ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Feb

24

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」「青柳文化庁長官 特別インタビュー」

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
2月6~8日に滋賀県の大津プリンスホテルで開催された、地域福祉と文化の祭典「アメニティフォーラム19」。障害のある人の地域での暮らしについて様々な立場の人たちが語り合うフォーラムのほか、アール・ブリュット展や、バリアフリー映画祭等多彩なプログラムが特徴です。このフォーラムで7日にご講演をされた文化庁長官青柳正規さんに、会場でインタビューをいたしました。様々な文化政策を司り、アール・ブリュットにも強い関心を寄せてくださっている青柳長官に、展覧会の率直な感想や、2017年に開催予定のフランスナント市とのアール・ブリュットを始めとした文化芸術による国際交流事業について、そして「アール・ブリュット」だ …

Feb

24

「アール・ブリュット☆アート☆日本2」アドルフ・ヴェルフリ

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
「アール・ブリュット☆アート☆日本2」では、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを拠点に、
近江八幡の町屋など全6会場にて、出展作家75名、約1300点もの作品を展示します。
日本のアール・ブリュットの「いま」をお楽しみください!

☆展覧会のみどころ☆
スイスのアール・ブリュット作家であるアドルフ・ヴェルヴェルフリの作品が来日!

アドルフ・ヴェルフリは1864年にスイスに生まれました。
貧しい生活を送り、5歳で父親が家出をし、8歳で母親を亡くしてからは、農家の下働きとして過酷な日々を送りました。
31歳の時、統合失調症と診断され、その後66歳で亡くなるまで精神病院で過 …

Feb

06

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」写真という表現を携えて向かい合った「もうひとつの時間」-写真集『ソローニュの森』から-」(前編2月6日、後篇2月13日)

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
今週と来週13日の2週にわたり、ゲストに写真家の田村尚子さんをお迎えします。田村さんは、2012年にフランスのラ・ボルト精神病院を舞台にした写真集『ソローニュの森』(2012/医学書院)を出版し、芸術、医療、福祉など様々なジャンルから注目を集めておられます。思想家フェリックス・ガタリが終生かかわったことでも知られるラ・ボルド病院に向けた田村さんの眼差しは、一人一人の人間に対する純粋で深い興味を現してくれます。


田村尚子さん(左) アサダパーソナリティー(右)

『ソローニュの森』は6年にわたる6回の滞在により生み出された作品集。6回と言っても、最初の訪問では半日だったところを、徐 …

Feb

05

【特別講演】北山修「生々しい何かと強迫 ~なぜ、作品に巻き込まれるのか~」

カテゴリー: お知らせ, その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
いよいよ明日より、「アール・ブリュット ユートピアの創造主たち」展(大津プリンスホテル)が始まります。
今回も、アール・ブリュット作品全国公募の入選者やアール・ブリュットをずっと撮りつづける写真家大西暢夫、マリオ・デル・クルトの写真パネル展示など、盛りだくさんの内容で開催いたします。

関連イベントも充実しており、様々な分野で活躍する方々をお迎えします。
中でも、2月7日(土)は、精神科医の北山修氏による特別講演です。


北山修 特別講演「生々しい何かと強迫 ~なぜ、作品に巻き込まれるのか~」

講 師:北山 修(精神科医・臨床心理士)
場 所:大津プリンスホテル内 コン …

Feb

04

【障害者の芸術活動支援モデル事業】川又竹男氏講演「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは」

カテゴリー: NO-MA ニュース, イベント情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
【障害者の芸術活動支援モデル事業】
川又竹男氏
「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは」
2月7 日(土)14:00~
大津プリンスホテル コンベンションホール淡海8



障害者の芸術活動推進に必要とされる取り組みはどのようなものなのかについて、厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部企画課長の川又竹男氏をお招きしてお話しいただきます。

「障害者の芸術活動支援モデル事業」は、厚生労働省の補助を受け今年度から新たにスタートしました。
この事業は、障害のある人たちの造形活動を支援する人たちを支えるモデル事業を実施し、そのノウハウを積み上げて全国に普及していくことを目的と …

Feb

03

【アール・ブリュットネットワークフォーラム】野見山暁治氏 特別講演(2月8日)

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, イベント情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
【2月8日(日)11:30から、野見山暁治氏の特別講演を開催!】
会場:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海

現代日本を代表する画家であり、昨年、文化勲章を受章された野見山暁治氏による特別講演を開催します。
美術家、絵本作家の田島征三氏が聞き手となり、「アール・ブリュットと日本の美術」と題してお話しいただきます。
貴重な講演です。どうぞお見逃しなく!

同時開催の「アール・ブリュット ユートピアの創造主たち」展と併せてお楽しみください。

イベント概要
特別講演「アール・ブリュットの日本の美術」
講師:野見山暁治(洋画家)
聞き手:田島征三(美術家・絵本作家) …

Feb

02

【関連イベント】北山修氏 特別講演「生々しい何かと強迫~なぜ、作品に巻き込まれるのか~」

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
2月7日(土)、大津プリンスホテルで開催する「アール・ブリュット ユートピアの創造主たち」展では、北山修氏(精神科医・臨床心理士)による特別講演を開催します。

講演タイトルは「生々しい何かと脅迫 ~なぜ、作品に巻き込まれるのか~」

生(き)の作品の力を直に感じていただける展覧会の会場内で、北山氏の講演会を開催いたします。

講演の詳細は次のとおりです。
特別講演「生々しい何かと脅迫 ~なぜ、作品に巻き込まれるのか~」

講 師:北山 修(精神科医・臨床心理士)
場 所:大津プリンスホテル内「アール・ブリュット ユートピアの創造主たち」展覧会場内
日 時: …

Jan

30

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」公開収録トーク『アール・ブリュットへ その道程と幸福について』後編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
先週に引き続き今週も、昨年12月に大津パルコで公開収録された、作家の田口ランディさんとびわこ成蹊スポーツ大学長の嘉田由紀子さんのトークです。アール・ブリュットに深く魅了され、広い視野から支え続けて来た田口ランディさんと前滋賀県知事でもあられた嘉田さん。後半のトークも盛り上がりました。


当日の会場の様子(カフェ スプーンライフオンワークス/大津パルコサテライト3F)

後半もたくさんの話題が展開される中、アサダパーソナリティーから、アール・ブリュット作品とマーケットについて話が向けられました。アサダパーソナリティーは、アール・ブリュット作品というのは基本的には、マーケットに乗るよう …

Jan

27

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」公開収録トーク『アール・ブリュットへ その道程と幸福について』前編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。

アサダワタルパーソナリティー(左) 田口ランディさん(中央) 嘉田由紀子さん(右)

今週は、昨年12月に大津パルコで公開収録された、作家の田口ランディさんとびわこ成蹊スポーツ大学長の嘉田由紀子さんのトークです。アール・ブリュットに深く魅了され、広い視野から支え続けてきた田口ランディさんと前滋賀県知事でもあられる嘉田さん。作品そのものだけではない、それを取り巻くあらゆる環境も織り交ぜられたアール・ブリュット的哲学について対談いただきました。

ランディさんは、NO-MAとアール・ブリュット・コレクション(スイス)との合同企画「アール・ブリュット-交差する魂-」展がNHKの「新日曜美 …

Jan

25

実践報告&パネルディスカッション「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは」のお知らせ

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, イベント情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
2月7 日(土)大津プリンスホテルで、障害者の芸術活動支援モデル事業の実践報告&パネルディスカッション「障害のある人の芸術活動に必要な支援とは」を開催します。

「障害者の芸術活動支援モデル事業」は、厚生労働省の補助を受け今年度から新たにスタートしました。
この事業は、障害のある人たちの造形活動を支援する人たちを支えるモデル事業を実施し、そのノウハウを積み上げて全国に普及していくことを目的としています。
障害者の芸術活動に関する様々な相談を受ける障害者芸術活動センターの設置をはじめ、著作権保護や芸術活動支援に関する研修、作品の調査・発掘、評価・発信にかかる取り組み、また自治体や各種関 …