ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Nov

06

イベント「NO-MAのちっちゃなお祭り」のお店がぞくぞく決定!

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ, 未分類 | イベント「NO-MAのちっちゃなお祭り」のお店がぞくぞく決定! はコメントを受け付けていません
11月16日(土)NO-MAから徒歩3分の八幡児童公園にて、
「NO-MAのちっちゃなお祭り」を開催します。

当日は、滋賀を拠点に、安全で美味しい食をふるまってくださる
6つのお店に出店いただく予定です。
ぜひ、お店の方とのおしゃべりも楽しんでください。

ななばけ(米原伊吹)
喫茶もか(近江八幡文化会館内)
ここここ日和(湖東町)
ショップマドレ(安土)
百菜劇場(近江八幡市北之庄)
sneety(安土)



「NO-MAのちっちゃなお祭り」

「日常の垣根を越えた出会いから新たに社会を発見する」というテーマで、美術家・小山田徹さんの作品『ちっちゃい火 …

Nov

03

第10回ing出展作品の紹介―「飛行機」(中橋博文/もみじ・あざみ)

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 第10回ing出展作品の紹介―「飛行機」(中橋博文/もみじ・あざみ) はコメントを受け付けていません
今日は、第10回滋賀県施設合同企画展の出展作品を紹介します。

作品「電車」(2010~2013年)
中橋博文(もみじ・あざみ)


 もみじ・あざみの暮らしの中で、みんなが最も楽しみにしている行事の一つが旅行だ。最近では比較的近い場所に観光バスに乗って行くようになったが、かつては電車や飛行機にも乗って、遠く北海道や沖縄まで旅行に出向いていたそうだ。まだまだみんなが若かった当時、溢れる体力と好奇心の赴くままに、国内のあちこちに行っては、観光や温泉、そして夕食の宴会を心ゆくまで楽しんだ。
 「電車」や「飛行機」は、みんなと過ごした思い出の詰まった旅行の象徴であり、楽しみの象徴だ。作 …

Nov

02

文部科学省におけるアール・ブリュット作品展「心がカタチをもつとき」が「文部科学広報」10月号に掲載されました。

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | 文部科学省におけるアール・ブリュット作品展「心がカタチをもつとき」が「文部科学広報」10月号に掲載されました。 はコメントを受け付けていません
現在、文部科学省情報ひろば展示室文化コーナー3階で開催されている展覧会、~文部科学省におけるアール・ブリュット作品展~「心がカタチをもつとき」が「文部科学広報」10月号で紹介されています。
※http://www.koho2.mext.go.jp/ から「最新号を読む」クリックし、17ページに掲載されています。
この展覧会では、日本を代表するアール・ブリュット作家17人の作品が計275点が展示されています。
11月14日(木)まで開催されていますので、ぜひ足をお運びください。

【展覧会概要】
展覧会名:~文部科学省におけるアール・ブリュット作品展~「心がカタチをもつとき」
会期 …

Nov

01

大津市立打出中学校の皆さんが見学に来られました

カテゴリー: NO-MAの日常, ブログ | 大津市立打出中学校の皆さんが見学に来られました はコメントを受け付けていません
NO-MAでは、学校の体験学習や団体見学も受け付けています。
見学では学芸員が、展覧会の紹介や、NO-MAの取り組み、アール・ブリュット等の説明を行います。

今回は、大津市立打出中学校の皆さんが体験学習でNO-MAに来館されました。
NO-MAの成り立ちや取り組みについて、また学芸員の仕事について話をさせて頂きました。
皆さんから「学芸員になるにはどうしたらいいですか?」「学芸員をしていて楽しいこと、つらいことはありますか?」「展覧会はどうやって出来るのですか?」など、様々な質問をいただきました。
また作品を鑑賞する際も、皆さん想像力を膨らませて、作品の持つ世界を堪能してくださっ …

Oct

31

講演会「障害のある人の新たな魅力の見つけ方~アール・ブリュットという可能性~」

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | 講演会「障害のある人の新たな魅力の見つけ方~アール・ブリュットという可能性~」 はコメントを受け付けていません
11月2日(土)9:30~、富山の黒部学園にて講演会・学園祭が開催されます。
お近くの方は是非お越しください。
講演会場では、アール・ブリュットのパネル展示なども行います。

くろべがくえんの日~2013ふれあい広場~

日時  平成25年11月2日(土)9:30~14:50

場所  黒部学園内・にいかわ総合支援学校体育館

Ⅰ部 講演会 9:30~10:30

・演題:「障害のある人の新たな魅力の見つけ方~アール・ブリュットという可能性~」

・講師:田端 一恵 氏(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA)

・場所:にいかわ総合支援学校体育館

・講 …

Oct

30

「NO-MAのちっちゃなお祭り」ポストカードができました。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「NO-MAのちっちゃなお祭り」ポストカードができました。 はコメントを受け付けていません
11月16日(土)に開催する「NO-MAのちっちゃなお祭り」の
ポストカードサイズのチラシが本日刷り上がりました!



秋らしい、温かみのあるデザインとなっています。
みんなでちっちゃな火を囲みながら、お話したりごはんを食べたりできたらいいなと思います。

15時から始まる「カソケキ標本をつくろう」は、散歩しながら、みんなで小さくて不思議な「カソケキ」ものを探すワークショップです。
この日は「関西文化の日」で、NO-MAにも無料で入館いただけます。

詳しくは こちら

みなさん、お誘い合わせの上、暖かい格好で来てくださいね。 …

Oct

29

第10回ingの紹介~施設の造形活動紹介~

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 第10回ingの紹介~施設の造形活動紹介~ はコメントを受け付けていません
今日は、第10回滋賀県施設合同企画展(通称:ing)の紹介をしたいと思います。今年で10回目を迎える本展は、滋賀県内の福祉施設職員とNO-MAが、毎月1回の実行委員会を開催し、企画・運営しています。※詳細はこちら
今回は、実行委員のなかからびわこ学園医療福祉センター野洲の水津さんが「施設での造形活動紹介」のことをまとめてくださいました。

-----------------------------------------------
6月24日(月)、本展の第2回実行委員会で、『各施設での造形活動の紹介』を行いました。        
当企画展の主たる目的は、展覧会の実施ですが、それ …

Oct

27

もうひとつの世界、アール・ブリュット展

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | もうひとつの世界、アール・ブリュット展 はコメントを受け付けていません
11月2日(土)から、滋賀県湖南市内にある3つの会場で「もうひとつの世界、アール・ブリュット展」が開催されます。お近くの方はぜひ、足をお運びください。

【展覧会概要】
「もうひとつの世界、アール・ブリュット展」
会期 : 2013年11月2日(土)‐12月1日(日)
出展者:石野敬介、伊藤喜彦、木村 茜、河野咲子、澤田真一、西川智之、西村真智子、平岡伸太、藤野公一、松田僚馬、山際正巳
会場 : ①国宝 岩根山 善水寺 (〒520-3252 滋賀県湖南市岩根3518)
開館時間 : 9:00~16:00  期間中無休
②十二坊温泉ゆらら(〒520-3252 滋賀県湖南市岩根67 …

Oct

26

アール・ブリュット カレンダー2014ができました!

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | アール・ブリュット カレンダー2014ができました! はコメントを受け付けていません
ART BRUT CALENDAR 2014 ができました。

澤田真一さん、魲万里絵さん、小幡正雄さん、
山崎健一さん、戸来貴規さんなどの作品を掲載。
眺めるだけでわくわくする、見応えのある作品ばかりです。

今回は、大型サイズ(60㎝×42㎝)で、見やすく、予定も書き込めます。「アール・ブリュット雑学」も掲載!

【代金・送料】
1部 1,500円
送料 1部290円、2部340円、3部630円、4部680円、5部970円、6部1,020円
※7部以上の方は、申し込み受付後に送料をお伝えします。

【お申込み】
以下の事項をメールまたはFAXにてお申し込み下さい …

Oct

25

県民フォーラム「明日の美術館をつくろう」が開催されます。

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | 県民フォーラム「明日の美術館をつくろう」が開催されます。 はコメントを受け付けていません
来週日曜日に、大津市のコラボしがで、県民フォーラム「明日の美術館をつくろう」が開催されます。

●県民フォーラム「明日の美術館をつくろう」
日時:平成25年11月3日(日曜日)14時00分~16時00分
会場:コラボしが21大会議室(大津市打出浜)
入場無料

これは、間もなく開館から30年を迎える県立近代美術館に関する催しです。
神と仏の美やアール・ブリュットを新たな柱として加え、滋賀の美の拠点として再整備・充実させる新生美術館の今後の計画が紹介されるとともに、滋賀の未来に求められる美術館のあり方について考えるフォーラムです。

髙梨純次さん(滋賀県立近代美術館学芸課長) …