ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 10月5日「アーティストが語る障害者の芸術表現の魅力 ~アール・ブリュット、その源流を辿る~」

お知らせ

10月5日「アーティストが語る障害者の芸術表現の魅力 ~アール・ブリュット、その源流を辿る~」

お知らせ一覧に戻る

「アーティストが語る障害者の芸術表現の魅力
~アール・ブリュット、その源流を辿る~」

日本の障害者の優れた文化芸術の国際的評価を検証し発信する全国巡回プロジェクト
~見聞 2017 ジャパン×ナントプロジェクトの全貌~

「本プロジェクトは、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、平成29年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査として実施しています。」

日時:10月5日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:新東京會舘(〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1丁目34−6)

前回9月7日(木)に開催した、東京・中野「小室等×きたやまおさむ 二人のアーティストが語る 障害者の芸術表現の魅力~アール・ブリュット、その源流を辿る~」では大好評をいただきました。
前回のレポートはこちらから。

さて、シリーズ2回目となる今回は小室等さんと谷川賢作さんによる、うたとお話しをお届けします。

「2017ジャパン×ナントプロジェクト」の源流は、戦後間もなく糸賀一雄らが滋賀県に創設した近江学園の実践につながる。時を経て受け継がれるものはなにか?!こんなお話を交えながら、「2017ジャパン×ナントプロジェクト」で発表される、日本のアール・ブリュット「KOMOREBI」展の出展作品や舞台作品の魅力、そして障害者の芸術表現の魅力を、小室等、谷川賢作、二人のアーティストが語り、紐解きます。

チラシのPDF以下より
チラシPDF


うたとお話し 小室 等 × 谷川 賢作
(入場無料 定員100名;事前の申し込みが必要になります。)

■お申込先
特定非営利活動法人全国地域生活支援ネットワーク 全国巡回プロジェクト事務局[ 担当: 水流(つる)]
メールもしくはお電話にて、お名前、参加人数、ご連絡先を添えてお申込みください。
E-mail : tsuru-motohiko[ at ]nifty.com ※[ at ]を@に変更してください。
TEL: 080-1733-8060

■イベントに関するお問い合わせ
障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会 事務局
社会福祉法人グロー(GLOW) [担当: 西川]
E-mail : nishikawa-kenji[ at ]glow.or.jp  ※[ at ]を@に変更してください。
TEL. 0748-46-8100 FAX. 0748-46-8228

主催 : 特定非営利活動法人全国地域生活支援ネットワーク
共催 : 公益財団法人糸賀一雄記念財団/障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会

【2017 ジャパン× ナントプロジェクト】とは

http://nantes.art-brut.jp

このプロジェクトは、文化庁、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会、ナント市の文化施設「フランス国立現代芸術センター“リュー・ユニック”」、「ナント国際会議センター“シテ・デ・コングレ”」の主催の主催により日本の障害者の優れた文化芸術をナント市から世界に発信するプロジェクトです。
国内の42 名の作者が出展する、日本のアール・ブリュット「KOMOREBI」展や障害のある人による舞台芸術公演が行われます。公演の内容は、いわみ福祉会芸能クラブ(島根県) による石見神楽、瑞宝太鼓(長崎県)による和太鼓演奏、湖南ダンスワークショップ(滋賀県) のコンテンポラリーダンス、じゆう劇場(鳥取県) による演劇です。また、学術的なシンポジウムの開催、バリアフリー映画の上映など、過去にあまり例を見ない多彩な内容となっています。


お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第14回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2017年12月2日(土)~12月24日(日)
後期:2018年1月6日(土)~1月28日(日)

滋賀県施設・学校合同企画展は、滋賀県内24か所の福祉施設と2つの特別支援学校の職員、そして地域の造形教室の講師とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行うものです。彼らの織り成すing(現在進行形)の表現は、私たちを結びつけ、あなたの目に触れ、つながりの中で変化していきます。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ