ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

シガカラー2

2016年2月20日(土)~3月21日(月・振休)

今展は、滋賀で暮らす5人の作者による企画展です。
本展覧会開催にあたり、2015年7月から県内の障害福祉施設、特別支援学校等の協力を得て作品調査を実施してきました。また、4人の委員による「評価委員会」を設置し、作品のもつ魅力を伝えるための展示方法についての検討も行いました。
委員のみなさんは、作品が生み出される場面を丁寧に観察し、作者やその関係者から政策に関する事柄を丹念に聞き取りながら今回の展示を構想しました。
そこには「人の表現を大切に受け取る」という人間にとって肝要な姿勢が見て取れます。作者に向けられた眼差しを現した展示空間と、そこにあるシガカラーをお楽しみください。

※本展は障害者の芸術活動支援モデル事業[厚生労働省]の一環で実施します。

  • →作家・作品情報
会場旧伴家住宅(滋賀県近江八幡市新町3丁目15)
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日(3/21は開館)
観覧料無料

■評価委員
井上 多枝子(NPO法人はれたりくもったり アートディレクター)
大西 暢夫(写真家・映画監督)
はた よしこ(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA アートディレクター)
三浦 弘子(滋賀県陶芸の森 専門学芸員)

■助成
障害者の芸術活動支援モデル事業(厚生労働省補助事業)

■協力
滋賀県立近江学園、滋賀県立甲良養護学校、滋賀県立三雲養護学校
(社福)おおつ福祉会 社会就労センターあおぞら
(社福)すぎやまの家 杉山寮

◇同時開催 「アール・ブリュット☆アート☆日本3」
 開催期間:2016年2月20日(土)~3月21日(月・振休)
 開館時間:10:00~17:00
 会場:ボーダレスアート・ミュージアムNO-MA+近郊4会場

◇3月12日(土)・13日(日)は会場周辺にて「左義長まつり」が開催されます。あわせてお楽しみください。
 ※当日は交通規制が行われます。詳細は近江八幡観光物産協会ホームページにてご確認ください。

出展者

北村 空雅 Kitamura Kuuga

「動物の形をした面白い壺」2014年

1999年生まれ 滋賀県在住

篠原 尚央 Shinohara Nao

無題 制作年不詳

1981年生まれ 滋賀県在住

西川 智之 Nishikawa Satoshi

「うさぎのりんご」2014年

1974年生まれ 滋賀県在住

羽賀 詢 Haga Jun

「十二支、マリオ、クッパ」2015年 

1997年生まれ 滋賀県在住

平野 義明 Hirano Yoshiaki

無題 制作年不詳

1957年生まれ 滋賀県在住

館外展示・連携企画に戻る

ご展覧会情報

ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび

2019年9月21日(土)~11月24日(日)

―会場から会場へと、町とアートを巡る本展は、私たちの中にある一様でない「知覚」を巡る旅でもあります。ゆるりと町を巡り、アートとつながる。あなたの五感は刺激され、思いもよらぬ出会いが訪れるかもしれません。
みなさま、よい「ちかくのたび」をお楽しみください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ