ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

シガカラー3

2017年2月10日(金)~2月12日(日)

滋賀で暮らす7人の作者による企画展。2016年10月から県内の障害福祉施設、特別支援学校等の協力を得て、作品調査を実施しました。
4人の有識者による「評価委員会」を設置し、作品のもつ魅力を伝えるための展示方法についての検討を行ってきました。委員には、作品が生み出される場面を丁寧に観察し、作者やその関係者から制作に関する事柄を丹念に聞き取りながら今回の展示を構想していただきました。
そこには、「ひとの表現を大切に受け取る」という、人間にとってとても大切な姿勢が見て取れます。
作者に向けられた眼差しを現した展示空間と、そこにあるシガカラーをお楽しみください。

■出展者
植松 遼 Uematsu Ryo
大井 康弘 Oi Yasuhiro
古久保 憲満 Kokubo Norimitsu
里田 如 Satoda Yuki
田辺 慶大 Tanabe Yoshihiro
森田 郷士 Morita Satoshi
吉田 修三 Yoshida Shuzo

  • →作家・作品情報
会場びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海
開館時間10日(金)・11日(土)9:00~21:00、 12日(日)9:00~14:00
休館日なし
観覧料無料

■評価委員
井上 多枝子(NPO法人はれたりくもったり アートディレクター)
はた よしこ(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA アートディレクター)
三浦 弘子(滋賀県陶芸の森 専門学芸員)
渡辺亜由美(滋賀県立近代美術館 学芸員)

■主催
社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~

■協力
滋賀県立八日市養護学校
社会福祉法人とよさと 彦愛犬地域障害者生活支援センター ステップあップ21
社会福祉法人やまびこ福祉会 創作ヴィレッジ こるり村
社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房
社会福祉法人グロー(GLOW) 能登川作業所

■助成
障害者の芸術活動支援モデル事業(厚生労働省補助事業)

※期間中、同会場で「アメニティーフォーラム21」「アール・ブリュット国際フォーラム2017」企画展「ライフワークイズム」「アール・ブリュットネットワークフォーラム2017」が開催されます。

■アクセス
びわ湖大津プリンスホテル
〒520-8520滋賀県大津市におの浜4-7-7
TEL:077-521-1111 FAX:077-521-1110
・JR大津駅から無料シャトルバスで10分(会期中は臨時便あり)
・湖西線大津京駅からタクシーで15分
・JR大津駅からバスで12分。(なぎさ公園線・有料)タクシーで約10分
車をご利用の場合
・名神高速道路大津I.C.より3.7km(平常時で10分)
・京滋バイパス石山I.C.から422号経由で6.9km(平常時15分)

■お問い合わせ
社会福祉法人グロー【GLOW】法人本部企画事業部
TEL 0748-46-8100 FAX 0748-46-8228

出展者

植松 遼 Uematsu Ryo

「アリゲーター」2015年

1999 -  滋賀県在住

大井 康弘 Oi Yasuhiro

「女の子とパンツ」2016年

1982 -  滋賀県在住

古久保 憲満 Kokubo Norimitsu

無題 2016年
 (一部)

1995 -  滋賀県在住

里田 如 Satoda Yuki

作品タイトルなし 2014年

1996 -  滋賀県在住

田辺 慶大 Tanabe Yoshihiro

「いろんな兄弟ならべてみたよ」

1999 -  滋賀県在住

森田 郷士 Morita Satoshi

「点と線」2015年

1978 -  滋賀県在住

吉田 修三 Yoshida Shuzo

「にんげんのかお」2015年

1956 -  滋賀県在住

館外展示・連携企画に戻る

ご展覧会情報

惑星ノマ――PLANET NO-MA

2017年9月2日(土)~11月26日(日)

空飛ぶ車にロボット、宇宙旅行・・・かつて人々が空想した遥か先の未来は、ドローンやAI、VRといった形で着実に形になりつつあり、そう遠くない現実世界として私たちを迎えようとしています。しかし、実際の科学が生まれる前には、かならず誰かのエキセントリック且つロマンティックな閃きがあるはずです。本展では、火星に届くほどの空想科学的発想の跳躍力で、独自の航路に舵をとる、6名の表現者たちを紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ