ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

【関連イベント】保坂健二朗「老いの力」(3月7日)

お知らせ一覧に戻る

「アール・ブリュット☆アート☆日本2」展の関連イベントを開催します。

講演会「老いの力」

講 師:保坂 健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
日 時:3月7日(土)13:00~14:30
会 場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中21)

本展のアーティスティック・アドバイザーである保坂健二朗氏の講演会を開催します。
タイトルは「老いの力」。高齢の方の表現に着目した講演です。

昨年秋に開催したNO-MA10周年企画展「快走老人録2」は、作家全員が65歳以上のおじいちゃんたちによる展覧会でした。


【快走老人録ポスター】

折元立身さんの介護をアートにした「ART-MAMA」シリーズや、自宅の畑にリアルなカカシを作りつづける小西節男さんなど、爆発的なエネルギーと笑いを誘う賑やかな作品は、近所の学生から作家と同年代のご年配の方々まで、多くの方を魅了しました。

本展でも、10メートルの巨大な絵画を鉛筆1本で描いた井上優さんや、まるで友達のように粘土と戯れる谷口ちよ子さんなど、60歳以上の作者が多くいます。その誰もが、パワフルで大胆な表現をされています。


【10メートルの作品の前に立つ井上さん】


【鉛筆1本でもくもくと描いていく】


【谷口ちよ子さんの作品 展示風景】

早くからご高齢の方の興味深い創作に注目されていた保坂さん。どんな内容になるのか、どうぞお楽しみに。




お知らせ一覧に戻る