ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Jun

05

福島県猪苗代町に「はじまりの美術館」がオープン

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | 福島県猪苗代町に「はじまりの美術館」がオープン はコメントを受け付けていません
2014年6月1日、福島県猪苗代町に「はじまりの美術館」が開館しました。
(写真は「はじまりの美術館」facebookより)

この美術館は、アール・ブリュットをはじめとする「人の表現が持つ力」や、コミュニティの「人のつながりから生まれる豊かさ」に視点を置いた美術館です。地域の方の活動起点となる、「誰もが集える場所」となることを目指しておられます。

6月1日のオープニングイベントでは、ゲストの方だけでなく、地域の方、そしてスタッフの方がたくさん参加されていました。
かしわ哲さんのサルサガムテープのライブやばんだい荘あおば和太鼓の会の太鼓演奏、地元の食の屋台など、にぎやかな「はじま …

Jun

04

新刊のご案内「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 10年の軌跡―境界から立ち上がる福祉とアート―」

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, ブログ | 新刊のご案内「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 10年の軌跡―境界から立ち上がる福祉とアート―」 はコメントを受け付けていません
2014年6月4日、NO-MAの10年間をまとめた記録集を発売いたしました。

「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 10年の軌跡
 ―境界から立ち上がる福祉とアート―」
価格:2,500円+税
企画:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
発行:社会福祉法人グロー
監修:アサダワタル 編集:辻並麻由  デザイン:中崎航



内容は、作家 田口ランディさん、アール・ブリュットコレクション館長 サラ・ロンバルディさん、パリ市立アル・サン・ピエール美術館ディレクター マルティーヌ・リュザルディさんの寄稿、そして東京国立近代美術館主任研究員 保坂健二朗さんと当法人理事 …

Jun

03

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のスタジオトーク 『アール・ブリュットが生まれる瞬間に立ち会う 福祉職員の立場から(田端一恵』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のスタジオトーク 『アール・ブリュットが生まれる瞬間に立ち会う 福祉職員の立場から(田端一恵』 はコメントを受け付けていません
5月最終のGlow~生きることが光になる~は、このラジオ番組でも現場リポーターを務める社会福祉法人グロー(NO-MAの運営法人)の田端一恵がスタジオトークに参加。
岩手県の施設で暮らす作家 戸來貴規さんの日常に寄り添ってきた施設職員当時のエピソード、自分がアール・ブリュットとの出会いによって変わってきたことなど、福祉施設の職員だからこそ立ち会えるアール・ブリュットが生まれる現場の話を展開しました。



放送をお聴き逃しの方、カバーされていないエリアにお住いの方も是非Podcastからお聴きください。
(音声は、放送後の翌週月曜日に更新されます。※祝日の場合は火曜日)

次週は …

Jun

02

「Timeless 感覚は時を越えて」カタログ販売中です

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], お知らせ, ブログ | 「Timeless 感覚は時を越えて」カタログ販売中です はコメントを受け付けていません
展覧会「Timeless 感覚は時を越えて」のカタログを販売中です。
全26ページで価格は1200円(税込)です。

今回のカタログは蛇腹状になっており、開く面によって出展作家の作品紹介と、担当学芸員による企画意図や展覧会開催にかけてのプロセス、作品解説をご覧いただけます。



展示設営風景の写真が掲載されているのも、本カタログの大きな特徴です。
丁寧につくりあげられた空間や展示を知っていただけるのではないでしょうか。





ぜひ、お買い求めください。

May

31

NO‐MAの紹介です

カテゴリー: NO-MAの日常, ブログ | NO‐MAの紹介です はコメントを受け付けていません
現在、Timeless展が開催中ですが、少し趣向を変えましてNO‐MAの会場の紹介をいたします。

NO‐MAの2階には小さいですがライブラリーコーナーがあります。
これまで開催した展覧会のカタログだけでなく、アールブリュットに関連する書籍や写真集が置かれていてとても充実したラインナップとなっております。

また、ライブラリーの空間からの景色も良く、お客様から「とても寛げる空間でした」というお声を耳にします。





画像はNO‐MAの紹介ページに吹き出しを付けようと模索しているところです。
書籍の1冊1冊をどうすれば見て貰いやすいか、毎回思案を重ねています。

May

28

NO-MA企画展「Timeless 感覚は時を越えて」のご感想・ご意見を紹介します

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | NO-MA企画展「Timeless 感覚は時を越えて」のご感想・ご意見を紹介します はコメントを受け付けていません
今日は、現在開催中の企画展「Timeless 感覚は時を越えて」に寄せられた感想等を紹介します。
来館された方にご記入いただいたアンケートから、ご意見・ご感想を原文のまま掲載しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・三橋さんのビワコのヨルの絵
 絵とことばが一体となって 
 読んで絵を見る 見てことばを読む をいったりきたりしていると
 自分がすっぽりその夜に入り込んだような気持ちになりました

・西澤さんの絵 
 空の色が一枚ごとにちがう 
 その一瞬が一枚ずつに留まっている気がしました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ …

May

26

「Timeless 感覚は時を越えて」関連イベント『おとなの小学校』のご案内《終了しました》

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], イベント情報, お知らせ, ブログ | 「Timeless 感覚は時を越えて」関連イベント『おとなの小学校』のご案内《終了しました》 はコメントを受け付けていません
企画展「Timeless 感覚は時を越えて」関連イベント
時間を越えたイマジネーションの旅番外編vol.2 『おとなの小学校』

NO-MAならではの一日限りの小学校を開校します。
20歳以上(大人)を対象にしたイベントで、小学校時代に遡るというコンセプトの体験型イベントです。
朝の会に始まり、国語の時間にはみんなで絵本の楽しい読み方を探したり、図工の時間には作品を見て話をしあい、タイムカプセルを作るなど一日を通してさまざまな体験をご用意しています。
それぞれの授業、個性溢れる先生たちと一緒に楽しんでいただきますのでお楽しみに。

お早めにお申し込みください。
※お申込いただ …

May

24

滋賀県施設合同企画展

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 滋賀県施設合同企画展 はコメントを受け付けていません
第11回滋賀県施設合同企画展 ing…障害のある人の進行形~の開催に向けていよいよ実行委員会が立ち上がります。

ing展は参加いただく施設の職員さんが実行委員となって展覧会を作り上げていきます。
同時に、委員会を通して各施設の造形活動の担当者同士の交流による、情報交換、ネットワーク作りということも欠くことのできない要素となっています。

写真は、昨年の第10回滋賀県施設合同企画展と実行委員会の様子です。




作品の展示方法や展覧会の情報発信についてや、催事内容の企画、カタログのレイアウトなど皆さんから様々な意見が飛び交います。
作品が作り上げられる現場にいて、常に …

May

23

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」5月の現地リポート『細馬宏通さんと訪ねるアール・ブリュットが生まれる現場その2(古久保憲満さん編)』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」5月の現地リポート『細馬宏通さんと訪ねるアール・ブリュットが生まれる現場その2(古久保憲満さん編)』 はコメントを受け付けていません
5月の現地リポートは、細馬宏通さんと一緒にアール・ブリュットが生まれる現場をご紹介します。2回目の今回は、国内外の展覧会で注目を集める日本のアール・ブリュット作家のお一人、古久保憲満さんの制作現場からのリポートです。古久保さんはご自宅で創作を続けておられます。今回はご自宅を訪ね、ご本人に制作の背景等を伺いました。

古久保さんの作品は、NO-MAが3月に開催した「アール・ブリュット☆アート☆日本」展にも出展されました。


3つのパノラマパーク 360度パノラマの世界
「観覧者、リニアモーターカー、ビル群、昔現末、鉄道ブリッジ、郊外の街、先住民天然資源のある開発中の町」

その …

May

22

藁工ミュージアム「音楽をつかまえて 齋藤裕一/mamoru」展

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | 藁工ミュージアム「音楽をつかまえて 齋藤裕一/mamoru」展 はコメントを受け付けていません
現在、高知市にある藁工ミュージアムで「音楽をつかまえて 齋藤裕一/mamoru」展が6月29日まで開催されています。



この展覧会は、埼玉県の川口太陽の家・工房集で創作を行う齋藤裕一と、ニューヨーク市立大学音楽学部卒業後、聴く行為を通して音作品、音体験に読み替えるサウンド・インスタレーションを展開するmamoruの二人展です。

“「聴くこと」から新しい世界をひろげてみませんか”という誘いのとおり、齋藤裕一の絵画に耳を澄ますと声や音が聞こえてくるようで、mamoruの《日常のための練習曲》シリーズからはかすかでありつつ確かな存在を持った音からは淡い色彩イメージが浮かんできました …