ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Aug

28

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」8月のゲスト毎日新聞論説委員野沢和弘さん、社会福祉法人グロー北岡賢剛理事長 「アール・ブリュットと日本の未来について語り合う」前編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
ラジオ番組「Glow生きることが光になる」は、おかげさまで本日の放送で、100回目を迎えます。
毎回、様々な分野の方をゲストにお迎えし、また制作の現場や展覧会場からの現地リポートを通して、障害のある人たちをはじめ、自身の内から湧き上がる衝動のままに表現した芸術「アール・ブリュット」について語り、人の営みの深さや広がりについて考えてまいりました。
リスナーの皆様の支えとアール・ブリュットに関心を持ってくださる皆様の応援は、大きな力となっています。これからも応援をよろしくお願いいたします。

今日は、毎日新聞論説委員の野沢和弘さんと社会福祉法人グローの北岡賢剛理事長に、アール・ブリュットに …

Aug

21

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」8月の現地リポート創作ビレッジこるり村 西村一幸さん制作の現場

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
今週は、アール・ブリュットが生まれる現場からのリポートです。


西村一幸さん 

西村一幸さんは、2015年2~3月に開催された、「シガカラー Shiga Color」展(近江八幡・旧伴家住宅)の出展者のお一人です。上の写真は、その時出展された作品の前での一枚。写真にも写っている、植物のようなイソギンチャクのような形が綺麗なグラデーションで色付けされたこの作品は、たくさんの人の目を引き付けました。このモチーフとなっているのは、ピラカンサ。
ピラカンサは生け垣などにも用いられる低木です。名前を聞いて、ぴんと来る方は少ないかもしれませんが、見たことがある人は多いと思います。

普 …

Aug

20

【作品調査風景】富田晃生さん

カテゴリー: ブログ | コメントは受け付けていません。
ボーダレス・アートミュージアムNO-MAでは、全国のアール・ブリュットの作者を訪問し、作品の調査も行っています。

先日、当館学芸員が京都にある天才アートミュージアムの新道アトリエに行って来ました。

天才アートミュージアムでは、表現・制作に興味関心・能力のある人たちが、伸び伸びと活動に打ち込める場を作っておられます。
詳しくは以下のURLからウェブサイトをご覧ください。

特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構
天才アートミュージアム
http://tensai-art.com/

廃校を利用したアトリエはどことなく懐かしい雰囲気。
今回、調査させてもらったのは、 …

Aug

19

NO-MA応援隊!近江八幡ボランティアガイドの島田さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ | コメントは受け付けていません。
NO-MAのある近江八幡には、近江八幡のことなら何でも知っている「ボランティアガイド」の皆さんがいらっしゃいます。

今回、NO-MAスタッフの研修として、このボランティアガイドをされており、NO-MAを昔から応援してくださっている島田さんに近江八幡をご案内いただきました。今年の3月に開催した「アール・ブリュット☆アート☆日本2」展では、島田さんをはじめボランティアガイドの方が、展覧会のボランティアスタッフとしても参加してくださいました。



ガイドをつとめてくださった島田さんと話に聞き入るNO-MAスタッフ


NO-MAがある近江八幡市は観光地でもあり、近江商人が築いた …

Aug

14

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」8月第2週 「ある現代美術科の創作原点とアール・ブリュット-パラモデル・中野裕介さんの場合-」後編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
先週に引き続き、現代美術ユニット「パラモデル」のメンバーであり、京都市立芸術大学の非常勤講師も務める中野裕介さんにお話を伺います。


中野裕介さん

前回の放送で、今年度、滋賀県施設合同企画展(通称:ing展)にも関わることをお話しくださいましたが、ing展の実行委員会に参加し、出展候補作品をご覧になった感想から、今週の話はスタートしました。
「いつも通り面白いなあ。これだけのものが出てくるんだなあ」とのこと。「いつも通り」というのは、アール・ブリュットや障害のある人が制作する作品に対する「いつも」です。また同委員会において、制作背景を聞く中で、支援員側のちょっとした関わり等で作 …

Aug

14

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」8月第1週 「ある現代美術科の創作原点とアール・ブリュット-パラモデル・中野裕介さんの場合-」前編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
2回にわたって、現代美術ユニット「パラモデル」のメンバーであり、京都市立芸術大学の非常勤講師も務める中野裕介さんをゲストにお招きします。中野さんは相方の林泰彦さんとともに「パラモデル」として、様々な手法を用いた美術作品を国内外の展覧会で発表してきました。中野さんが制作を続けるうえでずっと心の中に生き続けている、ある存在について、アール・ブリュットの可能性と絡めながらお話しいただきます。


中野裕介さん(左) アサダパーソナリティ(右)

 パラモデルの林さんと中野さんは年齢こそ違えど、大学の同級生。同じ町に住んでいたこともあり、一緒に帰宅したり、学祭でバンドをしたりと遊んだり活動し …

Aug

12

アイサ 作者の権利保護に関する研修会のご案内(9月、10月)

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ | コメントは受け付けていません。
今年度アイサでは、作者の権利保護に関する研修会を3回、美術活動に関する研修会を7回と計10回実施します!
すべてのラインナップをご覧いただきながら、自分(施設)に必要な内容の研修を選択して計画的に参加してもらえるように、8月中にチラシを完成させてご案内していきます。

今日は、いち早く、皆さんに9月、10月に実施する研修会のご案内をさせていただきます。
9,10月は権利保護に関する研修会を行います。
いずれも障害福祉サービス事業所の管理者、造形活動担当者などを対象に行うもので、各回とも定員30名、参加費無料、要予約です。※申し込み・お問合せは最後にあります。
会場等、一部調整中のと …

Aug

05

「鳥の目から世界を見る」展終了のご報告及び次回企画展の告知

カテゴリー: ブログ | コメントは受け付けていません。
去る8月2日(日)、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展「鳥の目から世界を見る」が終了いたしました。

本展には、たくさんの方々にご来館くださいました。
ありがとうございました。

さて、先日から、次回の企画展の情報が解禁されております。
当ホームページの上にある強烈なスライドを目にした方もおられるかもしれません。
2015年、二発目のNO-MA企画展。
タイトルは、「これ、すなわち生きものなり」。

出展作家14名による、「想像上の生きもの」をテーマにした展覧会です。
「想像上の生きもの」は過去から現代まで、人間の創造的な営みにおいて格好の対象とされてきました …