ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > 2015年度 障害者の芸術活動支援モデル事業の報告書が完成しました!

May

19

2015年度 障害者の芸術活動支援モデル事業の報告書が完成しました!

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ |

昨年度取り組んできた「障害者の芸術活動支援モデル事業」の記録を、ギュッと凝縮した2冊の報告書が完成しました。

グローでは2014年度から厚生労働省の補助を受けて本事業を実施しています。
この事業は、全国7カ所で実施されています。障害のある人やその家族、障害のある人の造形活動を支援する人達を支える取り組みをモデル的に実施し、そのノウハウを全国に普及していくことを目的としています。

まず1冊目の「2015年度報告書 滋賀」は、2015年度にグローが滋賀で取り組んできた事業内容をまとめています。
 
 
 具体的には、昨年度から引き続いて障害者の造形活動に関する様々な相談を受ける障害者芸術活動支援センターの設置、著作権保護や美術活動支援に関する研修、作品調査・評価による展示、関係者のネットワークづくりを実施しました。今年度は、昨年度の取り組みに加えて、権利保護の研修や美術活動に関する研修をより拡充し、参加型展示会(滋賀県施設合同企画展)に参加する施設職員が作品展示に関するノウハウを学べるよう、実行委員会の体制を改良しました。関係各所とのネットワークづくりの構築にも力を入れて取り組みました。
 事業の実施を通して、これから滋賀で障害者の芸術活動をさらに活発にしていくための課題や成果をぎっしり詰め込んだ内容となっています。


もう一冊の「成果につながる取組事例集 障害者芸術活動支援センター 7つの実践から」です。
 

これは、全国7カ所の実施団体の事業実施概要をまとめ、地域(都道府県)の実情に応じて実施可能な障害者の芸術活動支援に関するノウハウを整理したものです。
本書は、今後モデル事業と同様の取り組みが全国に広がることを想定し、事業の担い手となる中間支援組織や自治体にとって参考にしやすい情報を整理することをねらいとして作成しました。


 本報告書は県内の福祉事業所や全国で障害者の芸術活動に取り組む団体等に配付していきます。
読まれた方はぜひ感想などをお知らせいただけたらと思います。

E-mail:artbrut_info★glow.or.jp ※★を@に変えてください

コメントは受け付けていません。