ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本

2014年3月1日(土)~23日(日)

揺るぎのない「私の中にしかない私だけの世界」を見る者に気付かせてくれるアール・ブリュットの作家たち。日常生活に密接したかたちで生まれるアール・ブリュットの作品。その魅力は、福祉、医療、美術といった分野の領域を超えて、今、大きな注目を集めています。今展では、開館10年目を迎えるボーダレス・アートミュージアムNO-MAを拠点に、近江八幡の町屋など約8会場にて、35作家、500作品を超える日本のアール・ブリュットの祭典を開催いたします。
また台湾の作品も特別出展し、日本そして台湾のアール・ブリュットを発信します。
【イベント情報など詳細は随時更新していきます。】

※3月15日16日は、近江八幡で「左義長まつり」が行われます。あわせてお楽しみください。詳細は近江八幡観光物産協会のHPへhttp://www.omi8.com/

  • →イベント
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16 [旧野間邸])、カネ吉別邸(為心町元)、旧吉田邸(多賀町758)、奥村邸(近江八幡市永原町8)、まちや倶楽部(仲屋町中21)、かわらミュージアム(多賀町738-2)、旧八幡郵便局(仲屋町中8)、尾賀商店(永原町中12)
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日
観覧料【全館共通パスポート】前売券700円、当日券1000円【一館チケット】300円 ※中学生以下、障害のある方と付添者1名無料

【出展作家】日比野克彦/澤田真一/林瑋萱/伊藤喜彦/今村花子/大江正章/小原久美子/金崎将司/鎌江一美/工藤みどり/河野咲子/古久保 憲満/佐藤朱美/魲 万里絵/武友義樹/富塚純光/中田勝信/似里 力/西澤彰/秦野良夫/藤野友衣/堀井正明/松本寛庸/三橋信勝/宮間 英次郎/横山篤志/吉田格也/吉田 真理子/渡辺孝雄/王彦成/黄啓禎/鄭鈴/陳立夫/王耀樟/林伊儷

チケット取り扱い

本展覧会では、8会場すべて観覧いただける全館共通パスポートをご用意しました。

■ 全館共通パスポート 前売券
金額:700円
発売期間:1月15日(水)~2月28日(金)
取り扱い場所 
・ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
・チケットぴあ電話予約 0570-02-9999 Pコード766-031
 チケットぴあインターネット http://pia.jp/t/(※PC・携帯電話共通)
 店頭販売は、チケットぴあ店舗/セブン-イレブン/サークルK/サンクス

■ 全館共通パスポート 当日券
金額:1000円
発売期間 3月1日(土)~3月23日(日)
取り扱い場所
・ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
・チケットぴあ
・旧八幡郵便局
・一般社団法人 近江八幡観光物産協会(白雲館)
・かわらミュージアム

■ 一館チケット(当日のみ販売)
金額:300円
発売期間 3月1日(土)~3月23日(日)
取り扱い場所
・ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
・旧八幡郵便局
・一般社団法人 近江八幡観光物産協会(白雲館)
・かわらミュージアム
(※かわらミュージアムを一館のみでご覧になる場合は、「一館チケット」+
「かわらミュージアム常設展チケット(300円)」をご購入ください。)

主催・お問い合せなど

【主催】
アール・ブリュット魅力発信推進事業実行委員会(構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、滋賀県、近江八幡市、近江八幡観光物産協会、NPO法人はれたりくもったり、アール・ブリュット・ネットワーク、滋賀県施設合同企画展実行委員会)

【協力】
近江八幡まちや倶楽部、尾賀商店、株式会社まっせ、株式会社カネ吉ヤマモトフーズ、まちづくり近江八幡(かわらミュージアム指定管理者)、酒游舘、滋賀県立大学人間文化学部生活デザイン学科佐々木一泰研究室、同志社大学政策学部大学院総合政策科学研究科井口研究室、特定非営利活動法人ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会、Collection de l’Art Brut、Halle Saint Pierre 、Raw Vision、NPO法人工房あかね、滋賀県立精神医療センター、(社福)大木会 もみじ・あざみ、(社福)かんな会 かんなの里、(社福)恵庭光風会 多機能型事業所 光と風の里 恵み野西、(社福)湖北会 湖北まこも、(社福)しがらき会 信楽青年寮、(社福)にじの会「にじアート」、(社福)みぬま福祉会 川口太陽の家 工房集、すずかけ絵画クラブ、(社福)やまなみ会 やまなみ工房、(社福)光林会るんびにい美術館、 NPO法人しみんふくし滋賀、八幡酒蔵工房

【特別協力】
株式会社 HIBINOSPECIAL、台灣身心障礙藝術發展協會-光之藝廊、台北市立大学・視覺藝術研究所蘇振明教授

【お問い合わせ】
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会事務局 (社会福祉法人 滋賀県社会福祉事業団 企画事業部)
TEL 0748-46-8100 FA X 0748-46-8228

関連イベント

オープニングレセプション

日時 3月1日(土)13:00~15:30
会場 酒游舘
入場 無料(要予約)

ゲスト 日比野克彦(アーティスト)
講演Ⅰ「NO-MAとの連携展をとおして~日本のアール・ブリュットの魅力を語る~」
サラ・ロンバルディ(アール・ブリュットコレクション館長)
講演Ⅱ「日本のアール・ブリュット」
はた よしこ(NO-MAアート・ディレクター)

講演会Ⅰ

日時 3月8日(土)13:00~15:00
会場 酒游舘
入場 無料(要予約)

講演Ⅰ「ヨーロッパのアール・ブリュット」
ローラン・ダンシャン(学芸員、Raw Vision特別顧問)

講演Ⅱ「新聞記者が見た<NO-MA>以後のアール・ブリュット」
岸桂子(毎日新聞学芸部記者)

講演会Ⅱ

日時 3月15日(土)13:30~16:00
会場 酒游舘
入場 無料(要予約)

「新しい美術館のかたち~アール・ブリュット作品を美術館があつかうこと~」
マルティーヌ・リュザルディ (アル・サン・ピエール美術館館長)
保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

ゲスト 黃榮村(台湾前文部大臣)
    陳學聖(現国会議員)
    陳翠華(社団法人台湾心身障害芸術発展協会理事長)

ゲスト 嘉田由紀子滋賀県知事

第3回 アール・ブリュット魅力発信事業 公開研究会

日時 3月12日(水)9:00~12:00
場所 アンドリュース記念館(近江八幡市為心町中31)
入場 無料(予約不要)

【研究員】アサダワタル(文筆家・音楽家)、近藤隆二郎(滋賀県立大学 教授)、末安民生(日本精神科看護技術協会 会長)、竹内厚(Re:S 編集者)、鳥井新平(近江兄弟社小学校 教諭)、早川弘志(社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房 主任支援員)、山口真有香(滋賀県立近代美術館 学芸員)

多様な主体との共働によるアール・ブリュット魅力発信事業

本事業は、アール・ブリュットの魅力を国内外に発信することを目的に、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAがアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会を設置し、NO-MAを拠点に近江八幡市の町屋など文化資源を活用した「日本のアール・ブリュット展」を開催するほか、大津パルコやアメニティーフォーラム18での展覧会を開催します。※詳細は随時NO-MA ホームページでお知らせします。

プレスリリースはこちらをご覧ください。
http://www.no-ma.jp/filearchives.html

NO-MA展覧会情報に戻る
館外展示・連携企画に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

2017年2月18日(土)– 3月20日(月・祝)

表現するという行為は、誰のものなのでしょうか?何かを表現するということは、限られた人に許された行為ではなく、無意識のうちに誰もが行っていることです。その人にとっては切実な習慣や愛着、ささやかなこだわりが、他の人にとって “表現” として発見されることもあります。また、ひとりでにはじまる表現もあれば、誰かの存在があるからこそできあがる表現もあるのです。わたしたちは自分以外のものと関係を結びながら日々生きていますが、表現においても、それは避けられない問題です。そして世界は、必ずしも人だけでできているわけではありません。この展覧会では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。
Does creative expression belong only to a select few? Creative expression is not an act limited to artists and special individuals but it is something we all do unconsciously.Sometimes, our earnest habits, emotional attachments, or trivial obsessions can become a “creative expression” when seen through the eyes of another. Moreover, some creative expressions are made spontaneously on their own while others are made possible through the presence of another person. In our daily lives we form relationships with others, and this is also inevitable when it comes to expressing ourselves creatively. And our world does not consist only of the relationships between human beings. Observing acts of expression by humans, animals, plants, and machines
working together, this exhibition explores the origin of expression and the forms of relationships involved.

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ