ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > 海外のアール・ブリュット美術館「アール・ブリュット コレクション」

Sep

10

海外のアール・ブリュット美術館「アール・ブリュット コレクション」

今日ご紹介する美術館は、スイス、ローザンヌにある「COLLECTION DE L’ART BRUT(アール・ブリュットコレクション)」です。
充実したコレクションはもちろんのこと、アール・ブリュットの歴史を語る上でも重要な施設です。

「アール・ブリュット」とは、加工されていない生(き)の芸術、伝統や流行、教育などに左右されず自身の内側から湧きあがる衝動のままに表現した芸術のことをさします。この概念を提唱したのが、フランスの画家ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet 1901-1985)です。
彼は早くから積極的にアール・ブリュット作品をコレクションしており、作品約5,000点をローザンヌ市に寄贈しました。これを受けて開館したのが「COLLECTION DE L’ART BRUT」です。
収蔵作品の中には、松本国三、戸来貴規、 舛次崇、辻勇二、坂上チユキなど日本人作家も含まれています。定期的に展示替えを行っており、行くたびに新しい発見ができる美術館です。

NO-MAは、アール・ブリュットコレクションとの連携事業を行い、2008年の「アール・ブリュット/交差する魂」では、
双方の作品を共通のテーマを基にコラボレーションさせるという新しい企画を行いました。人が人として存在する上で根源的に持っている「表現したい衝動」というものの在処を、洋の東西を超え人間の共通普遍的な力として、感じとっていただける画期的な展覧会となりました。


COLLECTION DE L’ART BRUTのHPはこちら





コメントは受け付けていません。