ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Jun

15

タイでの作品調査の様子をご紹介します。

カテゴリー: お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
先日お伝えいたしました日タイの交流事業での、アール・ブリュットの作品調査の様子をご紹介します。
5/31~6/4の間、様々な方のご協力のおかげで、数人のアール・ブリュット作者への取材、または、障害のある人の造形活動を支援する現場を視察しました。
本日、ご紹介するのはタイでアートセラピストとして活動されている方のスタジオでの調査の様子です。

タイ国内の障害のある人や、虐待を受けた人、その他、様々な理由で生きづらさを感じる人に、アートを介して、心のケアを行うアート・セラピストのジュンポン・チナプラパート氏とヴォラプラダ・ヴォラタナンチャイ氏。
今回は、ヴォラプラダ氏のスタジオを訪問し、 …

Jun

13

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」6月第2週 「いのちについて考える 東近江市立山上小学校命の授業リポート」

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
東近江市立山上小学校(滋賀県)。永源寺地区にあるこの学校の校医は、この地区で「地域まるごとケア」に取り組んでいる永源寺診療所の花戸貴司医師。その人がその人らしく、最後まで住み慣れたところで暮らすこと、その人が望む最期を迎えられるようサポートすることを実践しているお医者さんです。山上小学校では、花戸先生による内科健診の後、学年ごとに「命の授業」の時間を設けています。今回はその様子をリポートします。


グループごとに整列して、先生のお話しに耳を傾ける

「命は何回リセットできると思いますか?」そんな花戸先生の投げかけから授業はスタートしました。この日は、5年生の命の授業でした。
5年 …

Jun

08

6/18(土)オープニングトーク「魲万里絵さんに聞く、紙の上の私の風景」【終了しました】

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, イベント情報 | コメントは受け付けていません。
6月18日(土)から始まります、NO-MAコレクション+新作展 Part2「魲万里絵 遠くて近い私の風景」。
開催初日に作者ご本人をお招きし、制作背景から作品にまつわる日常のエピソードまで幅広くお話しいただきます。
ぜひご参加ください。

オープニングトーク「魲万里絵さんに聞く、紙の上の私の風景」

ゲスト:魲万里絵
聞き手:田端一恵(社会福祉法人グロー[GLOW]法人本部企画事業部 総括)
日 時:6月18日(土)14:00-15:00
会 場:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:20名(要予約) 参加費:無料

ご予約は問い合わせフォームからお願いいたします。 …

Jun

08

日タイ交流事業が始まりました

カテゴリー: お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
本年度、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを運営する社会福祉法人グローは、タイとの交流事業を行います。
本事業は、国際交流基金アジアセンターの助成を受け、2016(平成28)年度 アジア・文化創造協働助成プログラムの枠組みで実施するものです。
具体的には、タイという国で「アール・ブリュット」を知ってもらうことを目的に、本年度を通して、タイでのアール・ブリュット作品調査や専門家交流を行うプロジェクトを企画しています。その一環として、5月31日(火)~6月3日(金)にかけて、タイに行ってきました。

写真は現地の協力団体であるレインボールームとの写真です。




レインボ …

Jun

03

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」6月第1週「美術の授業でアール・ブリュット 滋賀県立膳所高等学校リポート」

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
今週は滋賀県大津市にある滋賀県立膳所高等学校からのリポートです。滋賀有数の進学校として知られるこの高校では、2年生の美術の授業にアール・ブリュットを取り入れています。外部から様々な講師を招いて、多様な目線から語られるアール・ブリュットを知り、年間を通じて考えていくという全国でも例を見ない特色のあるこの授業をご紹介します。


美術Ⅱ授業の様子

取材に訪れたこの日は、今年度のアール・ブリュット授業2回目(年間14回あるそうです)で、NO-MAの横井学芸員が講師でした。取材させてもらったのは2年8組の美術の授業で、6人という少人数のアットホームな雰囲気の中、学芸員の目からみるアール・ …

Jun

01

6/4(土)にgraf代表服部滋樹さんの講演会を開催します!【終了しました】

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, イベント情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
【6月4日(土)にgraf代表服部滋樹さんの講演会を開催します!】

今週末、いよいよNO-MAコレクション展part1の関連イベント「アール・ブリュットとMUSUBU SHIGA」が開催されます!!
ご登壇いただく服部滋樹さんは、大阪を中心に活動するデザイン集団grafの代表を務められており、
家具やプロダクト、グラフックから食まで、生活空間を総合的にデザインする活動をされています。
また、滋賀の魅力を県外へ、世界へと発信するプロジェクト「MUSUBU SHIGA」では滋賀県のブランディングディレクターとして、デザイナーやアーティストとともに、様々な視点から取材をし発掘(リサーチ) …

May

30

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月第4週「続・滋賀ならではの‘美’ってなんですか?アートの視点から考える」伊熊泰子さん 後編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
今週も、新潮社『芸術新潮』編集者の伊熊泰子さんをゲストにお迎えしました。先週に引き続き、滋賀県固有の文化、美の力、そしてアール・ブリュットについて語っていただきます。


 伊熊泰子さん

伊熊さんがアール・ブリュットを知ったのは、大学生の頃だそうです(その時はアウトサイダーアートとして)。芸術新潮でもアール・ブリュットを20年前くらいに特集していて、定義をしなければならなかったが、日本のアール・ブリュットはまだまだ配慮をしなければならないことが多くフランスのものが中心だったそうです。現在でもアール・ブリュットを9割方の人は知らないのではないかと言います。福祉の人の専門用語的に流通し …

May

20

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月第3週「続・滋賀ならではの‘美’ってなんですか?アートの視点から考える」伊熊泰子さん 前編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
今週から2週にわたって、新潮社『芸術新潮』編集者の伊熊泰子さんをゲストにお迎えします。伊熊さんは中高と滋賀県大津市で過ごされて、大学進学を機に上京。そのあと、新潮社にて写真週刊誌「FOCUS」、月刊誌「芸術新潮」、月刊誌「旅」などの編集者としてご活躍されてきました。滋賀県とも縁が深いことから、数年前から滋賀県固有の文化、美の力、そしてアール・ブリュットにも関心を寄せています。そんな伊熊さんと「滋賀ならではの‘美’ってなに?」というテーマをアール・ブリュットも含む様々なアートシーンから語っていただきます。


 アサダパーソナリティ(左) 伊熊泰子さん(右)

伊熊さんが編集者を務める …

May

20

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAキュレーター公募2016(7月7日:情報追加)

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
平成28年度冬のNO-MA企画展のキュレーターの公募を開始します。

本公募は、アール・ブリュットをはじめとする障害者の芸術文化活動に関する世の中の関心が高まる状況を背景に、この分野の更なる振興を担う新たな人材に出会うためにアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会が実施するものです。

応募資格は国籍、年齢、性別、資格・経験の有無、個人・団体すべて不問です。

アール・ブリュットに魅力を感じ、自らの言葉でその魅力を語れる人材に出会えることを楽しみしています。

詳細な公募内容と応募用紙については以下からダウンロードしてご覧ください。

ボーダレス・アートミュージアムNO-M …

May

19

2015年度 障害者の芸術活動支援モデル事業の報告書が完成しました!

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ | コメントは受け付けていません。
昨年度取り組んできた「障害者の芸術活動支援モデル事業」の記録を、ギュッと凝縮した2冊の報告書が完成しました。

グローでは2014年度から厚生労働省の補助を受けて本事業を実施しています。
この事業は、全国7カ所で実施されています。障害のある人やその家族、障害のある人の造形活動を支援する人達を支える取り組みをモデル的に実施し、そのノウハウを全国に普及していくことを目的としています。

まず1冊目の「2015年度報告書 滋賀」は、2015年度にグローが滋賀で取り組んできた事業内容をまとめています。
 
 
 具体的には、昨年度から引き続いて障害者の造形活動に関する様々な相談を受 …