ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

キュレーター公募企画展「アール・ブリュット 動く壁画」

2018年2月3日(土)~3月18日(日)

2万年前。旧石器時代の人々が描いた洞窟壁画は動いていました。真っ暗な洞窟の中、描かれた動物たちの絵は、獣脂の炎(描かれた動物たちを屠って得た炎=動物たちの魂)のゆらめきを得て、蘇り、再び生き生きと動き出したにちがいありません。少なくとも洞窟の壁を見上げる人々は、そこにもう一つの現実=動く画を幻視したことでしょう。そう、人類が最初に生み出した芸術とは、絵ではなく「映画」だったのです。
時代が変わって19世紀末、映像撮影技術が登場しました。この最新技術は、ただリアルに絵が動き出す驚きをもたらしただけでなく、肉眼では捉えられない世界の様相を可視化することに成功し、人間の目を超えて、正確無比に記録し、自由自在に空間と時間を摑まえるキャメラの目の存在を知らしめました。そしてキャメラは、人類が長い間忘れていた最も始源の芸術「映画」への懐かしい回帰をついに可能にしたのです。このように、動く画は原始的な人類の想像力の中心に存在しつつ、さらに人智を超える力としても存在してきました。
本展は「動く壁画」というテーマから、アール・ブリュットを捉えなおす試みです。4Kキャメラで超高精細に撮影された作品の映像により、新たなアール・ブリュットの作品を巡る視覚体験を生み出すとともに、作品そのものに内在する「動き」を発見することが本展の趣旨です。驚きの「動く壁画」、体感してください!【文 本展キュレーター:キャメラマン 辻 智彦】

  • →イベント
  • →作家・作品情報
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00~17:00
休館日月曜休館(祝祭日の場合は翌日休館)
観覧料一般300円(250円) 高大生250円(200円) 中学生以下無料 ※障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金 

■主催
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
(構成団体)
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW]―生きることが光になる―)、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人愛成会、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会

■後援
滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会

■協力
京都市ふしみ学園、就労継続支援B型事業所『BEINGビーイング』

■機材提供
株式会社JVCケンウッド Black Magic Design

■助成
平成29年度文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業

キュレーター公募企画展

NO‐MAでは、2004年の開館以来、障害の有無や表現のジャンルにとらわれず、「人の持つ普遍的な表現の力」を感じていただくことを目的に、様々なボーダー(境界)を越えていくことに主眼をおいた展覧会を企画・運営してきました。そして近年、アール・ブリュットをはじめとする障害者の芸術文化活動に関する世の中の関心は確実に高まってきています。このような状況を背景に、この分野の更なる振興を担う新たな人材の活躍の場として、キュレーター公募企画展を開催します。
共同制作するキュレーターには、キャメラマンの辻智彦さんをお迎えします。

関連イベント

オープニングトーク 「束芋と考える『動く壁画』アール・ブリュット meets キノグラース(映画眼)」

展覧会オープニングに併せ、映像インスタレーションで社会の諸相を独創的に描く現代美術のトップランナー・束芋と、本展キュレーターで、映像分野で活動する辻智彦によるトークを行います。「美術」と「映像」、両分野のスペシャリストによる分析で「動く壁画」の魅力を紐
解きます。

日 時:2018年2月3日(土)14:30-16:00
出 演:束芋(現代美術家)、辻智彦(本展キュレーター・キャメラマン)
会 場:酒游館(滋賀県近江八幡市仲屋町中6)
定 員:50名(要予約)
参加費:参加は無料ですが、本展の観覧券(半券)が必要です。

ワークショップ 「ルーペから見つめるアール・ブリュット」

ルーペ(虫眼鏡)を通して、アール・ブリュットの作品に、文字通り「ぐっ」と迫ります。作品を拡大して見つめなおすことで、細部に潜む「動き」を探ってみましょう。ファシリテーター:辻智彦(本展キュレーター・キャメラマン)

日 時:2018年3月3日(土)14:30-16:00
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定 員:12名(要予約)
参加費:参加は無料ですが、本展の観覧券(半券)が必要です。

出展者

岡崎莉望  Okazaki Marino

「誰でもない誰か」

木村全彦  Kimura Masahiko

「駈馬神事」

西田裕一  Nishida Yuichi

「炎舞」

甫  Yoshi

「踊る人間」

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

GIRLS 毎日を絵にした少女たち

2018年4月28日(土)~7月29日(日)

大正生まれのシスコ、澄子、ゑい。時を超えて描いた少女のときめき――
本展に出展する3人は、大正初期に生まれ、激動の時代を生きています。彼女たちは、不思議なことに皆、歳を重ねてから過去を追憶し、堰を切ったように大量の絵を描いています。3人の少女の眼を通して見つめられた大事な瞬間を伝える絵は、私たちに毎日がかけがえのないものであることを伝えてくれるでしょう。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ