ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

イベント情報

【快走老人録Ⅱ】「五感マンダラ」近江八幡の心象マップをつくります

イベント情報一覧に戻る

一般公開「五感マンダラ-近江八幡の心象マップをつくる-」(全4回)

第一回目は、8月22日(金)14時~
NO-MAの2階ライブラリにて行います。

※このイベントは全4回で構成されています。4回でひとつのマンダラをつくっていきます。


「五感マンダラ」「心象マップ」とは何だと思いますか?
味、音、なつかしい風景など、<五感>をきっかけにして、昔のことを語っていただき、それを絵地図(心象絵図)にしていくというものです。

【写真は、近江八幡市にある老蘇地区のふるさと絵地図づくりの様子】



今回は、NO-MAがある近江八幡の町屋界隈に長くお住まいの方々と一緒に作ります。
この心象絵図の取り組みをされているのが、上田洋平先生(滋賀県立大学地域共生センター助教)です。

【心象絵図を活用して作られた「巨大すごろく」の上に座る上田先生】



通常は、1~2年ほどかけて取り組まれるので、今回NO-MAでは、その過程の一部
「五感マンダラ」を皆さんと一緒につくってみたいと思います。

お一人おひとりが体験された、忘れることのできない大切な思い出を、皆で共有して交流します。


会場となるNO-MAのライブラリは、古いちゃぶ台があり、外が見渡せるとても気持ちの良い場所です。
ご近所の方も、そうでない方も、ぜひ遊びにいらしてください。



当日の飛び入り参加も大歓迎です。どの地域にお住まいの方でも、似た思い出はきっとありますので、近江八幡にお住まいでない方でも構いません。どうぞご参加ください。


NO-MAのラジオ番組「Glow 生きることが光になる」でも上田先生にご出演いただいています。
『特養ですごろく!? 記憶と語りが織りなす地域文化の可能性』第一回
『特養ですごろく!? 記憶と語りが織りなす地域文化の可能性』第2回
※放送内容はPodcastからお聴きいただけます。

イベント情報一覧に戻る