第17回滋賀県施設・学校合同企画展 ing…
文字模似言葉
ルート案内
NO-MA記者クラブ

ご利用案内

開館時間
AM11:00~PM5:00まで
(変更あり)
休館日
月曜日
(月曜が休日の場合はその翌日)
〒523-0849

滋賀県近江八幡市永原町上16

TEL&FAX:

0748-36-5018

休館日のお知らせ

◆1月◆
~8日(金)※ing…後期展準備のため
12日(火)
18日(月)
25日(月)

※上記以降はご利用案内⇒スケジュールよりご覧ください。

当館の新型コロナウイルス対策は、こちらをご覧ください。

展覧会情報

第17回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2020年(令和2年)11月28日(土)~ 12月27日(日)  後期:2021年(令和3年)1月9日(土)~ 2月7日(日)

「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から、障害のある作者の表現に寄り添う支援者によって、形作られてきました。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、30名による作品を展示します。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

次の展覧会

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄