ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ミュージアムグッズ・書籍

展覧会図録

快走老人録Ⅱ-老ヒテマスマス過激ニナル-

価格(税込):1,000円

重量:100g ページ数:カラー28p サイズ:15×30×0.4cm

あっ!と驚くおじいちゃん達の展覧会。NO-MAの応援団、今井祝雄、吉田季平の寄稿も見どころです。寄稿者:今井祝雄、三上満良、吉田季平、山下里加(日英)

Timeless 感覚は時を越えて

価格(税込):1,200円

重量:95g ページ数:26p サイズ:16×26×0.4cm

今回のカタログは蛇腹状になっており、開く面によって出展作家の作品紹介と、担当学芸員による企画意図や展覧会開催にかけてのプロセス、作品解説をご覧いただけます。

アール・ブリュット☆アート☆日本

価格(税込):1,000円

重量:150g ページ数:カラー36p サイズ:29.7×21×0.4cm

日比野克彦と日本のアール・ブリュット作家28名、そして台湾のアール・ブリュット作家6名の図版と紹介文を掲載。日比野氏のインタビュー「アール・ブリュットという言霊」、サラ・ロンバルディ氏(アール・ブリュット・コレクション館長)、ジョン・メーゼル氏(雑誌RAW VISION編集長)、マルティーヌ・リュザルディ氏(パリ市立アル・サン・ピエール美術館館長)の寄稿も収録。日×英バイリンガル仕様。

第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):300円

重量:90g ページ数:カラー34p サイズ:25.7×18.2×0.3cm

2013年12月21日(土)~2014年2月23日(日)開催の「第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~」のカタログ。

カソケキ+チカラ

価格(税込):1,500円

重量:105g ページ数:カラー32p(全ページ観音開き) サイズ:29.7×22.0×0.4㎝

2013年8月24日(土)~12月15日(日)開催の展覧会「カソケキ+チカラ」のカタログ。日本語×英語のバイリンガル仕様。寄稿・作家紹介:田口ランディ、中井康之、岡山 拓、山 愛美、早川弘志、小林瑞恵、はたよしこ(順不同)

対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする

価格(税込):1,500円

重量:190g ページ数:カラー36p サイズ:25.9 x 21.2 x 0.4 cm

2013年4月27日(土)〜8月11日(日)に開催した「対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする」のカタログ。日本語と英語のバイリンガル仕様※ブックカバー付き

踊る細胞~田島征三とアール・ブリュットたち~

価格(税込):1,500円

重量:225g ページ数:カラー50p サイズ:29.7 x 21.0 x 0.5 cm

2013年2月1日(金)〜3月30日(土)に開催した「踊る細胞~田島征三とアール・ブリュットたち~」のカタログ。日本語と英語のバイリンガル仕様。

第9回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

価格(税込):300円

重量:100g ページ数:カラー20p サイズ:29.7 x 21.0 x 0.2 cm

2012年11月23日(金)~2013年1月20日(日)に開催した「第9回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~」のカタログ。

スーパー・ワールド・オン・ペーパー 古久保憲満と松本寛庸

価格(税込):1,000円

重量:190g ページ数:カラー24p サイズ:29.7 x 21.0 x 0.5 cm

2012年8月24日(金)〜11月11日(日)に開催した「スーパー・ワールド・オン・ペーパー 古久保憲満と松本寛庸」展のカタログ。日本語と英語のバイリンガル仕様※ブックカバー付き(ポスターにもなります)

ひそむ形 とけ出る色 滋賀のアール・ブリュットたち

価格(税込):1,400円

重量:290g ページ数:64p(図版ページカラー) サイズ:29.7 x 21.0 x 0.5 cm

2012年4月28日(土)~7月22日(日)に開催した「ひそむ形 とけ出る色 滋賀のアール・ブリュットたち」のカタログ。日本語と英語のバイリンガル仕様。

お問い合わせはこちら

2 / 512345

ご展覧会情報

大西暢夫写真展 ここは、わが町

2017年8月5日(土)~8月27日(日)

写真家・映画監督の大西暢夫は約20年にわたり、ダム建設と長い間向かい合ってきた全国の山里を巡り、そこに生きる人たちの住まいや暮らしぶりをカメラに収めてきました。また2011年の東日本大震災以降は、被災地である東北沿岸部を訪れ、その風景の撮影や、人々へのインタビューも続けています。
本展では、大西のライフワークともいえるこれらの仕事を集中的に紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ