ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > 文部科学省におけるアール・ブリュット作品展「心がカタチをもつとき」が報道に取り上げられました。

Oct

03

文部科学省におけるアール・ブリュット作品展「心がカタチをもつとき」が報道に取り上げられました。

昨日開幕した、文部科学省におけるアール・ブリュット作品展
「~文部科学省におけるアール・ブリュット作品展~ 心がカタチをもつとき」のオープニングの模様が、報道でも取り上げられました。
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/700/169105.html

この展覧会では、日本を代表するアール・ブリュット作家17人の作品が展示されています。
報道では、展覧会の様子や、出展者である喜舍場盛也さん、勝部翔太さんの作品がクローズアップで紹介されました。

本展は東京・千代田区の旧文部省庁舎の3階にある「情報ひろば」で来月14日まで開催されています。
アール・ブリュット作品展に関心をお持ちの方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。

【作品展 概要】

1.会 期 : 平成25年10月2日(水)から11月14日(木)まで
2.場 所 : 文部科学省情報ひろば展示室文化コーナー[旧文部省庁舎3階](東京都千代田区霞が関3-2-2)
3.開館時間: 10:00~18:00
4.休館日 : 土曜日、日曜日、祝日
5.入場料 : 無料
6.主 催 : 文部科学省
7.協 力 : ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団)、社会福祉法人 愛成会

コメントは受け付けていません。