ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』2月22日ゲストは細馬宏通氏《終了しました》

お知らせ

ギャラリートーク『「はじまり」から広がるアート』2月22日ゲストは細馬宏通氏《終了しました》

お知らせ一覧に戻る

現在開催中の「第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・障害のある人の進行形」では『「はじまり」から広がるアート』と題した、ギャラリートークを4回開催しています。
各施設で作品がつくられる最初の瞬間や、作者が造形活動に出会ったきっかけなど、「創作の始まり」について、各施設で造形活動を担当する支援員が紹介しています。

最終日の2月22日には、動物行動学者の細馬宏通さんをお迎えします。
人間の行動―生活の中での動作や行為―を研究されている細馬さん。
今回は作品が生まれるプロセスを支援員の方に直接お伺いしたり、実際の創作映像を見ながら、
様々な視点から「創作のはじまり」を一緒に考えていきましょう。

2014年2月22日(土)13:00~15:00
※当初13:30とお伝えしていましたが、30分繰り上げてのスタートとなります。ご了承ください。
紹介施設:滋賀県立近江学園、ステップあップ21、蛍の里、彦根学園、やまなみ工房

会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
参加費:各回とも入館料のみ

※紹介施設に変更がある場合があります。詳細はNO-MAホームページに随時掲載します。

細馬宏通さん プロフィール
1960年兵庫県西宮市生まれ。
滋賀県立大学教授。
日常会話における身体の動きを研究している。また、絵はがきや塔、ステレオ写真、パノラマ館、アニメーションなど、視覚文化史に関する著書が多い。著書に『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか』(新潮社)『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)『絵はがきの時代』『浅草十二階』(以上、青土社)『絵はがきのなかの彦根』(サンライズ出版)など。NO-MA、滋賀県立近代美術館、大阪成蹊大学などでアール・ブリュットに関するトークショー、講演、ワークショップに出演している。

申し込み・お問い合わせ
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
滋賀県近江八幡市永原町上16
TEL/FAX: 0748-36-5018
お問い合わせフォーム

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

Co-LAB #1,2,3

#1 2020年5月30日(土)~6月28日(日) #2 2020年7月4日(土)~8月2日(日) #3 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

本展「Co-LAB #1,2,3」は、2人展を3期に分けて開催する展覧会のシリーズです。Co(共に)とLAB(研究室)をかけた造語で、「こーらぼ」と読みます。
本シリーズでは、NO-MAをラボに見立て、会期ごとに「#1 Symbol(象徴)」、「#2 Drawing(描くこと)」、「#3 Image(像)」といった各ペアの表現に通底するテーマを設定しています。互いの作品の共通性と差異性を行ったり来たりしながら見ていただき、2人のアーティストの芸術性を相乗的に味わう展覧会シリーズです。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ