
開催日時:2013年9月25日(水)~11月4日(月)
     10:00~18:00(入館は17:30まで) 土日祝は10:00~17:00(入館は16:30まで) 
休館日:月曜日(月曜が祝日の時はその翌日)
会場:宇城市不知火美術館(熊本県宇城市不知火町高良2352)
料金:大人300円、大高生200円、小中学生無料 ※団体2割引
主催:宇城市不知火 …

Sep

06

「カソケキ+チカラ」展覧会カタログ 予約受付中

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
現在開催中の「カソケキ+チカラ」展をお手元でも楽しまれてはいかがでしょうか。
NO-MAでは、展覧会カタログの予約申し込みを受け付けております。


(カタログ表紙イメージ)

全32ページ、カラーとなっており、展覧会場写真、作品図版、各種テキストは、田口ランディ(作家)、中井康之(国立国際美術館主任研究員)、岡山 拓(美術文筆業)、山 愛美(京都学園大学人間文化学部教授)、早川弘志(やまなみ工房主任支援員)、小林瑞恵(アートディレクター(NPO法人はれたりくもったり、社会福祉法人愛成会))、はたよしこ(本展アートディレクター)による出展者紹介文や寄稿文もあるなど、充実したコンテン …