ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ミュージアムグッズ・書籍

展覧会図録

これ、すなわち生きものなり

価格(税込):1200円

重量:120g ページ数:カラー40P(表紙含む) サイズ:B5版 25.7×18.0cm

前期/後期と二期に分かれて展示した多様な生きものの表現を、一作家見開きページで紹介。寄稿:毛利伊知郎(三重県立美術館 館長)

鳥の目から世界を見る

価格(税込):1,200円

重量:100g ページ数:カラー24p サイズ:21×29.7×0.3cm

本展は、鳥瞰図の世界を、様々な形で表現している作家6名による展覧会。ディレクターによる企画趣旨や各作家の詳しい作品解説を全ページフルカラーでご覧いただけます。

アール・ブリュット☆アート☆日本2

価格(税込):1,000円

重量:140g ページ数:52P(表紙含む) サイズ:B5版25.7×18.0cm

「アール・ブリュット☆アート☆日本2」展のカタログ。アドルフ・ヴェルフリの図版とアール・ブリュット・コレクション館長サラ・ロンバルディの寄稿も収録。日本のアール・ブリュット作家の図版と紹介文、そしてアール・ブリュット作品全国公募入選者(本展展示作者のみ)の紹介文も収録。日×英バイリンガル仕様。

第11回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):500円

重量:90g ページ数:カラー34p サイズ:25.7×18.2×0.3cm

28名の作家の図版、紹介文を掲載。第1回から3回まで実行委員長を務めた井上多枝子(社会福祉法人グロー[GLOW]バンバン アトリエ担当)の寄稿も収録。

快走老人録Ⅱ-老ヒテマスマス過激ニナル-

価格(税込):1,000円

重量:100g ページ数:カラー28p サイズ:15×30×0.4cm

あっ!と驚くおじいちゃん達の展覧会。NO-MAの応援団、今井祝雄、吉田季平の寄稿も見どころです。寄稿者:今井祝雄、三上満良、吉田季平、山下里加(日英)

Timeless 感覚は時を越えて

価格(税込):1,200円

重量:95g ページ数:26p サイズ:16×26×0.4cm

今回のカタログは蛇腹状になっており、開く面によって出展作家の作品紹介と、担当学芸員による企画意図や展覧会開催にかけてのプロセス、作品解説をご覧いただけます。

アール・ブリュット☆アート☆日本

価格(税込):1,000円

重量:150g ページ数:カラー36p サイズ:29.7×21×0.4cm

日比野克彦と日本のアール・ブリュット作家28名、そして台湾のアール・ブリュット作家6名の図版と紹介文を掲載。日比野氏のインタビュー「アール・ブリュットという言霊」、サラ・ロンバルディ氏(アール・ブリュット・コレクション館長)、ジョン・メーゼル氏(雑誌RAW VISION編集長)、マルティーヌ・リュザルディ氏(パリ市立アル・サン・ピエール美術館館長)の寄稿も収録。日×英バイリンガル仕様。

第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):300円

重量:90g ページ数:カラー34p サイズ:25.7×18.2×0.3cm

2013年12月21日(土)~2014年2月23日(日)開催の「第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~」のカタログ。

カソケキ+チカラ

価格(税込):1,500円

重量:105g ページ数:カラー32p(全ページ観音開き) サイズ:29.7×22.0×0.4㎝

2013年8月24日(土)~12月15日(日)開催の展覧会「カソケキ+チカラ」のカタログ。日本語×英語のバイリンガル仕様。寄稿・作家紹介:田口ランディ、中井康之、岡山 拓、山 愛美、早川弘志、小林瑞恵、はたよしこ(順不同)

対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする

価格(税込):1,500円

重量:190g ページ数:カラー36p サイズ:25.9 x 21.2 x 0.4 cm

2013年4月27日(土)〜8月11日(日)に開催した「対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする」のカタログ。日本語と英語のバイリンガル仕様※ブックカバー付き

お問い合わせはこちら

2 / 512345

ご展覧会情報

以”身”伝心 からだから、はじめてみる

2018年9月22日(土)~11月25日(日)

本展に出展する8組の作者の表現や製作は、身体を巡る様々なテーマ――身体に滲む自己のルーツ、身体で感得する非言語的な感情、身体を駆使した更なる表現の可能性――について考えるきっかけを与えてくれます。ひたむきに身体やその感覚と向き合うことで生まれる作者の表現は、私たちに原初的な体験をもたらすのではないでしょうか。
なお、本展では、実際に手で触れたり、耳で聞くことで、身をもって味わうことのできる体感型作品も展示します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ