ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

アーカイブ

  • HOME
  • > アーカイブ
  • > ボーダレス・エリア記者クラブ瓦版「以”身”伝しんぶん」

ボーダレス・エリア記者クラブ瓦版「以”身”伝しんぶん」

“以身伝しんぶん”は、展覧会「以“身”伝心 からだから、はじめてみる」の開催に併せて、NO-MAに集まったボランティアのサポーターを中心として結成されたボーダレス・エリア記者クラブが作る瓦版です。
ボーダレス・エリア記者クラブでは、普段はNO-MAに来館者として来たり、ボランティアとしてかかわっていただいている方が、自らの言葉で、NO-MAや近江八幡の魅力を中心に、美術・地域・福祉など垣根を超えたボーダレスな記事を書いています。
記事は、Instagramアカウントと瓦版に掲載していました。このページでは、瓦版のアーカイブを公開しています。

ご展覧会情報

第16回滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2019年11月30日(土)~2019年12月28日(土)
後期:2020年1月11日(土)~2020年2月9日(日)

滋賀県内の福祉施設と特別支援学校の職員、地域の造形教室の講師とNO-MAが展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
議論を重ねて構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。日々、生み出される作者の表現の「今」をご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ