ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > ボーダレス・エリア近江八幡アカデミ【イベントは終了しました】

お知らせ

ボーダレス・エリア近江八幡アカデミ【イベントは終了しました】

お知らせ一覧に戻る

「アート」、「障害」、「アクセシビリティ」など本芸術祭に関するテーマを巡って、一緒に「ああだこうだ」と語り合うアカデミーを開校します。

こちらのイベントは終了いたしました。

ボーダレス・エリア近江八幡アカデミー
開講日と内容

 

第1回 9月27日(日)13:00-16:00
一限目 ボーダレスを楽しもう、“ちかくのまち”を観光案内
先生:横井悠(NO-MA主任学芸員)/ 山田創(NO-MA学芸員)
二限目 ちかくのまちの歩き方
先生:佐倉武(社福グロー[GLOW]法人本部企画事業部主任自立生活支援員)/ 石田瞳(社福グロー[GLOW]法人本部企画事業部自立生活支援員)
三限目 ボーダレスの生ずるところ
先生:今井祝雄(美術家・成安造形大学名誉教授)/ 田端一恵(社福グロー[GLOW]法人本部企画事業部長)

 

第2回 10月25日(日)13:00-16:00
一限目 障害のある人と作品を作る ~武友義樹×福留麻里の共働
先生:福留麻里(ダンサー、本展出展者)/西川賢司(社福グロー[GLOW]法人本部企画事業部文化芸術推進課長)
二限目 ちかくのまちづくり
先生:林ケイタ(株式会社デンキトンボ代表)/安川雄基(合同会社アトリエカフエ代表)/横井悠(NO-MA主任学芸員)
三限目 ザ・ノンテーマ・ディスカッション!
その場にいるみんなでディスカッションします。
会場:近江八幡市文化会館(近江八幡市出町366)

 

定員:各30名(要予約) 参加費:無料

 

※新型コロナウイルス感染症に関して

 

新型コロナウイルス感染症の状況により、イベントの内容が変更・中止となる場合があります。イベントの最新情報は、随時、NO-MAホームページ内の「イベント情報」にアップします。

 

お問い合わせ・ご予約はこちらから
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
Tel/Fax 0748-36-5018
E-mail no-ma[ at ]lake.ocn.ne.jp ※[ at ]を@に変換してください。

 

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ