ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のスタジオトーク 『アール・ブリュットが生まれる瞬間に立ち会う 福祉職員の立場から(田端一恵』

お知らせ

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のスタジオトーク 『アール・ブリュットが生まれる瞬間に立ち会う 福祉職員の立場から(田端一恵』

お知らせ一覧に戻る

5月最終のGlow~生きることが光になる~は、このラジオ番組でも現場リポーターを務める社会福祉法人グロー(NO-MAの運営法人)の田端一恵がスタジオトークに参加。
岩手県の施設で暮らす作家 戸來貴規さんの日常に寄り添ってきた施設職員当時のエピソード、自分がアール・ブリュットとの出会いによって変わってきたことなど、福祉施設の職員だからこそ立ち会えるアール・ブリュットが生まれる現場の話を展開しました。



放送をお聴き逃しの方、カバーされていないエリアにお住いの方も是非Podcastからお聴きください。
(音声は、放送後の翌週月曜日に更新されます。※祝日の場合は火曜日)

次週は、日本精神科看護技術協会の末安民生さんをゲストにお迎えして、精神科看護の現場から捉えたアール・ブリュットについて一緒に考えます。6月6日(金)21:30~21:55 KBS京都ラジオです。

お知らせ一覧に戻る