ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > 「鳥の目から世界を見る」展の楽しみ方――吉田初三郎――

May

28

「鳥の目から世界を見る」展の楽しみ方――吉田初三郎――

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ |

「鳥の目から世界を見る」展の楽しみ方――吉田初三郎――

 現在開催中の「鳥の目から世界を見る」展ですが、テーマはずばり「鳥瞰図」です。
「鳥瞰図」、別名では「鳥目絵」。まさに、「鳥の目から世界を見た」ような、遥か上空の視点から世界を描いた絵のことです。

本展で展示している作家の一人、吉田初三郎は、日本の「鳥瞰図」の代表的な絵師として知られています。
初三郎は、大正から昭和にかけて活躍し、日本各地の観光パンフレットの挿絵などを描きました。


吉田初三郎の絵は当時の人々の鉄道旅行のガイドブックやお土産としても大変好まれたようです。そんな彼の作品ですが、細かいところを注意深く見てみると、実は不思議なものが描かれてあったりします。 
顔を近づけて、目を凝らしてみると…



見えてきましたか?
もう少し近寄ってみましょう。



海の向こうに、異国の土地の名前があるのにお気づきでしょうか?
もしかしたら、鳥になって空を飛んでも見えないだろう土地が、吉田初三郎の想像の世界では見えていたのかもしれません。
吉田初三郎作品には、まだまだ遊び心溢れる仕掛けがたくさんあります。
是非、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAで、ダイナミックだけど実は細密な「鳥瞰図」の世界を堪能しに来てください。

コメントは受け付けていません。