ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Feb

20

「アール・ブリュット☆アート☆日本」会場紹介:カネ吉別邸

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「アール・ブリュット☆アート☆日本」会場紹介:カネ吉別邸 はコメントを受け付けていません
「アール・ブリュット☆アート☆日本」の会場紹介第二弾!
今日はカネ吉別邸です。

☆カネ吉別邸☆(為心町元)

展示するアーティスト
金崎 将司 Masashi KANASAKI   
吉田 格也 Kakuya YOSHIDA     
渡辺 孝雄 Takao WATANABE     
今村 花子 Hanako IMAMURA    
秦野 良夫 Yoshio HATANO     
武友 義樹 Yoshiki TAKETOMO    
鎌江 一美 Kazumi KAMAE     

明治29年創業、現在も近江牛の販売として有名な「カネ吉」の築約100年 …

Feb

18

「アール・ブリュット☆アート☆日本」会場紹介:まちや倶楽部

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「アール・ブリュット☆アート☆日本」会場紹介:まちや倶楽部 はコメントを受け付けていません
「アール・ブリュット☆アート☆日本」は、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを拠点に、近江八幡の町屋など全8会場にて、35作家・約500点もの作品を見ることができる日本のアール・ブリュットの祭典です。
今回、特別に台灣の作家も出展し、さらにスイス・イギリス・パリからアール・ブリュットの研究者や学芸員もお招きします。

今日から1会場ずつ展覧会の紹介をしていきますので、観覧される際の参考になれば幸いです。

☆まちや倶楽部☆(仲屋町21)

展示するアーティスト
大江 正章  Masaaki OE     
富塚 純光  Yoshimitsu TOMIZUKA  
西澤 …

Feb

16

「アール・ブリュット☆アート☆日本」関連イベント《終了しました》

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], イベント情報, お知らせ, ブログ, 未分類 | 「アール・ブリュット☆アート☆日本」関連イベント《終了しました》 はコメントを受け付けていません
ボーダレス・アートミュージアムNO-MAと近江八幡の町屋など8会場にて、35作家。500点を超えるアール・ブリュットの祭典を開催します。
「アール・ブリュット☆アート☆日本」
2014年3月1日(土)~3月23日(日)
展覧会情報はこちら


<<前売り券発売中>> 2月28日まで 発売場所:チケットぴあ、NO-MA 詳しい情報は、展覧会情報でご確認ください。


本展覧会の関連イベントでは、国内だけでなく、スイス、フランス、イギリス、台湾から、各分野で活躍されるゲストを迎えます。
アール・ブリュットについて語りつくす、濃厚な4日間です。お早目にご予約ください。

※イ …

Feb

15

「アール・ブリュット ランドスケープ」展を開催しました。

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「アール・ブリュット ランドスケープ」展を開催しました。 はコメントを受け付けていません
先週末、2月7日(金)~9日(日)に、大津プリンスホテルで「アール・ブリュット ランドスケープ」展を開催しました。
3日間の会期中に1800名を超える方が来場してくださり、ケネス・アーノルド氏(ウェルカム・コレクション館長〈ロンドン〉)や保坂健二朗氏(東京国立近代美術館主任研究員)にご講演いただいた関連イベントにも多くの方が参加してくださいました。





出展作家では、楠真一さん、古久保憲満さん、澤田真一さん、佐野奈津美さん、魲万里絵さん、西之原清香さんが来場くださり、作品についてスタッフにお話しくださる場面もありました。

本展はアメニティーフォーラム18の同時開催企画 …

Feb

14

第3回ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』 のご案内

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 第3回ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』 のご案内 はコメントを受け付けていません
今朝から近江八幡は雪景色となり、展示会場から見る風景が普段とは違うように感じます。


明日開催しますギャラリートークのご案内です。

ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』
2014年2月15日(土)13:30~15:00
紹介施設:ウッディ伊香立、湖北まこも、きらり庵、信楽青年寮、八身福祉会
紹介施設にでありました滋賀県立信楽学園は諸事情のため、2月22日(土)に紹介の予定です。
当日の参加も受け付けております。
ギャラリートーク中は出展者によるアートライブも予定しております、ぜひお楽しみください。


皆様のお越しをお待ちしております。 …

Feb

07

「アール・ブリュット ランドスケープ―創造のカタチを一望する―」が開幕しました

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「アール・ブリュット ランドスケープ―創造のカタチを一望する―」が開幕しました はコメントを受け付けていません
本日、アメニティーフォーラム18の同時開催企画である「アール・ブリュット ランドスケープ―創造のカタチを一望する―」が大津プリンスホテルで開幕しました
2009年から毎年開催している本展では、展示会場の広さを従来の2倍にし、より多くの作品をご覧いただけます。
第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展に出展した澤田真一の作品や、一昨年から調査を続けてきた台湾の作品を展示するほか、関連ベントも多数用意しています。アール・ブリュットの今を一望できる本展にぜひ、ご来場ください。

展覧会詳細はこちらから

【展覧会概要】
■アメニティーフォーラム18同時開催企画「アール・ブリュット ラ …

Jan

28

ボランティアスタッフ(有償)募集の案内(「アール・ブリュット☆アート☆日本」)

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | ボランティアスタッフ(有償)募集の案内(「アール・ブリュット☆アート☆日本」) はコメントを受け付けていません
展覧会「アール・ブリュット☆アート☆日本」のボランティアスタッフ(有償)を募集します。
受付でのパスポート(チケット)チェックや、会場内の監視などが主な活動です。
人と話をするのがお好きな方、近江八幡にお住まいの方、アール・ブリュットが好きな方等々、お気軽にお申し込みください。
アートやアール・ブリュットをよく知らないという方も、この機会に、心に響く作品との出会いや新たなつながりを見つけに、ぜひご応募ください。

○活動の内容、条件等
【活動場所】
 カネ吉別邸(為心町元)、旧吉田邸(多賀町758)、奥村邸(永原町8)、まちや倶楽部(仲屋町中21)
 かわらミュージア …

Jan

27

アール・ブリュット -人の無限の創造力を探求する2014– NAKANO~街中まるごと美術館~

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | アール・ブリュット -人の無限の創造力を探求する2014– NAKANO~街中まるごと美術館~ はコメントを受け付けていません
社会福祉法人 愛成会が主催する『アール・ブリュット -人の無限の創造力を探求する2014– NAKANO~街中まるごと美術館~』(東京都 中野駅北口一帯)が、今年も開催されます。
この企画では、街の中にアール・ブリュット作品があらゆる形で登場し、街全体がまるで大きな美術館のように変身します。
ぜひこの機会に足をお運びください。

詳細はこちらをご覧ください。

【開催概要】
日本のアール・ブリュットはスイス、パリでの展覧会を経てヨーロッパを中心に大きな話題を呼んでいます。2012年4月にオランダを皮切りに始まった、ヨーロッパ各国を巡回する展覧会「Art Brut from Jap …

Jan

24

ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』 レポート

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MAの日常, ブログ | ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』 レポート はコメントを受け付けていません
1月11日(土)ギャラリートーク『はじまり」から広がるアート』を行いました。
このギャラリートークは、展覧会会期中に同じタイトルで4回開催し、出展いただいた施設
の実行委員さんに作品や出展者の紹介をいただきます。
今回のイベントには、かいぜ寮、クリエートプラザ東近江 能登川作業所、ぽかぽか、
みどり園から実行委員さん、出展者さんがご出席いただき作品紹介を行いました。


イベント冒頭に、参加いただいた出展者の下山孝也さん、北由佳里さんの2名を紹介しました。
その後、下山孝也さん、中村義裕さん、北村由佳里さん、森敏男さん、鈴木淳也さんの作品についてギャラリートークを行いました。

Jan

23

第10回ing展 出展作家の紹介-小山勉さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 第10回ing展 出展作家の紹介-小山勉さん はコメントを受け付けていません
今日ご紹介するのは、第10回滋賀県施設合同企画展「ing...障害のある人の進行形」の出展作家、小山勉さんの作品です。

--------------------
これらのたくさんの丸は一体どうやって、何のために作られているのか。
それは、彼がいつも身に付けている鞄の中の、メモ帳ほどの大きさに切り揃えられた画用紙から生み出される。
丸を描いた中に斜線を引いてハサミで切り取り、10秒ほどで作り上げるのだ。
それを、好きな仲間や支援者に向けて一つひとつ作っては手渡し、
ポケットに入れてもらうことで彼の心は満足する。
多い時には一日で100枚近い数をつくる。丸を渡すことは彼の思いを伝 …