ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報
  • > 第14回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

開催中の展覧会

第14回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2017年12月2日(土)~12月24日(日)
後期:2018年1月6日(土)~1月28日(日)

ここに、彼らの形があります。色があります。そして、この作品の向こう側には、彼らの呼吸があります。日々生まれる作品は、彼らの日常への入り口かもしれません。
ここに、私たちの眼差しがあります。言葉があります。この展示の向こう側には、彼らに寄り添う私たちの呼吸があります。彼らの日常には、支援者である私たちがいます。
滋賀県施設・学校合同企画展は、障害のある方に寄り添う私たち、滋賀県内24か所の福祉施設と2つの特別支援学校の職員、そして地域の造形教室の講師とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行うものです。彼らの織り成すing(現在進行形)の表現は、私たちを結びつけ、あなたの目に触れ、つながりの中で変化していきます。


◆出展施設
[前期]
あそしあ
アトリエひこうきぐも
湖北まこも
さつき作業所
しあわせ作業所
滋賀県立近江学園
滋賀県立八日市養護学校
障害者支援事業所いきいき
杉山寮
能登川作業所
放課後等デイサービス 第2ももスマイル
蛍の里

[後期]
伊香立の杜 木輝
おうみ作業所
救護施設 ひのたに園
さくらはうす
滋賀県立野洲養護学校
信楽青年寮
社会就労センター あおぞら
ステップあップ21
にっこり作業所
バンバン
彦根学園
ふくらの森
みどり園
やまなみ工房

◆協力施設
滋賀県立信楽学園

◆アドバイザー
中野裕介(美術家・パラモデル)

※五十音順・敬称略

  • →イベント
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00~17:00
休館日月曜休館(祝祭日の場合は翌日休館)、2017年12月25日(月)~2018年1月5日(金)
観覧料一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下・障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金

主催:第14回滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~)
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人しみんふくし滋賀
助成:障害者芸術文化活動普及支援事業(厚生労働省補助事業)

出展者

39名 ※順不同
[前期](17名)
奥田明 / 三橋真巳 / 総司令官 / 北村夏江 / 藤井愛友美 / 片岡茂樹 / 山口琢巳 / 植松遼 / 上林一生 / 坪田千鶴子 / 柿本健 / 中家尚起 / 平野義明 / 伊藤美恵 / 辻恵一 / 田中遥人 / 小林拓未
[後期](22名)
橋本洋一 / 中川友里 / 山中俊雄 / 勝見奈央 / 佐々木美穂 / 寺田裕美 / 安食拓真 / 藤井慧 / 山元勇希 / 大杉和夫 / 木野良和 / 大野杏奈 / 横山益樹 / 川村幸雄 / 榎並由希子 / 前田顕信 / 愛川正高 / 大西美知子 / 奥長茂子 / 中山達也 / 白井美早 / 吉田楓馬

関連イベント

「オープニングイベント」

【前期】日時:2017年12月2日(土)13:30~15:00
【後期】日時:2018年1月6日(土)13:30~15:00
会場:NO-MA
定員:20名(要予約)
参加費:観覧料のみ

展覧会の開催をお祝いするギャラリートークです。作者や支援者の声を聞き、思いに触れることで、作品に新たな表情が宿るかもしれません。

ing オープニングアトリエ「ごちゃまぜワークショップ」

日時:2018年1月21日(日)14:00~16:00
会場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中6)
定員:30名(要予約) ※ブースによって人数制限があります。
参加費:無料 ※本展観覧券(半券)が必要です。

作者や支援者と一緒に「つくる」「表現する」を体験しませんか。何ができるか分からない、何ができたか分からない、未知なる自分に出会いましょう。

視覚障害者との作品鑑賞「作品を手で見て、言葉にして、鑑賞する」

日時:2017年12月10日(日)13:00~16:00
会場:NO-MA、第3区自治会館(近江八幡市博労町元5)
定員:20名(要予約)
参加費:無料
講師:三浦弘子氏(滋賀県立陶芸の森専門学芸員)、光島貴之氏(美術家)

目が見えない人、見えにくい人と見える人が一緒に、言葉や触覚を通して作品鑑賞をしながら、作品の魅力を探します。

常設ワークショップ

日時:会期中の開館時間 
会場:NO-MA 
参加費:観覧料のみ

前期は出展者の田中遥人さん、後期は山中俊雄さんの制作を深く知れるようなワークショップが会場で体験できます。

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第14回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2017年12月2日(土)~12月24日(日)
後期:2018年1月6日(土)~1月28日(日)

滋賀県施設・学校合同企画展は、滋賀県内24か所の福祉施設と2つの特別支援学校の職員、そして地域の造形教室の講師とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行うものです。彼らの織り成すing(現在進行形)の表現は、私たちを結びつけ、あなたの目に触れ、つながりの中で変化していきます。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ