ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > 「Timeless 感覚は時を越えて」 筒井貴希さん

May

08

「Timeless 感覚は時を越えて」 筒井貴希さん

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ |

今日は、現在開催中のNO-MA企画展「Timeless 感覚は時を越えて」より、出展作家の筒井貴希さんをご紹介します。

画用紙いっぱいに描かれた看板たち。
暖かな色合いの駅舎。


筒井貴希「無題」(制作年不詳)

筒井さんの作品の世界には、鮮やかな色の看板やお店が連なっています。
彼の作品を見る人は、まるで、自分自身が通りを歩いているような感覚になるかもしれません。
自分自身がその世界・場所にいるように感じるかもしれません。

作品をよく見ると、看板が切り取られていることが分かります。
筒井さんは、町の看板が別のものに掛けかえられたことに気付くやいなや、過去の看板を取り除き、新しいものに取りかえるのだといいます。
また、同じ風景が描かれている作品もよく見比べてみると、ある部分が描きなおされていることがわかります。
彼の絵は、現実の時間軸と繋がっていると言えるかもしれません。

かけがえのない一瞬、変化していく景色、それらを克明にとらえ続けていくこと。
筒井さんの作品を前にすると、捉えようのない不思議な「時間」について、思いを馳せずにはいられません。

「Timeless 感覚は時を越えて」 筒井貴希さん への2件のコメント

  1. 江部 正敏 より:

    初めて、メール送ります。 先日、NHKおはよう関西でNO-MA開館10周年の特集をテレビを見ておりました。
     その時に、先生の作品の中で、JR柏崎駅の作品を見て懐かしく見さしていただきました。
     私の亡き父が新潟県柏崎の出身で、懐かしく作品を見さしていただき懐かしく、そして、どうしても作品を
     見たくメールをさせていただきました。
       近畿での作品展の予定があれば是非にも教えていただきたくお願い申し上げます。
       

    • ボーダレス・アートミュージアム NO-MA より:

      この度は、メールをいただきありがとうございます。
      NO-MAの横井の申します。
      NHKおはよう関西で紹介された、JR柏崎駅の作品は、新潟にお住まいの筒井貴希さんの作品で、「Timeless」という展覧会で出展しました。
      http://www.no-ma.jp/?p=8204(Timelessの展覧会情報URL)
      現時点では、筒井作品を紹介する展覧会を計画していないのですが、今後、展示することがあるかもしれません。
      NO-MAのホームページをチェックしていただくか、NOMAが発送する広報物のお受け取りをご希望いただくことで、情報をお伝えできるかと思います。
      なお、広報物のお受け取りをご希望いただく場合は、お名前と住所をお知らせいただけると幸いです。
      よろしくお願い申し上げます。