ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ミュージアムグッズ・書籍

展覧会図録

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

価格(税込):1,000円

重量:148g ページ数:52P(表紙含む) サイズ:B5版 25.7×18.0cm

アール・ブリュット魅力発信事業実行員会主催により文化庁補助事業としてキュレーター公募をおこない、採択された田中みゆき氏キュレーションによる展覧会。
人や動植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、他者や世界との向き合い方に目を向けた展覧会カタログ。作品紹介のほか、田中みゆき氏や出展作家によるテキストや、テーマをより深く感じていただくための寄稿や詩、熊谷晋一郎氏(小児科医/東京大学先端科学技術研究センター准教授)との対談を収録しています。寄稿は岩崎秀雄氏(アーティスト/早稲田大学理工学術院教授)、五所純子氏(文筆家)、三宅陽一郎氏(ゲームAI開発者)、村川拓也氏(演出家/映像作家)、田端一恵(社会福祉法人グロー専門相談調整室長兼法人本部企画事業部総括)。

第13回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):800円

重量:139g ページ数:カラー52P(表紙含む) サイズ:B5版 25.7×18.0cm

二期にわたり展示した35名の作品を紹介。展覧会ができるまでのドキュメントページ有り。寄稿は主催実行委員会のアドバイザーを務めたアサダワタル氏(日常編集家)と中野裕介氏(美術家・パラモデル)。

楽園の夢

価格(税込):1,500円

重量:192g ページ数:カラー36P(表紙含む) サイズ:A4版 21×29.7cm

本展は、巨大なものや小さなものまで、自らの夢見るようなイメージを「見える形」に表現している6名の作品をによる展覧会。ディレクターによる企画趣旨や都築響一氏による寄稿、各作家の詳しい作品解説を全ページフルカラー、フルバイリンガルでご覧いただけます。

アール・ブリュット☆アート☆日本3

価格(税込):1,000円

重量:130g ページ数:カラー46P(表紙含む) サイズ:B5版 25.7×18.0cm

近江八幡市の歴史ある町屋など複数会場で開催の「アール・ブリュット☆アート☆日本3」展カタログ。 グギング芸術家の家(オーストリア)、メンタルケア美術館、日本のアール・ブリュットの作品、計23名の図版と紹介文を収録。井口貢氏(同志社大学政策学部教授)による寄稿「トポスとしての近江八幡~アール・ブリュットとまちつむぎ、あるいは福祉としての観光~」も収録。

第12回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):500円

重量:160g ページ数:カラー52P(表紙含む) サイズ:B5版 25.7×18.0cm

二期にわたり展示した39名の作品を紹介。寄稿は主催実行委員会のアドバイザーを務めたアサダワタル氏(日常編集家)と中野裕介氏(美術家・パラモデル)。

これ、すなわち生きものなり

価格(税込):1200円

重量:120g ページ数:カラー40P(表紙含む) サイズ:B5版 25.7×18.0cm

前期/後期と二期に分かれて展示した多様な生きものの表現を、一作家見開きページで紹介。寄稿:毛利伊知郎(三重県立美術館 館長)

鳥の目から世界を見る

価格(税込):1,200円

重量:100g ページ数:カラー24p サイズ:21×29.7×0.3cm

本展は、鳥瞰図の世界を、様々な形で表現している作家6名による展覧会。ディレクターによる企画趣旨や各作家の詳しい作品解説を全ページフルカラーでご覧いただけます。

アール・ブリュット☆アート☆日本2

価格(税込):1,000円

重量:140g ページ数:52P(表紙含む) サイズ:B5版25.7×18.0cm

「アール・ブリュット☆アート☆日本2」展のカタログ。アドルフ・ヴェルフリの図版とアール・ブリュット・コレクション館長サラ・ロンバルディの寄稿も収録。日本のアール・ブリュット作家の図版と紹介文、そしてアール・ブリュット作品全国公募入選者(本展展示作者のみ)の紹介文も収録。日×英バイリンガル仕様。

第11回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):500円

重量:90g ページ数:カラー34p サイズ:25.7×18.2×0.3cm

28名の作家の図版、紹介文を掲載。第1回から3回まで実行委員長を務めた井上多枝子(社会福祉法人グロー[GLOW]バンバン アトリエ担当)の寄稿も収録。

快走老人録Ⅱ-老ヒテマスマス過激ニナル-

価格(税込):1,000円

重量:100g ページ数:カラー28p サイズ:15×30×0.4cm

あっ!と驚くおじいちゃん達の展覧会。NO-MAの応援団、今井祝雄、吉田季平の寄稿も見どころです。寄稿者:今井祝雄、三上満良、吉田季平、山下里加(日英)

お問い合わせはこちら

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ