ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Feb

16

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA受付対応および関連業務のスタッフ募集

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを運営する社会福祉法人グローでは、ミュージアムでの来館者受付対応および関連業務のスタッフを募集します。詳細は以下をご覧いただき、ハローワークを通じてご応募ください。


【社会福祉法人グロー法人本部企画事業部の募集内容、仕事概要】
■ハローワーク求人番号:25040-01623271
■雇用形態:正社員以外
■就業形態:フルタイム
 ※別途、土日祝日勤務のパートタイム募集もあります。
  (詳細は求人番号:25040-01622871 )
■仕事の内容:
ミュージアムでの来館者受付対応および関連業務
・来館者の接客業務(主な業務)

Feb

16

2/18(土)オープニングトーク「生き物と表現をつくる」

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, お知らせ, イベント情報 | コメントは受け付けていません。
2月18日(土)より始まりますキュレーター公募企画展「大いなる日常」
http://www.no-ma.jp/the_great_ordinary
公募キュレーターの田中みゆき氏の企画による本展では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。

初日18日(土)には出展者と本展キュレーターの田中みゆき氏によるオープニングトークを開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

出演: AKI INOMATA、トーマス・リバティニー、銅金裕司(本展出展者)、田中みゆき(本展キュ …

Feb

03

シンポジウム「障害のある人の創作支援について」ご案内

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, イベント情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
来週2月10日(金)にびわ湖大津プリンスホテルにて、福祉事業所、特別支援学校、病院の関係者によるシンポジウム「障害のある人の創作支援について」を開催いたします。

アール・ブリュット インフォメーション&サポートセンター(略称アイサ)では、これまでに県内の福祉事業所、特別支援学校、病院の作業療法、地域の造形教室の現場を訪問して、活動状況を調査してきました。
その数は全部で77か所になります。

それぞれの分野によって、生産活動や余暇活動の支援、教育指導、治療という目的は異なります。ですが、障害のある人の創作現場に携わっているという共通点で、分野を横断して意見交換してみると何か気づくこ …

Feb

03

展示作品の紹介(第13回ing展)

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
第13回滋賀県施設合同企画展の出展作品をご紹介します。

みなさんは「ビーズ粘土」をご存知ですか?
極小の発砲ビーズと糊粘土が混合されたものです。

11色のカラフルなビーズ粘土を混ぜ合わせると、色同士が溶けあっていき、落ち着いた色を生み出していきます。

彼女が作ったのは、お地蔵さんと一休さん。
混色し、石仏を思わせる色味と原色のまま重ね合わせた色合い。
絶妙なバランスこそが彼女の感性です。



「お地蔵さん」「一休さん」周防美希

作品は、彼女がこだわった正面を向けてあります。
ですが、どの方向からも見ていただけるように工夫された展示となりました。
展覧 …

Jan

27

展示作品の紹介(第13回ing展)

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
第13回滋賀県施設合同企画展の出展作品をご紹介します。

みなさんパソコンを使われていると思います。
文章を書くときに何気なく使っているフォント。
明朝体だったりゴシック体だったり。

でも、自分が使用したいフォントが入っていなかったら、どうしますか?
彼が使いたかったのは、高速道路の看板に使用されているフォントなのです。
そこで彼は、エクセルの図形でそれをつくることにしました。


「高速道路フォント」鈴村恵太

エクセル?図形?
制作の経緯や方法、そしてその出来上がりを見て驚きました。

彼の思いがつまったフォントと、作品の魅力や制作意図をくみ取り考えられた …

Jan

01

新年、明けましておめでとうございます。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報, お知らせ, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
皆様

新年、明けましておめでとうございます。
皆様それぞれの新しい一日をお迎えのことと存じます。

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAは、1月5日(木)11:00より開館いたします。
今年もたくさんの方々と出会えますことを楽しみに、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

NO-MAでは、以下の展覧会を開催いたします。

「第13回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」
2017年2月12日(日)まで
※1月10日(火)、11日(水)は展示替えのため休館です。

「キュレーター公募企画展 大いなる日常」 
2017年2月18日(土 …

Dec

31

本年もNO-MAを応援いただきありがとうございました。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報, お知らせ, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
皆様

早いもので、2016年最後の1日となりました。
2016年も滋賀・近江八幡のNO-MAから、表現の魅力を発信してまいります。
2017年は、1月6日(金)から開館いたします。
また来年も、皆様と当館でお会いできますことを心から楽しみにいたしております。

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA …

Dec

29

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを運営する、社会福祉法人グロー(GLOW)職員採用試験にかかる採用説明会について

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
平成29年度採用、社会福祉法人グロー(GLOW)職員採用試験を行います。ボーダレス・アートミュージアムNO-MAの運営等を担当している企画事業部で障害のある人の芸術作品及び表現活動に関する業務を担当する職員を募集します。
試験に先立ち、採用説明会を滋賀と東京の2会場で行います。

※社会福祉法人グロー(GLOW)は、滋賀県社会福祉事業団とオープンスペースれがーとがひとつになり平成26年4月に誕生しました。


≪採用試験≫

【滋賀会場】
平成29年2月20日(月)10:00~ (午前:筆記、午後:面接)
場所:後日指定

【東京会場】
平成29年2月23日(木)10 …

Dec

28

年末年始休館のご案内

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報, お知らせ, ブログ, NO-MAの日常 | コメントは受け付けていません。
皆様

本年は皆様の御愛顧を賜り、ありがとうございました。
NO-MAは本日をもちまして、今年の開館を終了いたしました。

年末年始休館
2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)

2017年も、皆さまのお越しをお待ちしております。


ボーダレス・アートミュージアムNO-MA …

Dec

22

アール・ブリュット国際フォーラム2017等のご案内



2月11日(土・祝)はプログラム(特別報告5 フランス・ナント)が増えたことにより、タイムスケジュールを変更しています。(赤字部分)ご来場を予定されている方はご注意ください。(2017年1月4日更新)

2017年2月10日(金)~12日(日)
会場:びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海
※予約の必要はありません。
《チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから(1月12日更新)》

《プレスリリース(PDF)のダウンロードはこちらから(1月23日更新)》

【お問い合わせ】
社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~ 法人本部企画事業部

ご展覧会情報

次の展覧会

キュレーター公募企画展「大いなる日常」

2017年2月18日(土)– 3月20日(月・祝)

表現するという行為は、誰のものなのでしょうか?何かを表現するということは、限られた人に許された行為ではなく、無意識のうちに誰もが行っていることです。その人にとっては切実な習慣や愛着、ささやかなこだわりが、他の人にとって “表現” として発見されることもあります。また、ひとりでにはじまる表現もあれば、誰かの存在があるからこそできあがる表現もあるのです。わたしたちは自分以外のものと関係を結びながら日々生きていますが、表現においても、それは避けられない問題です。そして世界は、必ずしも人だけでできているわけではありません。この展覧会では、人や動物、植物、機械など、性質の異なる主体の恊働によるさまざまな表現を通して、表現のはじまりやそこにある他者との関係性のかたちを改めて見つめます。
Does creative expression belong only to a select few? Creative expression is not an act limited to artists and special individuals but it is something we all do unconsciously.Sometimes, our earnest habits, emotional attachments, or trivial obsessions can become a “creative expression” when seen through the eyes of another. Moreover, some creative expressions are made spontaneously on their own while others are made possible through the presence of another person. In our daily lives we form relationships with others, and this is also inevitable when it comes to expressing ourselves creatively. And our world does not consist only of the relationships between human beings. Observing acts of expression by humans, animals, plants, and machines
working together, this exhibition explores the origin of expression and the forms of relationships involved.

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ