ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報

NO-MA展覧会情報

次の展覧会

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

2017年2月18日(土)– 3月20日(月・祝)

AKI INOMATA / 杉浦篤 Atsushi Sugiura / 銅金裕司 Yuji Dogane / 戸來貴規 Takanori Herai / やんツー yang02 / 吉本篤史 Atsushi Yoshimoto / トーマス・リバティニー Tomas Libertiny

詳細はこちら

これまでの展覧会

第13回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2016年12月3日(土)~2017年1月9日(月・祝)
後期:2017年1月13日(金)~2月12日(日)

詳細はこちら

これまでの展覧会

楽園の夢

2016年9月3日(土)~11月27日(日)

東 健次 Azuma Kenji
岩瀬 俊一 Iwase Shunichi
桜水 孝一 Sakuramizu Koichi
デイヴィッド・デュバル=スミス David Duval=Smith
松浦 萌 Matsuura Moe
山﨑 利幸 Yamazaki Toshiyuki

詳細はこちら

これまでの展覧会

NO-MAコレクション展Part1「世界を設計する人」

2016年4月29日(金・祝)~6月12日(日)

古久保憲満 / 三橋精樹 / 山崎健一 / 吉澤健

詳細はこちら

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本3

2016年2月20日(土)~3月21日(月・振休)

グギングの芸術家の家(オーストリア) 、メンタルケア美術館(スウェーデン)
五十嵐勝美 / 石野敬祐 / 泉巌 / 岩崎司 / 小幡正雄 / 小西節雄 / 魲万里絵 / 鈴村勇貴 / 曽祇一晃 / 橋脇健一 / 林田嶺一 / 藤岡祐機 / 松尾吉人 / 村田清司 / 山際正己

詳細はこちら

これまでの展覧会

第12回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2015年11月28日(土)~2016年1月11日(月・祝)
後期:2016年1月15日(金)~2016年2月14日(日)

詳細はこちら

これまでの展覧会

これ、すなわち生きものなり

前期:2015年9月12日(土)~10月18日(日)
後期:2015年10月22日(木)~11月23日(月・祝)

前期:飯塚政暁 / 木本博俊 / 古賀翔一 / 澤田真一 / 新野洋 / 谷平博 / 萩尾俊雄 / 沼祐一
後期:渥美圭亮 / 江本創 / 門山幸順 / 魲万里絵 / 濱脇忍 / 藤田雄

詳細はこちら

これまでの展覧会

鳥の目から世界を見る

2015年4月29日(水・祝)~8月2日(日)

香川定之 / 白石裕則 / 戸舎清志 / 山口晃 / 山田美智子 / 吉田初三郎

詳細はこちら

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本2

2015年2月21日(土)~3月22日(日)

アドルフ・ヴェルフリ / 井上優 / 岩城敏夫 / 岡元俊雄 / 狩俣明宏 / 川上敏郎 / 木代至子 / 倉田祐子 / 古久保憲満 / 齋藤勝利 / 芝田貴子 / 舛次崇 / 新屋喜生 / 杉本たまえ / 高岡源一郎 / 高橋信之 / 谷口ちよ子 / 中川正信 / 西本政敏 / 東恩納侑 / 藤田千香子 / 戸次公明 / 水村英喜 / 宮川佑理子 / 「アール・ブリュット作品全国公募」入選作家 他

詳細はこちら

1 / 71234567

ご展覧会情報

次の展覧会

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

2017年2月18日(土)– 3月20日(月・祝)

表現するという行為は、誰のものなのでしょうか?何かを表現するということは、限られた人に許された行為ではなく、無意識のうちに誰もが行っていることです。その人にとっては切実な習慣や愛着、ささやかなこだわりが、他の人にとって “表現” として発見されることもあります。また、ひとりでにはじまる表現もあれば、誰かの存在があるからこそできあがる表現もあるのです。わたしたちは自分以外のものと関係を結びながら日々生きていますが、表現においても、それは避けられない問題です。そして世界は、必ずしも人だけでできているわけではありません。この展覧会では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。
Does creative expression belong only to a select few? Creative expression is not an act limited to artists and special individuals but it is something we all do unconsciously.Sometimes, our earnest habits, emotional attachments, or trivial obsessions can become a “creative expression” when seen through the eyes of another. Moreover, some creative expressions are made spontaneously on their own while others are made possible through the presence of another person. In our daily lives we form relationships with others, and this is also inevitable when it comes to expressing ourselves creatively. And our world does not consist only of the relationships between human beings. Observing acts of expression by humans, animals, plants, and machines
working together, this exhibition explores the origin of expression and the forms of relationships involved.

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ