ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本2

2015年2月21日(土)~3月22日(日)

日本のアール・ブリュットの多くは福祉の現場から発見されてきました。自分のこだわりに忠実に、そして切実に表現していく彼らの行為は、彼らの気持ちや考えを知る、言葉以外のもうひとつの方法でもあるのではないでしょうか。
私たちの予測を超え、意表を突く表現の数々は、見えない世界を顕在化させ、私たちの考えや意識を深く押し広げるきっかけを与えてくれます。アール・ブリュットの作り手たちによる表現行為は、まさに見える世界と見えない世界を行き来する彼らの冒険の軌跡と言えるかもしれません。
本展では、日本のアール・ブリュットとともに、ヨーロッパの著名なアール・ブリュット作家アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)の作品26点を特別展示いたします。ヴェルフリもまた、見える世界と見えない世界を縦横無尽に旅した作家です。彼はその旅を『揺籠から墓場まで』と題した2,500枚にも及ぶ架空の冒険物語として描き出しました。世の中が第一次大戦に向かう中、孤独の中に生きたヴェルフリの夢や欲望が投影されたこの壮大な冒険譚は、アール・ブリュットを提唱した画家ジャン・デュビュッフェをはじめ多くの人の心を捉えました。
今展では、長い年月を経てもなお、世界中の人々を魅了し続けるアドルフ・ヴェルフリの作品と数多くの日本のアール・ブリュット作品を、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを拠点に情緒あふれる界隈で展示し、滋賀、近江八幡から国内外へ向けてアール・ブリュットの魅力を発信いたします。

  • →イベント
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市永原町上16)+近郊6会場
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日
観覧料前売券700円(発売中)、当日券1,000円、1館チケット300円

【前売券発売中】
前売券700円
発売期間:2015年2月20日(金)まで
販売所
1)チケットぴあ 電話予約0570-02-9999(Pコード766-554)
インターネットhttp://pia.jp/t/、チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルKサンクス
2)ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 受付

全会場を観覧いただけるお得なチケットです。ご購入はお早めにどうぞ。

出展作家

アドルフ・ヴェルフリ / 井上優 / 岩城敏夫 / 岡元俊雄 / 狩俣明宏 / 川上敏郎 / 木代至子 / 倉田祐子 / 古久保憲満 / 齋藤勝利 / 芝田貴子 / 舛次崇 / 新屋喜生 / 杉本たまえ / 高岡源一郎 / 高橋信之 / 谷口ちよ子 / 中川正信 / 西本政敏 / 東恩納侑 / 藤田千香子 / 戸次公明 / 水村英喜 / 宮川佑理子 / 「アール・ブリュット作品全国公募」入選作家 他

多様な主体との共働によるアール・ブリュット魅力発信事業

本事業は、アール・ブリュットの魅力を国内外に発信することを目的に、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAがアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会を設置し、NO-MAを拠点に近江八幡市の町屋など文化資源を活用した「日本のアール・ブリュット展」を開催するほか、大津パルコやアメニティーフォーラム18での展覧会を開催します。※詳細は随時NO-MA ホームページでお知らせします。

関連イベント

オープニングレセプション

記念講演「なぜ人は絵を描かずにいられないのか―アンリ・ルソーとアドルフ・ヴェルフリの物語―(仮)」
日 時:2月21日(土)13:00~15:00
会 場:まちや倶楽部(近江八幡市仲屋町中21)
定 員:80名(要予約)
講 師:遠藤 望(世田谷美術館学芸員)

同時開催「NO-MAのちっちゃなお祭り」
美術家・小山田徹の作品『ちっちゃい火』を囲みながら、おしゃべりや飲食を楽しむ小さなお祭りを開催します。
講 師:小山田 徹(京都市立芸術大学教授)
時 間:14:00~21:00
会 場:八幡児童公園
定 員:なし(無料・予約不要)

講演「自閉症の人はなぜ電車が好きなのか―絵画作品を手がかりに―」

講 師:奥平 俊六(日本美術研究者、大阪大学教授)
日 時:2月28日(土)13:00~14:30
会 場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中21)
定 員:80名(要予約)

上映会&トーク「トークバック 沈黙を破る女たち」

演劇で声を取り戻していく“どん底”を生き抜いてきた女たちの物語。トークでは<表現を通して自分を伝える>ことについて皆で一緒に考えます。
映画「トークバック 沈黙を破る女たち」
トーク「表現を通して自分を語ること」
講 師:坂上 香(映画監督)
講 師:西川 勝(大阪大学コミュニケーションデザインセンター特任教授)
日 時:3月1日(日)映画上映13:00~15:00/トークセッション15:15~17:00
会 場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中21)
定 員:80名(要予約)

講演「老いの力」

講 師:保坂 健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
日 時:3月7日(土)13:00~14:30
会 場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中21)
定 員:80名(要予約)

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

2017年2月18日(土)– 3月20日(月・祝)

表現するという行為は、誰のものなのでしょうか?何かを表現するということは、限られた人に許された行為ではなく、無意識のうちに誰もが行っていることです。その人にとっては切実な習慣や愛着、ささやかなこだわりが、他の人にとって “表現” として発見されることもあります。また、ひとりでにはじまる表現もあれば、誰かの存在があるからこそできあがる表現もあるのです。わたしたちは自分以外のものと関係を結びながら日々生きていますが、表現においても、それは避けられない問題です。そして世界は、必ずしも人だけでできているわけではありません。この展覧会では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。
Does creative expression belong only to a select few? Creative expression is not an act limited to artists and special individuals but it is something we all do unconsciously.Sometimes, our earnest habits, emotional attachments, or trivial obsessions can become a “creative expression” when seen through the eyes of another. Moreover, some creative expressions are made spontaneously on their own while others are made possible through the presence of another person. In our daily lives we form relationships with others, and this is also inevitable when it comes to expressing ourselves creatively. And our world does not consist only of the relationships between human beings. Observing acts of expression by humans, animals, plants, and machines
working together, this exhibition explores the origin of expression and the forms of relationships involved.

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ