ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ)

Jun

03

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のスタジオトーク 『アール・ブリュットが生まれる瞬間に立ち会う 福祉職員の立場から(田端一恵』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
5月最終のGlow~生きることが光になる~は、このラジオ番組でも現場リポーターを務める社会福祉法人グロー(NO-MAの運営法人)の田端一恵がスタジオトークに参加。
岩手県の施設で暮らす作家 戸來貴規さんの日常に寄り添ってきた施設職員当時のエピソード、自分がアール・ブリュットとの出会いによって変わってきたことなど、福祉施設の職員だからこそ立ち会えるアール・ブリュットが生まれる現場の話を展開しました。



放送をお聴き逃しの方、カバーされていないエリアにお住いの方も是非Podcastからお聴きください。
(音声は、放送後の翌週月曜日に更新されます。※祝日の場合は火曜日)

次週は …

May

23

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」5月の現地リポート『細馬宏通さんと訪ねるアール・ブリュットが生まれる現場その2(古久保憲満さん編)』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
5月の現地リポートは、細馬宏通さんと一緒にアール・ブリュットが生まれる現場をご紹介します。2回目の今回は、国内外の展覧会で注目を集める日本のアール・ブリュット作家のお一人、古久保憲満さんの制作現場からのリポートです。古久保さんはご自宅で創作を続けておられます。今回はご自宅を訪ね、ご本人に制作の背景等を伺いました。

古久保さんの作品は、NO-MAが3月に開催した「アール・ブリュット☆アート☆日本」展にも出展されました。


3つのパノラマパーク 360度パノラマの世界
「観覧者、リニアモーターカー、ビル群、昔現末、鉄道ブリッジ、郊外の街、先住民天然資源のある開発中の町」

その …

May

16

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月の現地リポート 『細馬宏通さんと訪ねるアール・ブリュットが生まれる現場その1(やまなみ工房編)』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
5月の現地リポートは、細馬宏通さんと一緒にアール・ブリュットが生まれる現場をご紹介します。
今回は甲賀市で造形活動に取り組む福祉施設「やまなみ工房」を訪ね、そこで創作に励むたくさんの作者さんの中から3人の方をピックアップします。


ご案内いただいた早川弘志主任支援員

竹中佳克さん

竹中さんの制作スペース


竹中さんが描く建物


「ルパン三世」の次元大介のマグナムをモデルに
作ったという拳銃の造形物

吉川秀昭さん



目目鼻口の陶作品

井上優さん



取材当日に完成した作品
(2組の男性と女性を描いたとのこと)


May

09

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のゲスト細馬宏通氏 『発見! コミュニケーションの回路としてのアール・ブリュット』第2回

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。


トークゲストは今週も引き続き、滋賀県立大学教授/動物行動学者の
細馬宏通さんです。
    

戸來貴規さんの作品について取り上げ、美術作品という結果を生み出す身体的な行為をどう捉えるかという切り口から話は始まりました。
ご自身の近著『うたのしくみ』『今日の「あまちゃん」から』『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか』の三冊すべてに共通するのはアニメ、ドラマの台本、うたに、身体が介在するからこそ起こるコミュニケーションとのことで、その観点から見るアール・ブリュット作品について語られました。

放送内容は、Podcastからもお聴きいただけます。
(音声は、放送後の翌週月曜日に更新 …

May

02

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 5月のゲスト細馬宏通氏 『発見! コミュニケーションの回路としてのアール・ブリュット』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), ブログ | コメントは受け付けていません。


5月のゲストは、滋賀県立大学教授/動物行動学者の細馬宏通さんです。



今月のゲスト細馬宏通さんは、アール・ブリュット作品が生まれる現場をつぶさに観察することを通じて、私たちがアール・ブリュットを楽しむための新たな気づきを与えてくれます。細馬さんとともにミステリアスな制作プロセスを追求してみます。

放送内容は、Podcastからお聴きいただけます。
(音声は、今回のみ水曜日(7日)の更新になります。)

次週も引き続き、細馬宏通さんにお話しいただきます。次回は、5月9日(金)21:30~21:55 KBS京都ラジオです。

Apr

25

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 4月の現地リポート 展覧会『アール・ブリュット☆アート☆日本』の会場から(2回目)

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
今回もボーダレス・アートミュージアムNO-MAとその界隈の町屋で3月に開催された展覧会「アール・ブリュット☆アート☆日本」を取材します。
はたよしこアートディレクターによる古久保憲満さん、魲万里絵さんの作品解説や展覧会場をお貸しくださった、まちや倶楽部代表の宮村勲さん、ボランティアスタッフの巽弓枝さんのお話しを通して展覧会の魅力に迫ります。


まちや倶楽部代表の宮村勲さん


ボランティアスタッフの巽弓枝さんとお子様の朱里ちゃん




はたディレクターが解説した古久保憲満さんの作品
※「アール・ブリュット☆アート☆日本」展示風景

放送内容は、Podcastか …

Apr

18

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 4月の現地リポート 展覧会『アール・ブリュット☆アート☆日本』の会場から

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
4月18日、25日の2回は現地リポートです。
今回はボーダレス・アートミュージアムNO-MAとその界隈の町屋で3月に開催された展覧会「アール・ブリュット☆アート☆日本」を取材します。
担当学芸員の企画紹介から、はたよしこアートディレクターによる作品解説、そして運営に参加されているボランティアスタッフさんの声を通じて、作品の魅力や見所をご紹介します。


展覧会の概要を説明するNO-MAの藁戸学芸員と
現地リポーターの田端(社会福祉法人グロー)


ボランティアスタッフの久木茂さんのインタビューの様子




はたディレクターが解説していた澤田真一さんの作品
※「ア …

Apr

10

4月4日に放送スタートしたラジオ番組「Glow 生きることが光になる」の音声が公開されました。

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), ブログ | コメントは受け付けていません。
4月4日にスタートしたラジオ番組「Glow 生きることが光になる」で放送された『アール・ブリュットを訪ね歩く ボーダーを超える実践的取り組み』(ゲスト:はたよしこNO-MAアートディレクター)の収録音声が公開されました。

音声は、下記URL内の下部にある「Podcast」からお聞きいただけます。
http://www.no-ma.jp/?p=8140

なお、音声は、今後放送後の翌週月曜日に更新されます。※祝日の場合は火曜日
ぜひ、ご拝聴ください。 …

Apr

04

ラジオ番組「Glow 生きることが光になる」 いよいよスタート 4月のゲストはたよしこNO-MAアートディレクター『アール・ブリュットを訪ね歩く ボーダーを超える実践的取り組み』

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
4月4日(金)、「Glow 生きることが光になる」がスタートしました。



4月のゲストは、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAの
はたよしこアートディレクターです。



1991年、兵庫県西宮市のすずかけ作業所に、押しかけボランティアとし絵画クラブを開き、これまで全国の様々な
アール・ブリュット作品が生まれる現場を訪ね歩いてきたはたディレクター。
今回はアール・ブリュットとの出会いやNO-MAでの企画展の話を中心にトークが展開されました。

放送内容は、こちらのPodcastからお聴きいただけます。
(音声は、放送後の翌週月曜日に更新されます。※祝日の場合 …

Apr

01

【ラジオ番組始まります】

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | コメントは受け付けていません。
4月から、アール・ブリュットをきっかけに人の営みを考えるラジオ番組が始まります。
番組名は「Glow~生きることが光になる~」。KBS京都ラジオで毎週金曜21:30~21:55に放送されます。
パーソナリティーはアサダワタル(文筆家・音楽家)さん。そしてアール・ブリュットにまつわる現地からのリポートを社会福祉法人グローの田端一恵が担当します。
(※NO-MAを運営していた社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団は、社会福祉法人オープンスペースれがーとと合併し、4月から社会福祉法人グローになりました)

4月はゲストにNO-MAのはたよしこアートディレクターを迎え、NO-MAの企画展の話や、は …