ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > AAN3オープニングイベント「レンズを通して見つめた“現場”の姿――精神科病棟で生まれるアール・ブリュットの記録――」

お知らせ

AAN3オープニングイベント「レンズを通して見つめた“現場”の姿――精神科病棟で生まれるアール・ブリュットの記録――」

お知らせ一覧に戻る

2月20日(土)「アール・ブリュット☆アート☆日本3」のオープニングにあわせて、写真家・映画監督の大西暢夫さんの講演会を開催します。

オープニング記念講演会
「レンズを通して見つめた“現場”の姿――精神科病棟で生まれるアール・ブリュットの記録――」

たくさんの福祉現場や、そこでの暮らしを写真に撮り続けてきた大西さんに、肌で感じた“現場”の姿や、アール・ブリュットの生まれる瞬間についてお話しいただきます。

講師:大西暢夫(写真家、映画監督)
日時:2016年2月20日(土)13:00-14:30
会場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中6)
定員:50名(要予約/参加費無料)

2014年8月にラジオ番組「Glow 生きることが光になる」にて、精神科病院にて大西さんの写真展の開催レポートが放送されました。
こちらもご覧ください。
★現地リポート 『精神科病院で写真展!? 患者、職員、写真家による新たな関係性』
http://www.no-ma.jp/?p=9255

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

Co-LAB #1,2,3

#1 2020年5月30日(土)~6月28日(日) #2 2020年7月4日(土)~8月2日(日) #3 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

本展「Co-LAB #1,2,3」は、2人展を3期に分けて開催する展覧会のシリーズです。Co(共に)とLAB(研究室)をかけた造語で、「こーらぼ」と読みます。
本シリーズでは、NO-MAをラボに見立て、会期ごとに「#1 Symbol(象徴)」、「#2 Drawing(描くこと)」、「#3 Image(像)」といった各ペアの表現に通底するテーマを設定しています。互いの作品の共通性と差異性を行ったり来たりしながら見ていただき、2人のアーティストの芸術性を相乗的に味わう展覧会シリーズです。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ