ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

第12回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2015年11月28日(土)~2016年1月11日(月・祝)
後期:2016年1月15日(金)~2016年2月14日(日)

今年12回目を迎える「滋賀県施設合同企画展」は、滋賀県内28か所の福祉施設と2つの特別支援学校、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行うものです。
障害のある人の日々の生活に寄り添う職員ならではの目線で、独自の世界観や表現を集めた本展は、40人の作者の作品を2期にわたりご紹介します。本展を通して、今この瞬間のing(進行形)の表現を感じてみてください。

■出展施設
[前期] あそしあ、伊香立の杜 木輝、さくらはうす、滋賀県立近江学園、滋賀県立三雲養護学校、信楽青年寮、社会就労センターあおぞら、社会福祉法人おうみ福祉会 おうみ作業所、社会福祉法人ノエル福祉会 ぽかぽか、バンバン、ふくらの森、蛍の里、やまなみ工房、わになろう

[後期] かいぜ寮、救護施設 ひのたに園、きらり庵、工房和楽、湖北まこも、しあわせ作業所、滋賀県立信楽学園、滋賀県立野洲養護学校美術クラブ、杉山寮、ステップあップ21、ステップ広場ガル、能登川作業所、びわこ学園医療福祉センター野洲、みどり園

■協力施設
にっこり作業所、彦根学園

■アドバイザー
アサダワタル(日常編集家)
中野裕介(美術家・パラモデル)

※五十音順・敬称略

  • →イベント
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00〜17:00
休館日月曜日(ただし、祝祭日は開館し、翌日休館)、12月28日(月)~1月4日(月)(年末年始のため)、1月12日(火)~14日(木)(展示替えのため)
観覧料一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下・障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金

主催:第12回滋賀県施設合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~)
後援(予定):滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:一般社団法人近江八幡観光物産協会、NPO法人しみんふくし滋賀
助成:障害者の芸術活動支援モデル事業(厚生労働省補助事業)

出展者

37名
[前期](16名)
鵜飼結一郎 / 小川秋夫 / 奥山有記 / 奥村嘉男 / 西湖茂彦 / 重田しのぶ / 篠原尚央 / 鈴木智晴 / 田所友香理 / 蔦恵子 / 二宮政裕 / 羽賀詢 / 服部徹 / 舟橋慶 / 本田杏菜 / 松居良泰
[後期](21名)
伊藤正清 / 大橋洋 / 金岩春男 / S・A / 北川喜代子 / 木村圭吾 / 楠舞子 / 佐藤詩織 / 武尾一夫 / 武友義樹 / 田中佑芽 / 谷本達哉 / 鳥本強志 / 西野拓巳 / 長谷川みのり / 平野義明 / 平原千恵 / 戸次公明 / 前河増蔵 / 松村一男 / 望月彩香

関連イベント

1.オープニングイベント

作者と一緒に展覧会の開催をお祝いしませんか?施設職員によるギャラリートークでは作者へのインタビューも交えながら作品の製作背景などをご紹介します。

【Part.1】日時:2015年11月28日(土)13:30~14:30
【Part.2】日時:2016年1月16日(土)14:30~15:30
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO‐MA
参加費:観覧料のみ
定 員:20名(要予約)

2.作品鑑賞プログラム「作品の魅力を発見するさまざまな視点」

細馬氏と一緒にお話しをしながら、本展を観て回ります。作品の魅力を紐解き、それらをみんなと共感し合うための様々な視点や手法を体験していただきます。

日 時:2015年12月19日(土)13:30~14:30
講 師:細馬宏通氏(人間行動学者・滋賀県立大学教授)
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO‐MA
定 員:20名(要予約)

3.講演「障害者の作品の魅力と可能性について」

美術家であり、障害のある人の作品公募展「ぴかっtoアート展」の審査員を務める今井氏と本展のアドバイザーを務める中野氏に、実行委員が聞き手となりお話を伺います。

日 時:2016年1月16日(土)13:00~14:15
講 師:今井祝雄氏(美術家・成安造形大学名誉教授)
    中野裕介氏(美術家・パラモデル)
会 場:奥村邸(NO-MAを出て右に約20m)
定 員:30名(要予約)

4.「ingスーパーリサイタル!!
   ~僕らの終わらないステージ。でも(内容は)気分によって変わります~」

本展には言葉や音楽で表現された作品があり、それらは作者の日常の中で生まれています。その言葉や演奏などを集めたステージを、出演はもちろん進行や演出も、障害のある人と施設職員らで一緒につくりあげます。

日 時:2016年2月13日(土)13:30~15:00(アフタートークあり)
会 場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中6)
参加費:無料
定 員:50名(要予約)

5.常設ワークショップ

会期最終日の「ingスーパーリサイタル!!」に向けて、展示会場に設置されたお立ち台や衣装を来場者でデコレーションします。

日 時:会期中の開館時間
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
参加費:観覧料のみ

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび

2019年9月21日(土)~11月24日(日)

―会場から会場へと、町とアートを巡る本展は、私たちの中にある一様でない「知覚」を巡る旅でもあります。ゆるりと町を巡り、アートとつながる。あなたの五感は刺激され、思いもよらぬ出会いが訪れるかもしれません。
みなさま、よい「ちかくのたび」をお楽しみください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ