ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

地域交流事業「農ライフ農アート」展開催!【終了】

お知らせ一覧に戻る

「農ライフ農アート展」

【開催期間】2011年2月8日(火)~2月13日(日)
【開催時間】11:00~17:00
【展示会場】ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
〒523-0849 滋賀県近江八幡市永原町上16(旧野間邸)
【観覧料】無料

この一年、シードボール・シードペーパーづくりに始まり、かかしづくりや、農家の人に話を聞き探検する中で生まれたKIKIGAKIコラージュなど、「農」と「アート」をテーマに様々なアートプログラムを実施してきました。農ライフ農アート展はその集大成です。自然と人、生きることをアートによって昇華した農空間をぜひご体感ください。

【関連イベント】
ディスカッション
・地元学で読み解く農ライフ・農アート
井上政美(やさい工房INOUE)、河合嗣生(ランドスケープデザイン・アトリエ風)、清原久美子(ライター)
日時:2011年2月12日(土) 13:30~14:30
定員:20人 参加費:無料(要予約)

トーク
・地域交流とアーツ―「まちつかい」はいまどうですか?―
藤浩志(アーティスト)、小暮宣雄(京都橘大学教員)
日時:2011年2月12日(土) 14:45~16:00
定員:20人 参加費:無料(要予約)

ライブ
・近江ビビンバクラブ
日時:2011年2月12日(土) 16:30~17:30
定員:20人 参加費:無料(要予約)
紹介文:60年代・70年代のフォークソングに社会的メッセージをこめて人々の連帯
といのちの再生をよびかける役者キム・キガンととりいしん平のユニット。
今回 浅小井小唄を再生!!

カフェ
・まったり農カフェ~農とアート・くらしに思いを馳せ、あたたかくまったりとしたひととき
日時:2011年2月12日(土)・13日(日)
場所:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 2階

主催:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、((社福)滋賀県社会福祉事業団)
後援:近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:曳山とイ草の館、やさい工房INOUE、ランドスケープデザイン・アトリエ風
助成:日本財団

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

Co-LAB #1,2,3

#1 2020年5月30日(土)~6月28日(日) #2 2020年7月4日(土)~8月2日(日) #3 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

本展「Co-LAB #1,2,3」は、2人展を3期に分けて開催する展覧会のシリーズです。Co(共に)とLAB(研究室)をかけた造語で、「こーらぼ」と読みます。
本シリーズでは、NO-MAをラボに見立て、会期ごとに「#1 Symbol(象徴)」、「#2 Drawing(描くこと)」、「#3 Image(像)」といった各ペアの表現に通底するテーマを設定しています。互いの作品の共通性と差異性を行ったり来たりしながら見ていただき、2人のアーティストの芸術性を相乗的に味わう展覧会シリーズです。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ