ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報

NO-MA展覧会情報

これまでの展覧会

カソケキ+チカラ

2013年8月24日(土)〜12月15日(日)

今村 源/大路裕也/小東恭子/田辺由子/辻 隆行/藤岡祐機/宮永愛子

詳細はこちら

これまでの展覧会

対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする

2013年4月27日(土)〜8月11日(日)

石原峯明/岡本光博/沢井実/坂本三次郎/新屋喜生/杉本たまえ/鷲見麿/林智子

詳細はこちら

これまでの展覧会

踊る細胞~田島征三とアール・ブリュットたち~

2013年2月1日(金)〜3月30日(土)

田島征三/伊藤喜彦/酒井清/土屋雅顕/梅本良純/高岡源一郎/谷口ちよ子/冨士川義晃/昆弘史/齋藤裕一/池田潤哉/西村真智子/村田清司/国保幸宏/南保孝/舛次崇

詳細はこちら

これまでの展覧会

第9回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

2012年11月23日(金)~2013年1月20日(日)

入江 衛/篠原 尚央/鈴木 滋/鈴木 正剛/中里 早百合/新垣 菜緒/西澤 彰浩/廣瀬 三知代/藤野 寛/脇阪 三洋/奥村 恵美子/岡田 直之/宮川 さよこ/三井 啓吾/三橋 真巳/山崎 直人/篠崎 安明/新屋 善生/杉山 喜代子/川越 美津子/前河 増蔵/辻 恵一/武友 義樹/福井 恒史/米田 奈央/別所 真基/北村 徹/本城 直/明光 四郎/林 達郎/林 美智子/和田 進/拓也/リッキー/Y.N (順不同)

詳細はこちら

これまでの展覧会

スーパー・ワールド・オン・ペーパー 古久保憲満と松本寛庸

2012年8月24日(金)〜11月11日(日)

古久保 憲満/松本 寛庸

詳細はこちら

これまでの展覧会

ひそむ形 とけ出る色 滋賀のアール・ブリュットたち

2012年4月28日(土)~7月22日(日)

伊藤 喜彦/大江 正章/滋賀 俊彦/芝田 貴子/藤野 公一/大橋 洋/山本 義英/小川 滋/小野 真理子/萩野 トヨ/藤関 美佐枝/鎌江 一美/河合 由美子/清水 千秋/三井 啓吾/木村 茜/久保田 洋子/西村 真智子/畑名 祐孝/比嘉野 歩治/M.K./木村 建吾/坂本 茂信/楠 舞子/塚本 清孝/馬場 房子/森川 真由美/古久保 憲満/倉田 祐子/服部 稔/澤田 真一/鈴木 一真/(光)※○に光/武友 義樹/谷口 ちよ子/戸次 公明/堀江 慈子/新見 次郎/徳山 彰/豊岡 綾美/仲 澄子/西川 智之/中崎 貴史/濱脇 忍/松林 数紀/溝口 翔太/久村 協子/福田 増男/森 智幸/吉田 修三

詳細はこちら

これまでの展覧会

日韓合同企画展 Art Brut in Japan and Korea 日/韓 行き交うところ

2012年1月21日(土)~3月11日(日)

キム・デヒョン/キム・ヒョンテ/パク・セジョン/パク・ザヨン/ユン・ドゥシク/クァク・ソンミン/澤田 真一/魲 万里絵/戸次 公明/西本 政敏/秦野 良夫/佐久田 祐一/富塚 純光/木村 茜/中島 涼介/橋脇 健一

詳細はこちら

これまでの展覧会

第8回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

2011年12月3日(土)~2012年1月11日(水)

新井 厚樹/タカキ・パウロ・セルジオ/服部 夏実/竹原 陽子/多田 亜侑真/下山 孝也/福田 増男/番浦 太朗/永松 有/辻 隆行/北村 夏江/宮元 節子/山本 万里子/岩城 仁/川畑 正弘/木村 徹/川村 幸雄/牧野 祐磨/山本 和彦/服部 徹/石山 一人&山内 清/徳山 彰/堀江 慈子/西田 芳子/高羽 義春/田村 卓也/熊田 史康/庄 徹浩/土田 敦郎

詳細はこちら

これまでの展覧会

フィギュアたちの人生

2011年9月3日(土)~11月13日(日)

石野敬祐/大江正章/勝部翔太/金氏徹平/河野咲子/古賀翔一/デハラユキノリ/BOME

詳細はこちら

4 / 812345678

ご展覧会情報

Co-LAB #1,2,3

#1 2020年5月30日(土)~6月28日(日) #2 2020年7月4日(土)~8月2日(日) #3 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

本展「Co-LAB #1,2,3」は、2人展を3期に分けて開催する展覧会のシリーズです。Co(共に)とLAB(研究室)をかけた造語で、「こーらぼ」と読みます。
本シリーズでは、NO-MAをラボに見立て、会期ごとに「#1 Symbol(象徴)」、「#2 Drawing(描くこと)」、「#3 Image(像)」といった各ペアの表現に通底するテーマを設定しています。互いの作品の共通性と差異性を行ったり来たりしながら見ていただき、2人のアーティストの芸術性を相乗的に味わう展覧会シリーズです。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ