ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 2017年フランス・ナント市における日本のアール・ブリュット展の開催記念 特別講演「甦るナント 文化による都市再生の軌跡」

お知らせ

2017年フランス・ナント市における日本のアール・ブリュット展の開催記念 特別講演「甦るナント 文化による都市再生の軌跡」

お知らせ一覧に戻る

文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業

アール・ブリュット国際フォーラム2016プレ企画
2017年フランス・ナント市における日本のアール・ブリュット展の開催記念講演会

2015年10月18日(日)14:00~ 参加費無料(要予約)
(逐次通訳あり)
会場:ヴォーリズ平和礼拝堂(近江八幡市市井町177ヴォーリズ学園 本館5階)
アクセス・地図

講師
ジャン・マルク・エロー(前ナント市長[現名誉市長])
平田オリザ(演出家・劇作家、東京藝術大学特任教授)


講演プログラム
14:00~ 平田オリザ氏「少数者が世界の見方を革新する」
15:00~ ジャン・マルク・エロー氏「甦るナント 文化による都市再生の軌跡」

ジャン・マルク・エロー氏は、文化を都市再生の柱に据え、荒廃したナント市をフランス国内で最も住みやすい都市へと甦らせた。
本講演では、エロー氏と劇作家・演出家の平田オリザ氏をお迎えし、社会に潜む市民創造力を輝かせることで、都市を甦らせた実践から、アール・ブリュットを軸とした創造的なまちづくりを学びます。

※ジャン・マルク・エロー氏は、2017年に開催されるフランス・ナント市と日本で開催する障害者の芸術文化交流事業(アール・ブリュット作品展、和太鼓や神楽などの伝統芸能、音楽、ダンス等のパフォーミングアーツの発表、国際研究フォーラム、バリアフリー映画祭)の顧問に就任しました。

お申し込みは、お電話、FAX、Emailにて受付いたします。参加いただく方のお名前、ご連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)、ご住所を下記までお知らせください。

【問い合わせ・予約】
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会事務局
社会福祉法人グロー(GLOW)法人本部企画事業部(滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837-2)
TEL 0748-46-8100 FAX 0748-46-8228
コチラのメールフォームからもご予約いただけます。
※いただきました個人情報は本イベントのチラシ郵送(9月中旬予定)、詳細などのご連絡に使用させていただきます。

チラシPDFのダウンロードはこちらから

 


ジャン・マルク・エロー氏とナント市


1989年、若干39歳にして、文化芸術、公共交通、都市緑化を公約に掲げナント市長に初当選したジャン・マルク・エローは、23年間の市長在任中、文化事業を核とした都市再生計画に果敢に取り組みました。伝統的な地域資源を活かしつつ、革新的な取り組みに挑戦する都市計画の中核には、あくまでも市民の「生活の質」を高めようとする確固たる方針が貫かれました。その結果、住民はまちへの誇りを取り戻し、若者たちはまちに惹きつけられ、ナント市は過去20年間(2013年時点)で人口が10万人増え、さらに2030年までに同程度の人口増加が見込まれています。
ナント市の成功は、文化で都市再生を果たした事例として注目を集めています。


撮影:青木司
平田オリザ氏
(劇作家・演出家、東京藝術大学特任教授)

1962年東京生まれ。劇作家・演出家、東京藝術大学特任教授。こまばアゴラ劇場芸術総監督、城崎国際アートセンター芸術監督、劇団「青年団」主宰。東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター客員教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐。
1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。2014年よりアンドロイド版『変身』(主演:イレーヌ・ジャコブ)を世界各国で上演。その戯曲はフランスを中心に世界各国語に翻訳・出版されている。2002年度以降中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子どもたちが教室で演劇を創作する体験を行っている。
ナント市について
フランスの西部、ロワール川河畔に位置し、フランス最大の造船業の街として繁栄していました。しかし、60年代以降、産業構造の変化によってまちは衰退の一途をたどります。1989年、若きエロー市長が誕生し「文化によってナントを再生する」と宣言。以降、市民の生活の質を主に文化によって高め、フランスで最も「住みやすい街」となっています。



象徴的な事業が、造船工場をテーマパークにラ・マシーン、ナント市中心部で大規模なスケールで行われる大道芸「ロワイヤル・デュクス」、滋賀県のびわ湖ホールでも開催されている「ラ・フォルジュルネ」、またかつてのビスケット工場を改築し、市民参加型で実験的な文化イベントを実施している文化施設「リュー・ユニーク」です。



 

主催:アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
【実行委員会構成団体】
・ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])
・滋賀県(総合政策部文化振興課/健康医療福祉部障害福祉課)
・近江八幡市・滋賀県立近代美術館・(一社)近江八幡観光物産協会・(社福)愛成会
・特定非営利活動法人はれたりくもったり・滋賀県施設合同企画展実行委員会


アール・ブリュット国際フォーラム
アール・ブリュットに関する国内外の有識者を招き、講演会等を開催します。
2016年2月5日(金)~7日(日)
会場:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海
詳細は決定次第ホームページ内に掲載いたします。

お知らせ一覧に戻る