ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Aug

14

第11回滋賀県施設合同企画展  作品撮影を行いました 

カテゴリー: NO-MA ニュース, その他の展覧会情報, ブログ, 展覧会 | コメントは受け付けていません。
ボーダレス・アートミュージアムNO-MAは開館以来、滋賀県施設合同企画展を開催しています。
今年は、第11回を迎えます。
この展覧会では、滋賀県内を中心とした障害者施設の施設職員とNO-MAで実行委員会を構成し、展覧会をつくりあげていきます。今年も魅力的な作品が集まり、先日は作品の写真撮影を行いました。


(カメラマンの大西暢夫さんに撮影していただきました)

月1回の実行委員会に、実行委員は施設での勤務後、あるいはお休みのところ参加しています。
作者や作品の一つひとつの魅力を引き出せる展覧会にしていくために、実行委員会で考えている最中です。
随時、展覧会情報をお知らせいた …

Jul

20

【貸し館】 現代高僧・名僧直筆大墨蹟展 『心に響くことば』特別展示会≪終了しました≫

カテゴリー: お知らせ, その他の展覧会情報, イベント情報 | コメントは受け付けていません。
7月30日(水)~8月3日(日)の展覧会のご案内です。
いつもと違うNO-MAをどうぞお楽しみください。

「現代高僧・名僧直筆大墨蹟展 『心に響くことば』特別展示会」
会期:2014年7月30日(水)~8月3日(日)
時間:10:00~17:00(最終日は15時まで)
観覧料:無料
主催:NPO法人夢・同人
後援:近江八幡市社会福祉協議会、びわ湖放送、ZTV(申請中含む)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAにて、現代高僧・名僧直筆大墨蹟展 『心に響くことば』特別展示会が開催されます。
全国有名寺院の高僧・名僧の方々が障害者社会福祉の向上を願って揮毫され …

Jun

21

第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, その他の展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
鳥取県では7月12日(土)より、「第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会 あいサポートとっとりフェスタ」が始まります。
また、「あいサポートとっとりフェスタ」ではアールブリュット作品を一堂に展示する「そこにある美術 アール・ブリュット」展が9月6日(土)より約3か月間、鳥取県内3か所で巡回展示を行います。
鳥取県内外32名の作品が出展され、数多くの作品たちに出会える展覧会になります。

先日、「そこにある美術 アール・ブリュット」展に出展される作品の準備作業のお手伝いに行きました。
写真は準備風景です。


1点1点、丁寧に採寸され、どういった素材が使われているのか、作品 …

Apr

03

【貸館】「性と死」メケムク作品展《終了しました》

カテゴリー: お知らせ, その他の展覧会情報, イベント情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
今年度の最初は貸館展示となります。
岐阜県出身のメケムク(1989~)の初個展が、4月15日(火)からNO-MAで開催されます。

タイトル:「性と死」メケムク作品展
会期:2014年4月15日(火)~20日(日) 10:00~17:00(最終日は15:00まで)
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 1階ギャラリー
入館無料
主催:メケムク


「星受精」(2010年)

メケムク(1989年生まれ/岐阜県出身)が、大学在学中から描きためてきたペン画と色鉛筆画の作品展を開催。
自身の最も関心のある「性と死」というテーマで描いてきた抽象画は、観る人によっては …

Sep

14

みずのき美術館 北山善夫「生きるための主題」展

カテゴリー: その他の展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
京都府亀岡市にあるみずのき美術館。
こちらもアール・ブリュット作品の紹介を基本とした美術館です。
本日より、北山善夫「生きるための主題」展が開催されています。

北山さんは亀岡市在住。みずのき美術館は2012年10月に開館し、今回の展覧会はその1周年記念にあたります。

会期 2013年9月14日(土)〜11月3日(日)
日時 10:00~18:00
休館日 月・火(但し、祝日の場合は開館)
料金 一般400円/高大生200円/中学生以下無料
主催 みずのき美術館 
企画協力 森 司

詳細はみずのき美術館ホームページをご覧ください。 …

Sep

02

「わた死としてのキノコ」 今村 源(カソケキ+チカラ出展作家)

カテゴリー: その他の展覧会情報, ブログ | コメントは受け付けていません。
現在、NO-MAの階段から2階にかけての空間をすり抜けるように、針金の「菌糸」が張り巡らされています。
その先にあるのは、「キノコ」。
「カソケキ+チカラ」展が開幕して一週間が経ちますが、階段を上る時に気がつく(2階のキノコから菌糸に気がつく方もおられますが)浮遊感あふれる「彫刻」に、来館者の動きがぴたりと止まります。

本展出展作家の今村 源さんのNO-MAにしかない新作も見逃していただいては困りますが、現在、今村さんの展覧会が静岡市美術館で開催されていますので下記にご紹介します。

「わた死としてのキノコ・今村源」
会期:2013年8月6日(火)~10月27日(日)
会場: …
2 / 212