ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

2017年2月18日(土)– 3月20日(月・祝)

表現するという行為は、誰のものなのでしょうか?何かを表現するということは、限られた人に許された行為ではなく、無意識のうちに誰もが行っていることです。その人にとっては切実な習慣や愛着、ささやかなこだわりが、他の人にとって “表現” として発見されることもあります。また、ひとりでにはじまる表現もあれば、誰かの存在があるからこそできあがる表現もあるのです。わたしたちは自分以外のものと関係を結びながら日々生きていますが、表現においても、それは避けられない問題です。そして世界は、必ずしも人だけでできているわけではありません。この展覧会では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。

Does creative expression belong only to a select few? Creative expression is not an act limited to artists and special individuals but it is something we all do unconsciously.Sometimes, our earnest habits, emotional attachments, or trivial obsessions can become a “creative expression” when seen through the eyes of another. Moreover, some creative expressions are made spontaneously on their own while others are made possible through the presence of another person. In our daily lives we form relationships with others, and this is also inevitable when it comes to expressing ourselves creatively. And our world does not consist only of the relationships between human beings. Observing acts of expression by humans, animals, plants, and machines
working together, this exhibition explores the origin of expression and the forms of relationships involved.


展覧会flyer

  • →イベント
  • →作家・作品情報
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市永原町上16)
開館時間11:00~17:00
休館日月曜日
観覧料一般300円(250円)高大生250円(200円) ※中学生以下、障害のある方と付添者1名無料 ※()内は20名以上の団体料金

主催:アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
[構成団体]
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW] – 生きることが光になる–)、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人愛成会、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設合同企画展実行委員会

後援:滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会

協力:社会福祉法人太陽会しょうぶ学園、社会福祉法人みぬま福祉会工房集、日本ユニシス株式会社、NPO法人しみんふくし滋賀

キュレーター:田中みゆき

グラフィック:エスエムビー・アンド・エスエムビー

出展者:AKI INOMATA、杉浦篤、銅金裕司、戸來貴規、やんツー、吉本篤史、トーマス・リバティニー

※3月11日(土)、12日(日)は近江八幡ボーダレス・アートミュージアムNO-MA周辺にて「左義長まつり」が開催されます。あわせてお楽しみください。(当日は交通規制が行われます。詳しくは近江八幡観光物産協会HPをご覧下さい。)

キュレーター公募企画展

NO-MAでは、2004年の開館以来、障害の有無や表現のジャンルにとらわれず、「人の持つ普遍的な表現の力」を感じていただくことを目的に、様々なボーダー(境界)を越えていくことに主眼をおいた展覧会を企画・運営してきました。そして近年、アール・ブリュットをはじめとする障害者の文化芸術活動に関する世の中の関心は確実に高まってきています。このような状況を背景に、この分野の更なる振興を担う新たな人材の活躍の場として、キュレーター公募企画展を開催します。
http://www.no-ma.jp/curatorrecruitment

展覧会キュレーター

田中みゆき Miyuki Tanaka

1980年11月大阪府生まれ。21_21 DESIGN SIGHT、山口情報芸術センター[YCAM]、日本科学未来館で展覧会やパフォーマンス、書籍や印刷物などの企画に携わる。デザインを装飾や意匠ではなく、社会の課題や物事の仕組みを整理し伝える手法と捉え、カテゴリーにとらわれないアウトプットを展開している。最近は「障害について考えることは世界を新しく捉え直すこと」をテーマに、障害の有無関係なく多様な人々がお互いを尊重し生きられる社会を目指し、さまざまな活動を行う。
http://miyukitanaka.com/

関連イベント

オープニングトーク 「生き物と表現をつくる」

本展出展者とキュレーターが、本展のテーマであるさまざまな恊働のあり方について話し合います。

出演: AKI INOMATA、トーマス・リバティニー、銅金裕司(本展出展者)、田中みゆき(本展キュレーター)
進行: 安藤恵多(社会福祉法人グロー法人本部企画事業部 主任主事)

日時: 2月18日(土)14:00 –16:00
会場: 酒游舘(近江八幡市仲屋町中21)
定員: 40名/要予約/参加費:無料(別途観覧料が必要です)

虫の足音を聴く「Bug’s Beat」ワークショップ

生態について学び、みんなで足音を聴きながらスケッチをしよう。

講師: 佐々木有美+滝戸ドリタ(「Bug’s Beat」作家)

普段人には聴こえない虫の世界の音を聴くことができる作品「Bug’s Beat」。虫の奏でる音に耳を澄ますことで、虫や自分の大きさが普段と違って感じる感覚を体感してください。
bb

日時: 3月4日(土)14:00 –16:00
会場: 奥村家住宅(近江八幡市永原町上8)
定員: 20名/要予約/参加費:無料(別途観覧料が必要です)
※小学校3年生以下の方は保護者の同伴が必要です。

出展者

AKI INOMATA

「girl, girl, girl...」

(1983年/東京都)
ヤドカリやミノムシ、犬などの生き物や自然との一種の協働作業を行うことで、人間とそうでないもの、自然と人工など、社会におけるさまざまな境界を問いかけるプロジェクトを展開。

http://www.aki-inomata.com/

杉浦篤 Atsushi Sugiura

無題

(1970年生まれ/埼玉県)
大好きな家族や施設の仲間たちと一緒に行った旅先や道中で撮った写真などを日々触りながら鑑賞する。一枚ずつ見るのではなく、写真の山をかき混ぜ、触り続けることにより、写真の角は取れ、丸くなっている。

銅金裕司 Yuji Dogane

銅金裕司+藤枝守 「Paphio in My Life」*参考作品

(1957年生まれ/兵庫県)
海洋学からラン科植物の生理学的研究で学位を修め、その研究成果の1つからメディアアートに進出する。東京藝術大学で異質性溢れる創造的な講義を20年あまり継続しつつ、かつて愛読したナボコフやルーセルの実験的試みに回帰した矢先、福島原発の大いなる人災事故を機にして、いっそう人と世界のあり方の根源的問題を訴求する姿勢を固める。

戸來貴規 Takanori Herai

「にっき」

(1980年/岩手県)
B5判の紙に描かれた図形とも記号ともつかない不思議な模様のような文字。独自の法則とリズミカルな構成で一日一枚日記を書く。

やんツー yang02

「”落書き”のための装置」*参考作品

(1984年/神奈川県)
デジタルメディアを基盤に、グラフィティやストリートアート、パブリックアートなど公共圏における表現にインスパイアされた作品を多く制作。2011年から菅野創との共同制作によるドローイングマシンシリーズを発表。

http://yang02.com/

吉本篤史 Atsushi Yoshimoto

無題

(1971年/鹿児島県)
糸を幾重にも結び小さい糸玉を作り、布に縫い付けていく行為を行っていたが、数年前からは布を細かく刻み周囲を縫ったものを中心に独自の世界を展開する。制作の時間以外でも繊維に強いこだわりがあり、下着・靴下をハサミで細かく切り、一本ずつ繊維を引き抜いて自室の机に並べたりしている。

トーマス・リバティニー Tomas Libertiny

「The Honeycome Vase (yellow) / Edition 2 / Artist’s Proof」Photo: Eric Zee

(1981年/オランダ)
建築家と歴史家の両親のもとに生まれる。エンジニアリングとデザイン、絵画や彫刻を学んだ後、2007年にスタジオを構える。
自然とテクノロジーの関係に興味を持ち、「スロープロトタイプ」として生き物との共同製作を行う。

http://tomaslibertiny.com/

展覧会カタログ

■掲載内容
・展覧会風景
・出展作品図版、作品解説
・「非スペクタクルへの誘い」田中みゆき
・「girl,girl,girl...によせて」AKI INOMATA
・「生命を扱うアートの痛みについて」岩崎秀雄(アーティスト/早稲田大学理工学術院教授)
・「あなたは、演出を担当したというけれど、一体何をやったんですか?」村川拓也(演出家/映像作家)
・「利用者/支援者~作者/鑑賞者 習慣/見守り~作品/研究」田端一恵(社会福祉法人グロー専門相談調整室長兼法人本部企画事業部総括)
・「書く/描く ことについて」やんツー
・「世界と溶けあう人工知能」三宅陽一郎(ゲームAI開発者)
・対話 田中みゆき×熊谷晋一郎(小児科医/東京大学先端科学技術研究センター准教授)
・「使役あるいは搾取、蕩尽」銅金裕司
・詩 五所純子(文筆家)

■価格
1,000円(税込)

■仕様
ページ数:52P(表紙含む)
サイズ:B5版 25.7×18.0cm

ご注文はこちらから

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

HELLO 開眼

2017年4月29日(土・祝)~7月30日(日)

「開眼」。それは仏の魂を迎え入れること。また、物事の道理をつかみ悟るという意味も含まれています。この展覧会では、古来から人が身近に感じてきた“悟り”や“魂”など、不可視な精神的世界について考えるきっかけを与えてくれる彫刻、絵画、写真、インスタレーションを展示します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ